ジャガーキャットフードの口コミ|お試しした方の評判や評価!

  1. ジャガーキャットフードを評価!
  2. ジャガーキャットフードの評判
    1. ジャガーキャットフードの良い口コミまとめ
  3. ジャガーキャットフードの悪い口コミ
    1. ジャガーキャットフードの悪い口コミまとめ
  4. ジャガーキャットフードは安全?
    1. ジャガーキャットフードの添加物
    2. ジャガーキャットフードは品質が高い工場で生産
    3. ジャガーキャットフードはグレインフリー
  5. ジャガーキャットフードの原材料の安全性
    1. ジャガーキャットフードで使われている食材と栄養
    2. ジャガーキャットフードはヒューマングレード
  6. ジャガーキャットフードの成分を評価
    1. ジャガーキャットフードの保証成分を評価
    2. ジャガーキャットフードのマグネシウム量
    3. ジャガーキャットフードのタンパク質
    4. ジャガーキャットフードの必須脂肪酸は?
    5. ジャガーキャットフードの粗脂肪は?
    6. ジャガーキャットフードは血糖値上昇の抑制にも◯
    7. ジャガーキャットフードは尿路結石予防にどう?
  7. ジャガーキャットフードの給与量
    1. ジャガーキャットフードの給与量/子猫
    2. ジャガーキャットフードの給与量/成猫
  8. ジャガーキャットフードの価格最安値は?
    1. ジャガーキャットフード/amazonは?
    2. ジャガーキャットフード/楽天は?
    3. ジャガーキャットフード/公式は?
    4. ジャガーキャットフードはスーパーやドラッグストアにある?
  9. ジャガーキャットフードにお試しはある?
  10. ジャガーキャットフードがおすすめな猫は?
  11. ジャガーキャットフードのメリット・デメリット
    1. ジャガーキャットフードは食いつきが良い口コミが多い
    2. ジャガーキャットフードは毛艶が良くなる
    3. ジャガーキャットフードは高い
    4. ジャガーキャットフードで下痢や軟便になる
    5. ジャガーキャットフードを食べない場合も
  12. ジャガーキャットフードの比較
    1. ジャガーキャットフードとモグニャンを比較
    2. ジャガーキャットフードとカナガンを比較
    3. ジャガーキャットフードとシンプリーを比較
  13. ジャガー猫用キャットフードQ&A
    1. ジャガーキャットフードの保存方法は?
    2. ジャガーキャットフードの香りは?
    3. ジャガーキャットフードは子猫も食べられる?
    4. ジャガーキャットフードはシニア猫に食べさせても大丈夫?
    5. ジャガーキャットフードの切り替えは?
    6. ジャガーキャットフードの粒の大きさや形状は?
    7. ジャガーキャットフードのパッケージやジッパーは?
    8. ジャガーキャットフードは涙やけにどう?
    9. ジャガーキャットフードはカロリーどうなの?

ジャガーキャットフードを評価!

ジャガーキャットフードは、人間でも食べられるほど安全性が高いフードです。

原材料の魚や肉などは、良質なものが使われており、アレルギーを発症する可能性の高い小麦粉やトウモロコシが含まれていないグレインフリーであることから、安全性は非常に高いといえます。

価格は、ほかのキャットフードと比べ高いですが、その分、品質が高く、猫ちゃんの健康を保てることを考えると、価格のバランスは取れているでしょう。

また、食いつきがよく、アレルギーなどの症状が治まったとの口コミが見られました。香料などの添加物を使っていないので、原材料そのままの匂いが猫ちゃんの食欲をそそるのでしょう。

フードを変えてもアレルギーの発症がなかなか治らないと困っている方も、一度ジャガーキャットフードを試してみてください。

ジャガーキャットフードに変えて、アレルギーが治まり、やっとアレルギーが出ないフードに出会えた、との口コミもあったので、試す価値はあります。

気になる方は、ぜひ、ジャガーキャットフードの購入を検討してみてくださいね。

\【今だけ!】最大20%オフ!/

ジャガーキャットフードの評判

ジャガーキャットフードの評判を調べたところ「ガツガツと食いつきよく食べた」と評価している口コミが、多くありました。

初めて与えるフードには、いつも警戒してなかなか食べてくれないが、ジャガーキャットフードはぺろりと完食した、といった口コミもありました。

あまりにもガツガツ食べるので、あとで吐いてしまわないか不安になったそうですが、ジャガーキャットフードは、猫の消化に負担をかけにくいグレインフリーなので、安心して食べさせることができたそうです。

