エキゾチックロングヘアーはどんな猫?特徴や性格、飼い方までご紹介

エキゾチックロングヘアーはどんな猫?特徴や性格、飼い方までご紹介

エキゾチックロングヘアーは丸くて大きい瞳とぺちゃんとした特徴的な顔立ちが愛らしい猫種ですね。そんな個性的な魅力をもつエキゾチックロングヘアーの特徴や性格が気になるという方も多いのではないでしょうか?今回は、今人気のエキゾチックロングヘアーの特徴や性格のほか飼い方やペルシャとの違いまでをご紹介します。是非ご覧くださいね。

3082view

エキゾチックロングヘアーの特徴

エキゾチックロングヘアー

骨格がしっかりとしたエキゾチックロングヘアーは、中型サイズから大型サイズがあり、3.5kg~6.0kg程度の体重があります。

エキゾチックロングヘアーは、丸くて大きい瞳と低い鼻に、愛嬌のあるぺちゃんとした顔立ちが特徴と言えますが、ペルシャと同じ丸い頭部に離れた耳という特徴も持ち合わせます。またペルシャのようにふわふわでもこもこした被毛である事もポイントです。

そんなエキゾチックロングヘアーの鳴き声は、特徴的で外見からは想像ができないほど、高めの小さな声で、「んにゃー」という愛らしい鳴き声を稀に聞かせてくれます。

エキゾチックロングヘアーの動画

ふわふわのレッド&ホワイトの毛色をしたエキゾチックロングヘアーの子猫の動画です。白い敷物を敷いた台の上で、あっちにいったりこっちに来たり、かわいく鳴いたりしています。外の様子が気になって、窓からの景色にとても興味があるようです。後半では飼い主さんに持ち上げられていますが、怖がることもなく、おとなしくしています。

エキゾチックロングヘアーとペルシャの違い

違いは明確にはされていない

エキゾチックロングヘアーのエキゾチックの先祖(基礎猫)にはペルシャがいるため、エキゾチックはペルシャのような顔立ちをしています。これにアメリカンショートヘアの遺伝子を掛け合わせて産まれたのが、エキゾチックの基本である短毛種「エキゾチックショートヘアー」です。

しかし、エキゾチックの子猫には先祖であるペルシャの性質を引き継いだ長毛種が産まれることがあります。この長毛種を「エキゾチックロングヘアー」と呼びます。このため、エキゾチックロングヘアーとペルシャの違いは明確にされていません。

ペルシャ猫

ペルシャ猫のシナモン

エキゾチックロングヘア

エキゾチッククロングヘアのしずくちゃん

血統書団体による違い

しかし、アメリカのテキサス州にあるTICAは、世界で最も大きな猫の血統登録機関ですが、これに並ぶアメリカの大きな猫血統登録団体CFAは、エキゾチック全体をペルシャとは別の猫種に認定しており、登録表記をエキゾチックショートヘアーとエキゾチックロングヘアーに分けることにしました。

またCFAでは、エキゾチックロングヘアーにも条件付ではあるものの、キャットショーの参加資格を与えています。

しかし、他の団体ではエキゾチックロングヘアーをペルシャとして扱っていますので、エキゾチックロングヘアー(ペルシャ)のスタンダードは、ペルシャに準じるものとなっているようです。

エキゾチックロングヘアーの性格

ソファーに座るエキゾチックロングヘアー

穏やかで行動的

エキゾチックロングヘアーは先祖のペルシャ譲りの穏やかで落ち着いた性格をしていますが、アメリカンショートヘアの遺伝子の影響で、ペルシャではあまり見られないハンティングなどを行う活発な一面を持ち合わせています。

甘えん坊でおっとり

また、甘えん坊で他の動物とも仲良くできる協調性もあり、器の大きい性格から、爪切りを大人しく受け入れてくれるエキゾチックロングヘアーも珍しくないと言われています。

嫉妬深い

しかし、やや嫉妬深い部分があることから、エキゾチックロングヘアーは人間のような性格とも言われているようです。

エキゾチックロングヘアーの歴史

エキゾチックロングヘアーにキスをする女性

エキゾチックショートヘアー(エキゾチックロングヘアー)の歴史は、約50年という比較的に新しい猫種であり、2つの産まれを持つ猫種とされます。

ペルシャとアメリカンショートヘアー

まず1つ目と言われるのが、ペルシャとアメリカンショートヘアーの間に生まれた短毛の子猫が始まりとされるものです。エキゾチックロングヘアーとエキゾチックショートヘアーの始まりは、ペルシャにアメリカンショートヘアーの被毛や毛色を与えようという計画でしたが、この計画(異種交配)は難航しました。

