猫がくしゃみをする原因とその対策

猫がくしゃみをする原因とその対策

猫が「クシュン!」とくしゃみをする事がありますが、放っておいても大丈夫なのでしょうか?猫は言葉を話さないので、平気なのかダメなのか、原因は何なのか、分かりませんね。そんな時はこの記事を読んで、参考にされてください。愛猫がくしゃみをした時の原因と対策が、分かりますよ!

8837view

監修:獣医師 平松育子先生

(ふくふく動物病院)

猫のくしゃみ2種類とその原因

くしゃみ

猫がくしゃみをする時、問題のないくしゃみと、注意した方が良いくしゃみがあります。

注意した方が良いくしゃみ

注意

猫の注意した方が良いくしゃみは、連続して何度も、何日も続くくしゃみです。この場合、くしゃみの原因が病気にあることがありますので、他に鼻水や鼻血、顔の変化などの症状がないかを確かめ、早めに動物病院を受診しましょう。

特に多頭飼いの場合、病気が他の猫に移ってしまう可能性が高いので、くしゃみをしている猫を別部屋に隔離するなどして対策を行います。

問題のないくしゃみ

花

猫も人と同じように、鼻に異物が入ったり、物に触れたりしたことが原因で、くしゃみをします。この時のくしゃみは1回や2回程度で終わり、続くことはありません。特別問題がある訳ではありませんので、受診などをする必要はないでしょう。

猫のくしゃみの原因となる病気

病気

病気による猫のくしゃみですが、どのような病気が原因になっているのでしょうか?考えられる病気は、以下の通りです。

  • 鼻炎
  • 副鼻腔炎
  • 猫風邪
  • 猫エイズウイルス感染症
  • クリプトコッカス症

猫のくしゃみの原因となる病気① 鼻炎

猫がくしゃみをする原因で鼻の中の粘膜が、炎症を起こしている状態です。ウイルス感染、寄生虫、アレルギー、腫瘍などが原因で起こります。症状が軽いうちは、くしゃみと共にサラサラとした鼻水がでることがありますが、炎症が進行すると、だんだんとドロドロとした状態の鼻水になっていきます。

更に酷くなると、骨が溶けてしまったり、脳へウイルスなどが侵入してしまたりすることがありますので、愛猫がきになるくしゃみをしていたら、放っておくのは避けた方が良いようです。

猫のくしゃみの原因となる病気② 副鼻腔炎

猫がくしゃみをする原因として前述の、鼻炎の原因にもなる病気で、猫の鼻の奥にある副鼻腔に炎症が生じた病気です。鼻炎が副鼻腔にまで広がってしまった状態とも言えます。炎症で発生した膿が貯まると、人でもおなじみの蓄膿症になります。

猫のくしゃみの原因となる病気③ 猫風邪

猫がくしゃみをする原因として猫風邪という病名がある訳ではありませんが・・・。猫ウイルス性鼻気管炎、猫カリシウイルス、クラミジア、マイコプラズマをまとめて、「猫風邪」と呼んでいます。

猫風邪のうち、マイコプラズマ以外は予防接種がありますのでワクチン接種プログラムに従って、子猫のうちから受けさせてあげましょう。ただ、ワクチン接種には副作用が伴う場合がありますので、接種前に必ず、獣医師に相談してからにしてください。

猫風邪で命を落とすことはあまりありませんが、体力がなく免疫力の低い子猫や老猫では、症状が進行して命に関わる場合もありますので、きちんと受診して、治療してあげましょう。

猫のくしゃみの原因となる病気④ 猫エイズウイルス感染症

猫がくしゃみをする原因として猫同士の喧嘩や交尾、母子感染などが原因となり、猫エイズウイルス感染症にかかることがあります。急性期と呼ばれる初期症状は、くしゃみの他、下痢やリンパ節の腫れなどです。