グレインフリーとは、小麦やトウモロコシ、米などの穀物を使わずに作られたフードのことをいいます。

また、お腹を壊しやすい猫ちゃんを飼っている飼い主さんは、なかなか適したキャットフードを見つけられませんでしたが、ジャガーキャットフードを与えることに落ち着いている、という方もいました。

\【今だけ!】最大20%オフ!/

ジャガーキャットフードの良い口コミまとめ

猫ちゃんの食いつきがよかった、という評判が多かったです。グレインフリーは消化されやすいため、内臓への負担が少なくて済みます。そのため、体への優しさも配慮されていて、安心して与えられると感じている人も多くいます。

グレインフリーのキャットフードは、アレルギーも起こしにくいため、アレルギーが出やすい猫ちゃんに与えるのも良いでしょう。

また、穀物が含まれていないと、炭水化物の摂取量が減るため、太りにくくなります。体重管理をしたい猫ちゃんにもおすすめです。

グレインフリーのジャガーキャットフードは、たくさんのメリットがあります。いつまでも健康で長生きしてほしい、と猫ちゃんの健康を考えている方が利用している印象を受けました。

ジャガーキャットフードの悪い口コミ

「臭いがきつかった」という口コミが多く見受けられました。袋をあけた瞬間から臭いがし、猫ちゃんも臭いに敏感なため、全く食べなかったそうです。

また、グレインフリーなので、基本的にはお腹に優しいですが、ジャガーキャットフードが合わず、お腹を壊してしまった猫ちゃんもいました。

ほかにも、値段が高い、高齢猫には脂肪分が高すぎるなどの口コミがありました。

\【今だけ!】最大20%オフ!/

ジャガーキャットフードの悪い口コミまとめ

もちろん、良い口コミだけでなく、悪い口コミも見受けられました。

キャットフードは、猫ちゃんそれぞれの体質に合ったものを選ぶことが重要です。グレインフリーでお腹に優しいけれど、体に合わず下痢をしてしまう猫ちゃんもいます。

ジャガーキャットフードに変える場合は、一気に変えるのではなく、今食べているものに混ぜながら与えていきましょう。少しずつジャガーキャットフードの量を増やしていき、最終的に完全移行するのがおすすめです。

また、ジャガーキャットフードは1袋1.5kgで、4,708円(税込)です。お値段は高めですが、その分質が良いです。「値段は高くても質の良いものをあげたい」と考える方は良いかもしれません。

ジャガーキャットフードは安全?

ジャガーキャットフードは、ヒューマングレードという、人間も食べられるほど安全性の高いフードです。

原材料に使用されている肉、魚、野菜は、人間用の食品工場で加工され、出荷されています。工場では、品質管理担当者が原材料を一つひとつ丁寧にチェックしているので、衛生基準が高く、安全性は非常に高いです。

メイン食材は、チキンや鶏、サーモンを使用しています。このメイン食材のおかげで、動物性たんぱく質が80%以上となっており、肉食の性質をもっている猫本来の食事に近い、栄養設計となっています。

また、主に含まれている成分「粗タンパク質」と「粗脂質」は、肉食の猫にとって理想的な成分バランスです。着色料や香料などの添加物は一切使用されておらず、天然由来の食材のみを使っているので、猫ちゃんの体に優しいフードとなっています。

\【今だけ!】最大20%オフ!/

ジャガーキャットフードの添加物

酸化防止剤、着色料、発色剤、保存料などの添加物は一切使用されていません。

酸化防止剤とは、人工的に合成された化学物質であり、猫ちゃんの体に悪い影響を及ぼす可能性のあるものです。ジャガーキャットフードには、この酸化防止剤が含まれていないことが、原材料表に記載されていないことから確認できます。

着色料や発色剤は、石油や化学物質でできているので、与え続けてしまうと、猫ちゃんの体に影響を及ぼします。ジャガーキャットフードは、こちらの着色料や発色剤も一切使用されていません。