しかし、アメリカのブリーダーであるジェーン・マーティンは、ペルシャとアメリカンショートヘアーの間に生まれた短毛の子猫達の魅力に惹かれ、新しい猫種として認めるように猫血統登録団に働きかけました。その努力が実り、1966年にCFAにエキゾチックショートヘアー(エキゾチックロングヘアー)は新しい猫種として登録されたと言われています。

ペルシャとバーミーズとアメリカンショートヘアーから作出

そしてもう1つ、ペルシャとバーミーズとアメリカンショートヘアーから作出されたと言われるものです。同じ時期にアメリカのブリーダー「キャロライン・バッセイ」が茶色い毛のペルシャを作出しようとペルシャとバーミーズをかけ合わせましたが、産まれた子猫は黒っぽい毛色が多く、計画は失敗に終わりました。

しかし、愛嬌のあるぺちゃんとした丸い顔の子猫達の個性が幅広く愛されるのではないかと考えたキャロライン・バッセイは、論理的に新しい品種として登録したいとして、エキゾチックショートヘアー(エキゾチックロングヘアー)は、バーミーズとペルシャから生まれた子に、アメリカンショートヘアーをかけ合わせること以外は認められないという考えを広めました。

エキゾチックロングヘアーの飼い方

ブラッシングされるエキゾチックロングヘアー

エキゾチックロングヘアーは非常に落ち着いた性格で、大抵のことは嫌がらず受け入れてくれる器の広さをもつ猫と言われています。そんな愛情深いエキゾチックロングヘアーの飼い方を知っておいてあげるのも、飼い主さんとして大切な準備と言えますね。

室内の温度や湿度

エキゾチックロングヘアーは長毛種なので、夏場は室内の温度が上がり過ぎないように室温を管理してあげることが大切です。しかし、クーラーだけで室温を管理すると冷えすぎてしまうので、エキゾチックロングヘアーが自分で温度調整ができるよう、別の部屋に行けるようにしてあげること室温管理のポイントです。また、被毛や皮膚が乾燥しないように適度な湿度を保ってあげることも重要と言えます。

運動できる環境

エキゾチックロングヘアーはアメリカンショートヘアの遺伝子があり、活発な一面を持ちますがペルシャと同様に運動能力は高くありません。このため、高い所に登ったあとに降りてこられなくなるケースも見られます。飼い主さんはエキゾチックロングヘアーが登ってしまいそうな部屋の高い場所の整理はしっかりと行いましょう。

お手入れ

エキゾチックショートヘアと違い、エキゾチックロングヘアーは長毛種であるため換毛期のお手入れは重要と言えますね。特に、抜け毛の多い換毛期は定期的なブラッシングやコーミングのほか、抜け毛対策のシャンプーなどが必要でしょう。

食事の管理

エキゾチックロングヘアーはペルシャと同様に太りやすい傾向があります。このため、食事の管理を行うことが大切と言えます。例えば、エキゾチックロングヘアーのキャットフード選びには、良質のたんぱく質を含んだ体型維持ができるものとされています。エキゾチックロングヘアーは消費カロリーが少ないので、バランスの良く食事の管理を行ってあげましょう。

エキゾチックロングヘアーのお手入れ方法

ブラッシングされている猫の背中

エキゾチックロングヘアーは長毛種ですが、比較的に性格が穏やかであるためお手入れもしやすい猫種です。ここで、エキゾチックロングヘアーのお手入れ方法についても見ておくことが大切ですね。

爪切り

エキゾチックロングヘアーがカーテンに爪を引っかけて怪我をしてしまわないように、爪切りを定期的に行いましょう。爪切りの際には肉球を優しく押すと爪が出てきます。このとき、先端のみを一度で切るようにします。爪切りでは必ず先端のみを切り、深爪しないように注意することが重要です。

ブラッシング

エキゾチックロングヘアーは長毛種なので、定期的なブラッシングやコーミングが必要です。また、毛に付いた汚れは濡れたタオルで落としてあげるなどのお手入れのほか、換毛期にはシャンプーを行ってあげると抜け毛対策にもなります。シャンプーの際にはストレスをかけないよう様子を見ながら入浴させてあげることが大切です。

エキゾチックロングヘアーをお迎えする方法や値段

カゴに入った四匹の子猫

ここで、気になるエキゾチックロングヘアーをお迎えする方法や値段についてもご紹介していきます。ぜひ、エキゾチックロングヘアーをお迎えする際のご参考にしてみてくださいね!