急性期が過ぎると症状が落ち着き、治ってしまったかのような錯覚に陥りますが、猫の体内では着実に、病気が進行しています。この期間を無症状キャリア期と呼んでいます。

4~5年、猫によっては10年以上続く無症状キャリア期の後は、いよいよエイズ発症期です。口内炎や口の中の潰瘍、口臭など、口の中の症状が、半数の猫に見られます。その他にはくしゃみをはじめとした猫風邪の症状、下痢、嘔吐、体重減少など、様々な症状が起きてきます。

猫エイズウイルス感染症も、予防接種である程度は防げる病気です。愛猫がかかる前に受けさせてあげたい所です。特に、外出する猫の場合は、早めに接種しましょう。この病気にかかっている猫と、かかっていない猫を同室で飼うことはできません。もし新しい猫を迎える場合は、注意してあげましょう。

猫のくしゃみの原因となる病気⑤ クリプトコッカス症

クリプトコッカスは主に鳩の糞に存在しているウイルスによる感染症で、くしゃみの他には血の混じった鼻水が出たり運動失調などの症状を引き起こします。症状が重篤化すると視神経炎や網膜剥離などの目の病気を引き起こしてしまいます。

感染経路が、鳩の糞からの土や空気を経由した感染になるので、予防策としてウイルスに触れないように、猫を外に出さないで完全室内飼いにすることが対策と言えます。

猫のくしゃみ動画5連発!

猫がくしゃみをする様子を捉えた動画をいくつか、ご紹介します!可愛いものから心配なものまで、愛猫がくしゃみをしている時のご参考にされてください。

ちょっと心配な連発くしゃみ


野良猫さんのようですが・・・草を食べた後急に、狂ったようにくしゃみをしだします。なかなか止まらないので、何かしらの病気が原因でくしゃみをしている可能性が高いです。途中鼻水やよだれも出て、もうグチャグチャ・・・。もし愛猫がこんなくしゃみをしていたら、迷わず受診!です。

リクくんのくしゃみ


人気猫、リクくんの貴重なくしゃみシーンです。「おもちゃで遊んでたら、鼻が・・ふぁなが・・・ぁぁ、クシャン!」と、可愛いくしゃみ、連発です。動画の最後の方でコメントがありますが、ちらっと映った黒トラさんの方は、くしゃみの最後に「うぇぇ〜い!」とオヤヂ的なくしゃみをするのだとか。ぜひ、聞いてみたいですね!

子猫の可愛いくしゃみ


風邪を引いた子猫ちゃん。ご飯中、風邪が原因なのかご飯が鼻に入ってしまったのか、可愛いくしゃみ連発です。くしゃみというより、「キャンキャン」と鳴いているかのような子猫さん。こういうおもちゃ、ありましたよね?数ヶ月後、元気に育った子猫さんは見事!○○乗り猫になりました♪

大丈夫でしょうか・・・?


鼻に何か異物が入ってしまったのが原因なのか、変なくしゃみを連発している、猫さんです。なかなか取れなさそう・・・。こんな時も、くしゃみが治らなければ、受診した方が良いでしょう。何もなければ何もないで、安心ですから。

くしゃみが出そうで・・・出にゃい!


人でもありますよね。こういう時。くしゃみが出そうで・・・出にゃい!あのむず痒さ、もどかしさ。猫さんの釈然としない表情が物語っています。そこは猫も人も、同じなのですね(笑)。

まとめ

芝生と猫

猫のくしゃみには、心配なものとそうでないものがあることが分かりました。

猫のくしゃみの様子によって原因を推察し、なかなか止まらないようでしたら動物病院に連れて行きましょう。くしゃみの原因となる病気を放っておくと、後々症状が重くなり、愛猫が苦しむ原因となるかもしれません。

ちなみに、人はくしゃみをする際、顔を縦に振りますが、猫の場合は横振りって、ご存知でしたか?

ご紹介した動画や、愛猫のくしゃみの様子を良く観察してみてください。高速で首を横に振ってくしゃみをするところが、目撃できると思います。愛猫のくしゃみ、心配なものは放置せず、しっかりと治療してあげましょう。

人気のキーワード