ジャガーキャットフードは品質が高い工場で生産

ジャガーキャットフードの原材料である肉や魚、野菜は、人間用の食品工場から出荷されています。人間も食べられる食材を使い、高い衛生基準で作られています。

また、使われる工場は、FEDIAF(欧州ペットフード工業会連合)の厳しい安全基準をクリアした工場です。生産ラインは常にモニタリングされ、品質管理担当者が最新設備でチェックをしています。

ジャガーキャットフードはグレインフリー

グレインフリーは、小麦やトウモロコシ、米などの穀物が一切使用されていません。穀物が使用されているキャットフードは、消化機能に影響がでることや、皮膚アレルギーの原因になると指摘されています。

そのため、穀物が使用されていないグルテンフリーのキャットフードは安心して与えられることから、人気なのです。アレルギーが出やすい猫ちゃんを飼っていて、なかなか体質に合うキャットフードが見つからないという方は、ジャガーキャットフードをためしてみるといいでしょう。

ジャガーキャットフードの原材料の安全性

ジャガーキャットフードは、猫に必要な栄養素が摂取できる原材料が含まれています。また、それぞれの原材料に含まれている成分のバランスがよく、猫の健康を維持するために必要な成分をまんべんなく摂取できます。

ヒューマングレードの安全性の高さについても解説します。

\【今だけ!】最大20%オフ!/

ジャガーキャットフードで使われている食材と栄養

ジャガーキャットフードには、骨抜きチキン生肉や鴨生肉、生サーモン、生マスなど、肉や魚が多く含まれています。

肉や魚に含まれている動物性タンパク質は、肉食動物である猫にとって欠かせない栄養素であり、肉や魚が多く含まれていることは、猫本来の食事に近いといえます。

また、肉や魚に含まれている成分は、それぞれ異なります。そのため、一種類の原材料に偏るのではなく、それぞれの原材料がもつ成分をまんべんなく摂取できるのです。

たとえば、鴨肉には脂肪や糖質の代謝を促すビタミンB群が含まれています。このビタミンB群は、猫ちゃんの体型を維持してくれる効果があります。

サーモンに含まれるアスタキサンチンは、免疫力を保ってくれるので、風邪をひきにくい体を作ってくれます。

このように、ジャガーキャットフードに使われている原材料には、猫ちゃんの健康を維持するためにさまざまな工夫がされているのです。

ジャガーキャットフードはヒューマングレード

ヒューマングレードとは、人間も食べられる品質で作られていることを意味します。安全性が高く、安心して猫ちゃんに与えられます。

それでは、ヒューマングレードではないキャットフードは安全ではないということなのでしょうか?安全ではないということではありませんが、安全性はヒューマングレードのキャットフードよりも劣ります。

ヒューマングレードのキャットフードは、人間用の食品と同じ「食品安全法」が適用されますが、ヒューマングレードではないフードには適用されません。

その代わり、「愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律(ペットフード安全法)」が適用されます。両者は単純に比較できるものではありませんが、食品安全法のほうが基準が厳しいので、安全性は高いといえます。

また、ペットフードは食品として扱われないため、衛生面でもヒューマングレードより劣ります。

しかし、ヒューマングレードではないフードでも最低限の安全性は保たれているので、危険ということではありません。ただ、ヒューマングレードのものよりも品質的には劣ると考えていいでしょう。

ジャガーキャットフードの成分を評価

ジャガーキャットフードには、さまざまな成分が含まれています。どんな成分が含まれていて、どんな効果があるのかについて紹介します。

\【今だけ!】最大20%オフ!/

ジャガーキャットフードの保証成分を評価

ジャガーキャットフードは、粗たんぱく質と粗脂質が多く含まれています。これは理想的な成分バランスであり、たくさん栄養が必要な子猫や消化・吸収能力が落ちるシニア猫におすすめです。

また、タウリンが多く含まれていることが特徴です。タウリンには「血圧を正常に保つ」「肝臓の機能を高める」などの効果があり、猫ちゃんには必須の栄養素になります。

猫の体内でタウリンを作り出すことはできないため、食事から摂取するしかありません。そのため、猫ちゃんの健康を考えると、タウリンが多く含まれていることはうれしいポイントです。

