飼い主の声を書き込んでください

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛猫の為にもなる情報をみんなで書き込んで、猫と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

写真を付ける

この記事への書き込みは編集部が確認・承認した後反映されます。

13件の書き込み

  • 1:ラム 女性 40代 2017/04/18 22:31 [通報]

    去年の夏、蕎麦を食べようとしてテーブルの上に用意しておいたら、愛猫が薬味のネギをクンクンとにおいを嗅いでいたときは本当に焦りました。幸いにも食べなかったからよかったものの、それ以降は家族みんな慎重になっています。
    食卓のものだけではなく、野菜をカットしているときに床に落ちた破片なども拾い食いしないように要注意です。
    ただ、我が家の猫の場合、野菜や果物があるとにおいを嗅いでみるものの、それ以上は全く興味がないようで、欲しがることはなく助かっています。確かに野菜はにおいが強くないので欲しがらないのかもしれませんね。
    愛猫には基本的にドライフードを与えていますが、もし手作り食を与える場合などは、うっかり食べさせてしまわないように、気をつけなければならないとつくづく感じました。
  • 2:saki 女性 40代 2017/05/02 00:51 [通報]

    この記事を読んで、猫もトマトはOKとは意外だな~っと思っていたら、我が家の猫にあげているドライフードの原材料にトマトが含まれていました。ビックリ!そのほかに、にんじん、ほうれん草、カリフラワー、じゃがいも、アルファルファなども。
    しかし、ウチの猫は人間用の食べ物は鶏ささみ以外興味がないので、これらの野菜をフレッシュの状態であげたことはありません。やはり猫は肉食動物なので野菜には興味がないのかな?
    また、猫が食べてはいけないものに関しては、手の届かないところにしまったり、調理中はキッチンに入って来られないようにして気をつけています。最初の頃は、入ってこようとしていましたが、今は無理だとわかったのか、素直に諦めてくれます。
  • 3:ここにゃん 女性 2017/05/11 14:01 [通報]

    猫の「食べる」「食べない」は「味」ではなく「ニオイ」で判断、、は、意外でした。
    我が家の愛猫は「かぼちゃ」を好んで食べているので、てっきり ほど良い甘さが気に入っているのかな と思っていたので。
    食べさせてはいけない食材の代表格「ネギ類」は、以前から知っていたので気をつけていましたが、他にも けっこうあるんですね。
    今のところ、愛猫は「かぼちゃ」しか欲しがらないので結果的には よかったみたいです。
    記事を読み、「かぼちゃ」は??と思い調べてみたところ、「抗酸化作用により、老化を抑える効果が期待できる」「整腸作用あり・・お通じの改善に良い」とのこと。
    うん、たしかに 毎日 必ず「1回」は「ちゃんとしたモノ」が出ています 笑。
    愛犬のおじぃちゃん犬も「かぼちゃ」が好きで、18才までそばに居てくれましたし、一度もウンチで悩んだことはなかったと記憶しています。
    味付けナシの蒸しただけの小さめの一口サイズのモノを、毎朝 1コずつ。
    「快腸と長寿」は、やっぱり「かぼちゃ」のおかげ?だったのかな と改めて感じています。
    基本的には栄養バランスに配慮した「総合栄養食」のフードで十分とされていますが、お通じでお悩みの時は そのコの好みもありますが「かぼちゃ」をいかが? と思い、投稿してみました。 ご参考までに。
  • 4:のん 女性 2017/05/18 18:42 [通報]

    猫に野菜は、手作りご飯であげる人もいますよね!
    多くの猫が食べているドライフードはどうしても水分量が少ないので、水分の多い野菜やゆでた肉・魚などを混ぜて与えると、
    うんちの状態が良くなることがあるそうです。

    ただ記事にもあるように、野菜の量や種類には、充分な注意が必要ですね。
    でもきちんと考えて与えるようにすると、それまで病気だった猫ちゃんの症状が軽減されることもあるようです。
    実際、そのように書いてレシピなどが掲載されている本も出版されていますし。

    本来肉食動物の猫が野菜を食べてくれるのには、徐々に慣れさせていく必要があるようですが、
    辛い病気の症状が少しでも軽くなるのであれば、飼い主さんの愛情をたっぷり込めた野菜入りご飯も良い気がします!
  • 5:むぅ 女性 2017/05/19 20:39 [通報]

    動物看護師をしております。
    本文にもある通り、あげてはいけない野菜に挙げられているものはもちろんだめですが、当院では患者様にご説明する際に、緑黄色野菜についても避けるように指示しています。
    緑黄色野菜はアレルギーを起こす可能性があるからです。人間の赤ちゃんでも起こることがあるそうで、動物のアレルギー検査の項目にも「トマトの絞り汁」などが含まれているところからみても頭数としては多いアレルギーなようです。
    犬猫の食物アレルギーは多く、フード以外の色々なものをあげればあげるほど、なにかあったときのアレルゲンの特定が難しくなります。
    味の違うものを食べさせたくなったときは、他の味のフードをあげるようにしてください。
  • 6:おにゃっきー 女性 30代 2017/08/01 16:09 [通報]

    私が時々買う猫缶の中に、ニンジンやホウレン草が入っていますが、うちの猫さん方は何でも食べるタイプなので、魚も肉も、野菜も気にせず食べています。
    犬も飼っているせいか、今までエサに野菜が入ってる事に、あまり疑問を感じたことが無かったのですが、考えてみれば猫は肉食ですね。