里親

エキゾチックロングヘアーをお迎えする方法の一つとして、里親を募集しているサイトからエキゾチックロングヘアーを探して里親になることも可能です。この他、団体の譲渡会でエキゾチックロングヘアーに出会える可能性もありますが、やはりエキゾチックロングヘアーという純血の猫種との出会いは希少と言えるでしょう。

もしも、エキゾチックロングヘアーが里親を募集されている場合は、連絡を取り合って里親になりたい意思をしっかりと伝えることが大切です。保護猫でも人気の猫種の場合は里親になりたい方も多く、団体や元親さんが里親を選ばれるため、「しっかりと飼育環境を整えて、受け入れる意思」を伝える必要があるとも言われています。

この他、ワクチン代や病気の治療費などの請求をされることもあり、2万円~5万円を費用として用意しておくことが必要です。

エキゾチックロングヘアーのブリーダーやキャッテリー

専門ブリーダーからエキゾチックロングヘアーを購入する際の値段は、平均で約23万円から最高で約47万円ほどでしょう。エキゾチックロングヘアーの血統により値段も変わってきますので、購入前に予算を決めて子猫を探すことがおすすめです。

エキゾチックロングヘアーは人気の猫種の一つともされていますが、他の猫種に比べてペットショップなどで子猫を見かける機会も少ないですね。ですが、日本でもエキゾチックロングヘアーの専門ブリーダーはいらっしゃいますので、エキゾチックロングヘアーをお迎えする方法としては、ブリーダーやキャッテリーからエキゾチックロングヘアーをお迎えすることがおすすめと言えます。

専門のブリーダーから子猫を迎えることで、エキゾチックロングヘアーの特徴や注意点のほか親猫や兄妹猫たちを見る機会を得られるので、成長過程も想像しやすく安心してエキゾチックロングヘアーを飼育することができるのが最大のメリットとも言えるでしょう。

キャッテリーとは、世界で最も大きな猫の血統登録機関TICAや猫血統登録団体CFAのいずれかに公認を受けている猫専用ブリーダーのことを表わすため、キャッテリーでブリーディングされた猫は「世界レベルの純血種」という意味があります。

松本順子ブリーダー

「当キャッテリーはペルシャとエキゾ専門のとても小さなキャッテリーです。CFAのショーキャットに憧れ、CFAのスタンダードに沿った美しく健康な猫を作りたいとブリーディングしております。」

2011年より海外ブリーダーのご協力を得て、松本順子ブリーダーのキャッテリーの猫たちはほぼ全てが外産となりました。松本順子ブリーダー自慢のエキゾチックロングヘアーは大きな丸い目、しっかりしたボディで人懐っこい性格をしており、飼い主様に癒しを与えてくれる存在になります。

松本順子ブリーダーのキャッテリーは家庭でのブリーディングのため繁殖は多くされていませんが、産まれた子猫を愛情いっぱいに育てています。

松本順子ブリーダー

大黒知英ブリーダー

「当舎は、創業20周年を迎えるCFA登録キャッテリーでございます。キャットショーにも積極的に参加しており、ジャパンリジョンにおきまして4年連続ベストキツンを輩出しております。」

創業20周年を迎えるCFA登録キャッテリーをもつ大黒知英ブリーダーのエキゾチックロングヘアーは、スタンダートな骨格構成で性格も良く、愛らしい顔の可愛い子猫を目指してブリーディングしています。

大黒知英ブリーダーは新しい飼い主様に譲り渡す子猫たちに自身を持っており、家族の一員として生涯大切に育ててくださる方を心待ちにしています。

大黒知英ブリーダー

ペットショップ

エキゾチックロングヘアーは人気があるものの珍しい猫種であるため、ペットショップで出会う機会は少ないと考えられます。

しかし、ペットショップで迎える場合の値段は約10万円~約42万円 と値段にも差があります。購入する店舗や時期で値段も変わってくるので、しっかりと費用を決めておくことが大切です。

また、ペットショップなら猫の飼育に必要な物一緒に揃えられるため、迎えた日から環境を整えてあげられるメリットがありますね。

まとめ

窓辺に座るエキゾチックロングヘアー

いかがでしたか?エキゾチックロングヘアーは何とも愛らしい顔と性格をしていることが分かりましたね。また、エキゾチックロングヘアーの平均寿命は10歳~13歳といわれており、15歳前後が平均寿命とされる他の猫種よりも短めと言われています。

ですが、エキゾチックロングヘアーの寿命を伸ばす秘訣として、できるだけ長く一緒に過ごしてスキンシップを行うことがおすすめです。

スキンシップは幸せホルモンの分泌がされてストレス軽減に繋がります。このほか、運動不足になりがちなので一緒に遊んであげたり、食事の管理を行ったりしてエキゾチックロングヘアーの健康を維持してあげましょう!

スポンサーリンク