ジャガーキャットフードのマグネシウム量

マグネシウムは、心臓や骨格の健康を維持するために欠かせない成分です。マグネシウムが不足したり、逆に過剰に摂取したりすると猫の体にさまざまな影響があります。そのため、マグネシウムの含有量は、約0.08%までに抑えているものがおすすめです。

AAFCOの基準では、マグネシウムの摂取量は、子猫が0.08%〜、成猫が0.04%〜となっています。ジャガーキャットフードのマグネシウム含有量は、基準値より低い0.02%です。

しかし、これはサプリメントとして加えられている量となっており、原材料に含まれるマグネシウムも考えると、0.09%となるため、基準値を満たしています。

ジャガーキャットフードのタンパク質

タンパク質は、被毛や血管、臓器などの健康を維持してくれる効果があります。また、猫にとってタンパク質は、エネルギー源になります。

AAFCOの基準では、タンパク質の摂取量は子猫が30%〜、成猫が26%〜です。ジャガーキャットフードは、タンパク質が40%と、かなり高タンパクです。タンパク質は、エネルギー源となるため、子猫や成長期の猫や吸収率が落ちたシニア猫に与えるといいでしょう。

ただ、シニア猫には腎臓の負担になる可能性があるので、注意が必要です。

また、シニア猫ではなくても、普段の食事でタンパク質を摂りすぎないように注意されている場合も、与えない方がいいでしょう。

ジャガーキャットフードの必須脂肪酸は?

オメガ3とオメガ6の必須脂肪酸は、毛並みや免疫力を維持する役割を果たします。オメガ3とオメガ6はバランスよく摂取することが重要で、理想の割合は「オメガ3: オメガ6=1:5〜10」です。

ジャガーキャットフードはオメガ3が1.4%、オメガ6が3%なので、割合は約1:2となります。

魚が主原料のキャットフードでは、オメガ3がオメガ6と同じくらい含まれているなど、オメガ3が多く含まれてしまっているものもあります。

魚を主原料としているキャットフードは、オメガ3が多く含まれがちですが、ジャガーキャットフードは、オメガ3の量が抑えられているため、バランスは良い方です。

ジャガーキャットフードの粗脂肪は?

脂肪は、細胞膜やホルモンを構成し、体全体の健康を維持する役割があります。タンパク質と同じくらい重要な栄養素であり、猫にとって効率の良いエネルギー源です。

少量で充分な量のエネルギーを摂取できます。そのため、通常の食事ではエネルギーを補えない子猫や成長期の猫などに与えるのがおすすめです。

AAFCOの基準では、粗脂肪の摂取量は子猫、成猫ともに9%〜です。
ジャガーキャットフードは、粗脂肪が40%となっており、AAFCOの基準を大きく満たしています。

ジャガーキャットフードは血糖値上昇の抑制にも◯

猫は、急激に血糖値が上昇すると「興奮して落ち着かない」「イライラしたようすで動き回る」などの行動を起こします。
血糖値上昇の原因となるのは、スターチ(でんぷん)です。ジャガーキャットフードは、このスターチの含有を抑えているので、食後の血糖値上昇を抑えることができます。そのため、常にリラックスした状態で過ごせるのです。

ジャガーキャットフードは尿路結石予防にどう?

尿路結石(ストルバイト結石)とは、腎臓や尿管、膀胱、尿道の中に結石ができてしまい、排尿の際に耐えられないほどの痛みをともないます。

尿路結石ができてしまう原因は、マグネシウムやリンなど、ミネラルを多く含む食べ物を摂取しすぎてしまうことです。ミネラルを多く含むキャットフードもなかにはあるので、知らぬ間にミネラルの多いキャットフードを与えていて、尿路結石になってしまうことがあります。

尿路結石を防ぐには、ミネラルの量が少なく、高タンパクなフードを選ぶことが重要です。キャットフードに含まれるミネラルの量は、5~10%が良いとされています。

ジャガーキャットフードは、肉と魚を主原料としているため高タンパクであり、ミネラルの数値は9%と高くないため、尿路結石を防ぐのに適しています。

また、尿路結石を防ぐには、キナ酸が非常に有効です。尿路結石は、尿がアルカリ性になることで引き起こされますが、キナ酸には尿を酸性化してくれる効果があるため、尿路結石の予防に有効なのです。ジャガーキャットフードには、キナ酸がクランベリーに含まれています。