    たまに、猫さん方が、ワンさんの食事に興味深々で、目を離した隙に食べてしまう事もあります。

    緑黄色野菜を控えた方が…、と言うご意見も読んで、内心ヒヤッとしてしまいました。
    ネギ類がダメな事は知っていましたが、アボカドやアスパラは知らず、焦りました。
    アレルギーの危険性や、命に関わってしまうと、自身の後悔は免れません。

    猫さん方に出す食事には、今後注意をしていきたいと思います。
  • 7:ミミキュウ 女性 20代 2017/08/01 16:11 [通報]

    我が家には猫が2匹います。1匹はおばあちゃん猫で、最近お腹の調子がいまいちです。
    高齢用の柔らかいウエットをあげてますが、吐いてしまう事がたびたびで、ごはんに悩む日々を送っています。
    獣医さんには、
    「脂分が胃や腸の負担になっているのかもしれませんね」
    とお話を聞いて、最近ゆでたササミをペーストにしてあげてみたり、半分手作りを実行中です。
    はじめは食べてくれますが、連日続くと飽きてしまうのかなかなか続きません。
    そして、やっぱり吐いてしまうのです。
    食べても吐いてしまい、吐くと体の水分が減ってしまい、脱水も心配。。

    今日の猫のごはん、どうしようかと悩んでいた時に、この記事に、「大根がおすすめ」
    と記載があったので、味の変化と水分補給を兼ねて、挑戦してみようと思います。

    正直、猫に野菜をあげる事自体、考えたことが無かったのですが、
    大根は人にもお腹にやさしい食材なので、猫にも使えるのなら、と希望が出てきました!
  • 8:かえで 女性 40代 2017/12/18 21:49 [通報]

     うちの猫ちゃんは、カボチャが大好きで、週に3日、少しずつ食べさせています!
     トマトも好きで、ピューレ状にして、冷凍でストックしています。
    どうしても、キャットフードだけだと飽きてしまうので、日によって、カボチャの水煮だったり、きゅうりのみじん切りだったりトマトのピューレだったりします。
      フードもよく食べてくれます。
    大根おろしも好きですが体調を見ながらたまに少しだけ与えています。

    カボチャが好きすぎて、私が、自分用に炊いたときなんていつもはテーブルの上に乗らないのに上ってきて欲しがりましたが、味が濃いので水煮で我慢してもらいました。
    キュウリが好きだとわかったきっかけは、夏に冷やし中華を作ろうと思って、キュウリを千切りしていたら欲しがったのであげると、シャリシャリ食べ始めました。きゅうりってフレッシュないい匂いがしますものね。
    与えても大丈夫な食べ物と与えてはいけない食べ物があるので、気を付けなければなりませんね。
  • 9:ここね 女性 40代 2018/10/07 23:32 [通報]

    猫ちゃんにはお野菜は要らないのかもしれませんが、獣医さんに薦められて、我が家の猫ちゃんには、レタスを1cm角弱くらいを、一日一回茹でて細かくしフードにトッピングして与えています。
    食物繊維を自然に摂取できるので、便秘解消に効果的です。
    我が家の猫ちゃんは、便秘で困っていましたが、最近は自然に綺麗な形のうんちが出るようになりました。与えすぎはよくないですが、適度には体にいいでしょうね。
  • 10:みきこ 女性 30代 2019/01/07 23:21 [通報]

    我が家の猫ちゃんが、一度病気をしてからはブロッコリーやほうれん草や人参を湯がいてから刻みカリカリにトッピングするようになりました。
    とても、喜んで食べてくれます。キャベツは毎日食べますと便秘が治りまして快便になり、楽になったようです。前までは浣腸しないと出ないこともあったので、今では嘘のように楽になりました。食べ物で、病気を遠ざけることができます。野菜は、ビタミンや食物繊維が含まれていて猫ちゃんの体にもいいですので、オススメですよ。食べやすいように小さくしてあげることも大切ですね。
  • 11:おじょ 女性 40代 2019/03/16 15:33 [通報]

    うちで昔外飼していた猫が、他の家かどこかでネギを食べてしまい、発熱・嘔吐・下痢になり、点滴や注射をして2日頑張りましたが、結局命を落としました…。
    今は家の中で飼っているので、ネギ類は本当に気をつけていますが、アスパラガスやアボカドのことは全く知りませんでした!
    元々キャットフード以外は食べない子たちなので、野菜を見ても見向きもしませんが、この記事を見て、本当に気をつけようと思いました。
    とてもいい勉強になりました。
  • 12:匿名 女性 10代 2019/06/01 14:33 [通報]

    茄子はどうなのでしょうか
  • 13:みゅう 女性 50代以上 2019/08/24 14:09 [通報]

    我が家の猫は幼猫の頃から、菜の花やブロッコリーと、特にアスパラガスが大好きです。

    特段与えたわけではないのに、小さい頃から食卓でガツガツ盗み食いはするし(肉よりアスパラ)、花瓶に挿した菜の花が消えたり、うっかり置きっぱなしにした買い物袋に頭を突っ込んで、いつの間にか買ってきたアスパラガスの頭が全部なくなっていることもしばしば。

    ネギ類がダメなことは知っていましたが、菜の花やアスパラなどは食物繊維だからいいだろうと、わざわざ猫用に味をつけないで茹でてやったりしていました。

    本日こちらの記事を見つけてびっくり!
    なんと禁忌の野菜だったとは。
    現在14歳でとても元気ですが、少し腎臓の症状が出てきました。
    今更ですが、以後食べさせないように気をつけようと思います。
書き込みに関する注意点

この書き込み機能は「他の猫の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、猫と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

  • ・過度と捉えられる批判的な書き込み
  • ・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
  • ・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
  • ・荒らし行為
  • ・宣伝行為
  • ・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。