まるで妖精♡大人になっても小さい猫「シンガプーラ」って何者!?

まるで妖精♡大人になっても小さい猫「シンガプーラ」って何者!?

世界最小の猫シンガプーラ。大きな猫であるノルウェージャンフォレストキャットやメインクーンが大きいのは他の猫科の動物に近いと考えれば納得が行きます。しかし、シンガプーラがその反対に小さいのはなぜでしょう?そして正体不明の猫と言われるシンガプーラとは何者なのでしょうか。

2592view

小さすぎる猫シンガプーラ

雄でも2キロしかない

フレブルとシンガプーラ

ちょびちゃん/今日のねこちゃん

シンガプーラは他に類を見ないほど小さい猫です。

成猫の雄でも2キロくらい、どんなに重くても4キロほどしかなく、これは他の種類の猫ならば小柄で華奢なメスの重さです。

妖精の声

麦ちゃん

麦ちゃん/今日のねこちゃん

シンガプーラの鳴き声は妖精の声と言われます。

鳴くこと事態が少なく、その声はとても小さく細いので、そんなあだ名がついたのだと言われています。

毛色は1色のみ

ちょび

ちょびちゃん/今日のねこちゃん

シンガプーラの毛色はセーブルと呼ばれる薄い茶色のみです。グレーと茶色が合わさったような上品な毛色で、艶がありキメの細かい毛がとても綺麗な猫です。

繊細な性格

ごめん寝

cocoちゃん/今日のねこちゃん

シンガプーラはとても繊細です。そして縄張り内の異変を嫌います。来客を苦手とするので、飼育には体格同様細やかな心遣いが必要となります。

シンガプーラの故郷

上を見上げているシンガプーラ

シンガプーラはシンガポール生まれ

シンガプーラは名前のとおりシンガポールが起源です。

しかし、町中ではなく下水溝の中で生きていたという、変わった経歴の持ち主です。狭い下水の中でネズミを獲って生きていたため、体が小さくないと生きていけなかったのですね。

下水育ちのスター

シンガプーラは彼らが生活しているシンガポールの人たちには、あまり興味を持たれていませんでした。

しかし、赴任してきたアメリカ人の夫妻が、この小さな猫の魅力に牽かれ母国に連れて帰ったのがシンガプーラが脚光を浴びるきっかけとなりました。

そして異例の早さで純潔種として認められたシンガプーラは、下水暮らしから猫界のスターへと転身したのです。

シンガプーラのルーツは不明

座ってこちらを見つめるアビシニアン

シンガプーラがシンガポールの下水に住み着く前、どこで何をしていた猫たちなのかはわかっていません。

アビシニアンによく似ている

上を見上げているシンガプーラ

シンガプーラはルーツ不明ながら、キリリとしたアーモンドアイとしなやかな筋肉から、アビシニアンに近いと考えられています。

酷似していますが、シンガプーラの方がアビシニアンより顔や目のラインが丸みを帯びています。

シンガプーラは純潔種ではないとする団体も

上を見上げているシンガプーラ

シンガプーラはルーツがはっきりしないので、特徴の似ているバーミーズとアビシニアンの雑種ではないかとの説があります。

血統書登録団体によっては、このためシンガプーラを純潔種として認めないという物があります。

まとめ

大きな瞳で見つめるシンガプーラ

ちょびちゃん/今日のねこちゃん

シンガプーラはルーツこそ不明ですが、小さな体と細い声の愛らしい妖精であることに変わりはありません。

猫界のシンデレラストーリーを歩んできた彼ら、出自が解らないというのもスターの魅力の1つではないでしょうか。