ミネラルが少なく、高タンパクであり、キナ酸が含まれているジャガーキャットフードは、尿路結石の予防に適しているフードといえます。

ジャガーキャットフードの給与量

ジャガーキャットフードの給与量/子猫

ジャガーキャットフードを子猫に与える場合の給与量の目安は以下です。

・~2ヶ月:25g〜40g
・2ヶ月~3ヶ月:40g〜50g
・3ヶ月~4ヶ月:50g〜55g
・4ヶ月~6ヶ月:55g〜60g
・6ヶ月~10ヶ月:60g〜80g
・10ヶ月~12ヶ月:80g〜110g

猫の種類によって多少異なりますが、上記の目安量を参考に与えましょう。

固形のものが食べられるようになってきた2ヶ月ごろは、食事の回数は1日3~4回程度です。1回に食べられる量がだんだん増えてくるので、食事の回数は減っていきます。

もし、食いつきが悪い場合は、お湯や子猫用のミルクなどでふやかして香りを立たせたり、かつおぶしをかけたりするのがオススメです。

ジャガーキャットフードの給与量/成猫

ジャガーキャットフードを成猫に与える場合の給与量の目安は以下です。

・〜2.5kg:30g〜40g
・2.5kg〜3.5kg:40g〜50g
・3.5kg〜5kg:50g〜55g
・5kg〜6.5kg:55g〜60g
・6.5kg〜8kg:65g〜70g
・8kg〜10kg:70g〜80g

成猫は、子猫よりも1日に与えるフードの量が少なくなります。子猫は、これから成長していくために、たくさんフードをあげて栄養をとってもらう必要がありますが、成猫にはその必要はありません。

ジャガーキャットフードの場合、タンパク質が多く含まれているので、与えすぎてしまうと肥満の原因にもなるので注意しましょう。

生後約1年が経つと、子猫から成猫になっていくので、体重や運動量などを考慮しながら、少しずつ与える量を減らしていきます。

食事の回数は2~4回に分けて与えるのが良いです。食べた後に吐いてしまうことがあれば、一回の量を減らして、回数を増やしてあげるようにしてください。

\【今だけ!】最大20%オフ!/

ジャガーキャットフードの価格最安値は?

ジャガーキャットフードはどこからの購入が一番お得なのでしょうか?Amazon、楽天、公式サイトでの販売状況と価格を比較しました。最安値で購入できるサイトを紹介しているので、ぜひチェックしてくださいね。

\【今だけ!】最大20%オフ!/

ジャガーキャットフード/amazonは?

Amazonでは、1袋5,412円(税込)で販売されています。ジャガーキャットフードの公式販売店である株式会社レティシアンが、Amazonに発送を委託していました。

Amazonでは、さまざまな業者が出品をおこなっていますが、公式販売店ではない業者から購入すると、賞味期限が短い商品が届くなどのトラブルが発生しているようです。

こういったトラブルに巻き込まれないように注意し、Amazonで購入する場合は、販売元が公式販売店であることを確認してから購入すると良いでしょう。

ジャガーキャットフード/楽天は?

楽天では、販売されていませんでした。今後販売される可能性もありますが、現時点での販売は確認できなかったので、楽天での購入はできません。

ジャガーキャットフード/公式は?

ジャガーキャットフードの公式サイトでは、4,708円(税込)で販売されています。Amazonでの販売価格よりも安いので、公式サイトでの購入が最安値です。

また、定期コースで購入すると、最大20%OFFで購入でき、さらにお得です。1個なら通常価格の10%OFFで4,237円(税込)、2個以上なら通常価格の15%OFFで4,001円(税込)、5個以上なら通常価格の20%OFFで3,766円(税込)で購入できます。さらに、3個以上まとめて購入すると、送料と代引き手数料が無料になります。

お届け周期は、使用ペースに合わせて、1週間ごと~13週間ごとまで1週間単位で指定でき、お届け個数も自由に選べます。お届け周期とお届け個数は、いつでも変更可能です。変更する際は、次回お届け日の7日前までに連絡するようにしてください。

定期コースなら1回に多く買うほどお得になります。

ジャガーキャットフードの解約方法

商品がたまってきてしまったり、もう利用を中止したいなどの場合には、いつでも解約できます。

「マイページ」「電話」「お問い合わせフォーム」から解約できます。3種類あるので、自分に合った解約しやすい方法を選びましょう。

解約する際は、次回お届け日の7日前までに解約をする必要があるので注意してください。7日前の期限を過ぎてしまうと、解約ができず、また商品が届いてしまいます。

ジャガーキャットフードはスーパーやドラッグストアにある?

ジャガーキャットフードは、スーパーやドラッグストア、薬局、ペットショップなどの店頭では、販売していません。そのため、基本的に通販で購入します。

店頭で販売しない理由は、高品質なキャットフードを提供するために在庫管理を徹底しているからです。通販でしか取り扱わず、メーカーから直接お客さんへ届けることで、在庫管理を徹底して行なっているのです。

ジャガーキャットフードにお試しはある?

お試しサンプルのモニター募集をしていましたが、現在は終了しています。

ジャガーキャットフードの公式販売店であるレティシアンは、キャットフードの「100円モニターキャンペーン」の広告を載せることがあります。ジャガーキャットフードも100円モニターキャンペーンが行われていたのですが、現在は募集をしていません。

キャンペーンは不定期で行われているので、今後再開される可能性もあります。しかし、キャンペーンは新商品に対しておこなわれるので、ジャガーキャットフードのキャンペーンが再開される可能性は低いでしょう。

ジャガーキャットフードがおすすめな猫は?

ジャガーキャットフードは、幅広い年齢の猫ちゃんにおすすめできますが、とくに、子猫や食欲が減ってしまったシニア猫におすすめです。

ジャガーキャットは、高タンパク質でエネルギー源がたくさん含まれています。子猫の場合は、これから成長するために栄養がたくさん必要なので、高タンパク質のジャガーキャットフードがおすすめです。また、少量でもタンパク質がたくさん摂れるため、食欲が減ったシニア猫にもおすすめできます。

反対に、好き嫌いが多い猫ちゃんにはおすすめできません。ジャガーキャットフードは、お試しサイズがないため、一袋買わなくてはなりません。好き嫌いが多い猫ちゃんだと、食べてくれなかった場合、一袋がムダになってしまいます。

好き嫌いが多い猫ちゃんを飼っている方は、慎重に購入を検討しましょう。

\【今だけ!】最大20%オフ!/

ジャガーキャットフードのメリット・デメリット

ジャガーキャットフードには、たくさんのメリットがありますが、もちろん、デメリットもあります。
購入の前にメリット・デメリットについて知っておき、購入を検討する際の参考にしてくださいね。

ジャガーキャットフードは食いつきが良い口コミが多い

チキンやサーモン、鴨などをたっぷり使用し、動物性原材料が80%以上となっています。猫が本来必要とする栄養配分に近いので、食いつきがよくなります。

また、かつお節の良い香りがすることも食いつきに影響しているのではないでしょうか。

ジャガーキャットフードは毛艶が良くなる

ジャガーキャットフードには、猫の毛艶をよくするビタミンAが含まれています。ビタミンAは、皮膚や粘膜を丈夫に保つ役割があり、毛艶をよくするのに大切な栄養素です。

また、食物繊維も含まれているため、腸内環境が整います。腸内環境が整うことで、毛艶も良くなります。

ジャガーキャットフードは高い

ジャガーキャットフードは、市販のキャットフードと比べて値段が高いですが、その分品質が高いです。原材料には、スーパーフードといわれるアサイーやマルベリー、高級食材である朝鮮人参を使用しています。

使用している原材料が高いために、値段も高くなっているのでしょう。しかし、ただ値段が高い食材を使っているだけではなく、栄養バランスも考えられています。

ジャガーキャットフードは値段が高いですが、その分品質が高いことは確かです。

ジャガーキャットフードで下痢や軟便になる

ジャガーキャットフードは、高タンパク、高脂質なので、お腹が弱い猫ちゃんだと下痢や軟便になる可能性があります。

お腹が弱い猫ちゃんに与える場合は、時間をかけて少しずつフードを切り替えるようにすると良いですよ。個体差によって変わるので、猫ちゃんの体調を見ながら調整しましょう。

ジャガーキャットフードを食べない場合も

猫ちゃんは警戒心が強いため、今までのフードと違うと感じたときは、なかなか食べてくれません。これは、ジャガーキャットフードに限らず、すべてのフードにいえることです。

なかなか食べてくれない場合には、ジャガーキャットフードをふやかしてあげるか、今まで与えていたフードにジャガーキャットフードを混ぜるなどしてみてください。

 

\【今だけ!】最大20%オフ!/

ジャガーキャットフードの比較

ジャガーキャットフードとモグニャンを比較

ジャガーキャットフードとモグニャンを比較し、原材料のお肉が多く含まれているのは、ジャガーキャットフードでした。そのため、猫ちゃんに必要なと動物性たんぱく質がたくさん含まれているのは、ジャガーキャットフードになります。

たんぱく質に関しては、ジャガーキャットフードが40%、モグニャンが30%と、ジャガーキャットフードのほうが10%も多く含まれています。

猫ちゃんの健康を保つには、たんぱく質は重要な成分です。

たんぱく質が多く含まれているジャガーキャットフードは、体の筋肉を作っていかなければならない子猫やシニア猫ちゃんにおすすめです。

モグニャンは、猫ちゃんの体のことを第一に考え、栄養満点に作られています。そのため、偏食気味で栄養が偏ってしまわないか心配な猫ちゃんにおすすめです。

ジャガーキャットフードとカナガンを比較

ジャガーキャットフードとカナガンの原材料を比較すると、ジャガーキャットフードのほうが、りんごやオレンジ、梨などの果物がたくさん含まれています。また、朝鮮にんじんやカリフラワーなどの野菜もたくさん含まれています。

成分を比較すると、ジャガーキャットフードのたんぱく質が40%、カナガンのタンパク質が37%と、ジャガーキャットフードのほうがたんぱく質が多く含まれています。

2つの1日の給与量を基準にカロリーを比較すると、ジャガーキャットフードは172kcal、カナガンは156kcalとカナガンのほうがカロリーが低くなっています。

飼っている猫ちゃんが太り気味で、体重が気になる場合は、カナガンのほうが適しているでしょう。とくに体重が気にならない場合は、ジャガーキャットフードでも問題ありません。

ジャガーキャットフードとシンプリーを比較

シンプリーは原材料に、サーモンや白身魚、生マスなど、たくさんの魚が含まれており、全体の75.55%が動物性原材料となっています。

シンプリーでも充分な動物性原材料が含まれていますが、ジャガーキャットフードは80%以上が動物性原材料です。

子猫など、これから体を作っていきたいという場合には、動物性原材料が多く含まれているジャガーキャットフードがおすすめです。

シンプリーは、健康な猫ちゃんを対象とした高タンパクフードです。そのため、腎臓が悪い猫ちゃんにはおすすめしません。

また、ミネラル分も高いため、尿路結石になる可能性の高い猫ちゃんにも与えないほうがよいでしょう。ただ、たんぱく質も動物性原材料も多く含まれているので、健康な猫ちゃんにあげるにはまったく問題ありません。

ジャガー猫用キャットフードQ&A

◯ジャガーキャットフードの賞味期限は?

賞味期限は、製造日から18ヶ月です。ただし、開封前の場合です。開封前で適切に保存していれば、長持ちします。開封後は、空気に触れ、鮮度が落ちてしまいます。とはいえ、賞味期限に関わらず、購入後はなるべく早めに食べるようにしましょう。

注文のタイミングによっては、賞味期限が18ヶ月以内になる可能性もあります。

ジャガーキャットフードの保存方法は?

温度変化の少ない冷暗所に保存しましょう。窓際のような直射日光のあたるところに置くのは避けてください。食器棚やパントリーのような収納スペースがおすすめです。

そのほか、湿気の多い場所を避け、風通しの良い場所に保管してください。ジャガーキャットフードの袋を閉める際は、空気を抜いて密閉するように閉めましょう。

ジャガーキャットフードの香りは?

香料は使用しておらず、濃いかつお節のような匂いがします。使用している原材料そのままのいい匂いがするため、猫ちゃんの食いつきもよくなります。

「匂いがきつい」といった口コミも見かけますが、不純なものは含まれていないので、嫌な匂いはしません。

ジャガーキャットフードは子猫も食べられる?

ジャガーキャットフードは、体をつくるたんぱく質が多く含まれているので、ぜひ子猫ちゃんに食べてほしいフードです。栄養価が高いので、これから大きくなる子猫ちゃんにはぴったりです。

粒は小さめのリング状になっているので、口の小さい子猫でも食べやすくなっています。まだ噛む力が弱く、噛みきれない場合には、お湯でふやかしてあげてください。

ただ、ジャガーキャットフードは高たんぱく、高脂質なので、与えすぎには注意してください。

ジャガーキャットフードはシニア猫に食べさせても大丈夫?

栄養価が高いフードなので、食事量が減ってきたシニア猫におすすめです。少量でもきちんと栄養がとれるので、ほかのフードを与えるよりも、充分な栄養をとることができます。

ジャガーキャットフードの切り替えは?

猫ちゃんは警戒心が強いので、突然、別のフードからジャガーキャットフードに切り替えると、不信感や不安から食べてくれません。

そのため、1週間かけて徐々に切り替えていきましょう。前のフードとジャガーキャットフードを混ぜて与え、徐々にジャガーキャットフードの量を増やしていきます。

最初は、全体の10%、2日目は20%というように増やしていきましょう。徐々に切り替えていくことで、不信感や不安が薄くなっていき、うまくフードを切り替えられます。

ジャガーキャットフードの粒の大きさや形状は?

ジャガーキャットーフードは、中心に穴が空いているドーナツ型です。直径は約1cm、厚さは約4mmです。ドーナツ型なので噛み砕きやすく、もし丸飲みしてしまっても吐き戻しづらくなっています。

全年齢対応のフードなので、食べやすい形状と大きさになっているのです。

ジャガーキャットフードのパッケージやジッパーは?

パッケージのデザインは、シンプルなので、どこに置いてもなじんでくれます。いかにもキャットフードと分かるようなデザインでもなく、おしゃれです。

ジッパーは、マジックテープタイプです。このジッパーのメリットは、閉めたつもりによる閉め忘れがないことです。

また、このマジックテープが二重に加工されているので、密閉性が高く、フードの劣化を防ぎます。倒れてもこぼれず、虫が入ってくることもありません。

ジャガーキャットフードは涙やけにどう?

涙やけとは、流涙症(りゅうるいしょう)という目の病気が原因で、涙があふれ、目の下の毛の色が変色してしまうことです。涙やけは、キャットフードを変えることで、改善する可能性があります。

涙やけを改善するには、消化がよく、老廃物が排出されやすいフードを選ぶのがおすすめです。

涙やけを起こさないためには、以下の3つのポイントを押さえたフードを選ぶと良いとされています。ジャガーキャットフードは、3つのポイントすべてが当てはまるので、涙やけを防ぐにはぴったりのフードです。

・良質な動物性たんぱく質を使用
・グレインフリー
・添加物不使用

動物性たんぱく質には、肉や魚がありますが、そのなかでも牛肉や豚肉はアレルギーを起こしやすい食材です。
一方で、魚や鶏肉、鹿肉はアレルギーを起こしにくい食材です。

ジャガーキャットフードの原材料は、おもに魚や鶏肉を使用しています。また、品質も重要です。4Dミートと呼ばれる「○○ミート」「○○パウダー」のような低品質な肉を使用しているフードもあります。

ジャガーキャットフードは、低品質な肉薄使用せず、良質なものを使用しています。

小麦やトウモロコシも、アレルギーを起こしやすい食材になります。ジャガーキャットフードは、小麦やトウモロコシが含まれていないグレインフリーです。また、添加物も不使用です。

そのため、ジャガーキャットフードは涙やけを引き起こす可能性が低いフードといえます。

ジャガーキャットフードはカロリーどうなの?

キャットフードは、100gで400kcalを超えると高いとされています。

ジャガーキャットフードのカロリーは、100gで383.5kcalなので、高カロリーではありません。ほかのキャットフードでも100g360kcal前後のものが多いので、ジャガーキャットフードのカロリーは標準といえるでしょう。

ただ、高脂質ではあるので、肥満気味の猫ちゃんには与えるのを避けた方がいいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました