ロシアンブルーの特徴や性格、値段から飼い方まで

ロシアンブルーの特徴や性格、値段から飼い方まで

ロシアの皇帝にも愛されていたロシアンブルーの魅力とはどのようなところでしょうか?あの吸い込まれるような緑の目で何を話しかけているのでしょうか?

863view

ロシアンブルーの主な特徴

ロシアンブルーの子猫

ロシアンブルーの容貌

  • フォーリンタイプの体型
  • 身体と同じく尾も長め
  • 耳がやや大きめ
  • 足先が小さくやや丸い
  • ロシアンスマイル
  • 気品がある

ロシアンブルーはやや細身の、引き締まった筋肉質の体型で均整のとれたバランスの良い姿が特徴です。ロシアンブルーは全体的にスリムで身体が長く、尾も同じくらいの長さがあります。

耳が大きく逆三角形の顔立ちですがオリエンタル種のように鼻筋が長くはないので柔らかい表情に見えます。ロシアンブルーはいつも口元がほほえんでいるように見える事から、ロシアンスマイルとも言われます。そして気品に満ちあふれています。

ロシアンブルーの平均体重

  • 2.8〜4.7kg

ロシアンブルーは猫の種類の中では中型の大きさと言えます。

ロシアンブルーの被毛

  • 被毛の長さ:短毛
  • 被毛の層:ダブルコート
  • 被毛の色:ブルー(灰色)

ロシアンブルーは短く密度高いビロードのような輝く被毛を持ち、その毛並みは身体に沿わず立ち上がるように生えています。オーバーコートの先端にシルバーが入りメタリックの雰囲気を出しています。とてもやわらかな手触りです。

ロシアンブルーの目の色

ロシアンブルーの緑の目
  • グリーン
  • 目と目の間が離れている

ロシアンブルーの目は丸みを帯びていて、両目の間が離れています。エメラルドの宝石のようなキラキラ光る目の色はロシアンブルーの大きな特徴です。

ロシアンブルーの性格

椅子に座るロシアンブルー
  • ロシアンブルーは人見知り
  • ロシアンブルーは飼い主に忠実
  • ロシアンブルーは愛情深い
  • ロシアンブルーは神経質
  • ロシアンブルーはわがままを言わない
  • ロシアンブルーはもの静か
  • ロシアンブルーは賢い

ロシアンブルーは人見知りをしますので、慣れるまでに時間がかかります。しかし一度慣れてしまえば飼い主に忠実な愛情深い性格を出してくれます。ロシアンブルーは大変賢いので一泊くらいの留守番は問題なくすることができます。

猫時間という位に猫は時間に性格ですが、その中でもロシアンブルーは時間に厳しくお腹が空くとしっかり要求鳴きをします。しかし、普段はほとんど鳴かずわがままも言いません。

ロシアンブルーの値段相場

二匹のロシアンブルー

ペットショップでのロシアンブルーの値段

  • 値段 約20万円前後

おおむね、20万円前後で販売されていることが多いようです。
事前にペットショップのホームページを閲覧したり、電話をしたりしてロシアンブルーが販売されているかどうか確認すると良いと思います。

ブリーダーでのロシアンブルーの値段

  • 値段 16~30万円

チャンピオンの子猫ですと、もう少し高額の場合があります。
そしてブリーダーと飼い主の相性も大切です。

ロシアンブルーの里親になる場合の費用

  • ワクチン接種
  • 不妊、去勢手術
  • 寄生虫やノミ、ダニ駆除
  • その他病気に対する治療

保護猫の場合は後々問題を起こす事がないように、保護主と飼い主との間で費用の分担をどのようにするか話し合いをしてから手続きをする方が良いでしょう。

ロシアンブルーの寿命

肉球を見せるロシアンブルー
  • 寿命 10〜13年

猫の平均的な寿命は約15歳ですから、ロシアンブルーの寿命は少し短めになります。
もちろん、20年近くまで長生きするロシアンブルーも沢山います。

ロシアンブルーの飼い方

手に噛み付くロシアンブルー

ロシアンブルーは猫が初めての飼い主にも向く

ロシアンブルーは人見知りですが飼い主には忠実なため、初めて猫と暮らす方にも向いている猫の種類です。

ロシアンブルーのストレスを溜めないようにしましょう

  • 静かな所を作る
  • 知らない人の出入りを少なく

ロシアンブルーは人好きですが人見知りで神経質なため、自分のテリトリーではない物事に対して警戒心を持っています。ロシアンブルーに限らず猫はテリトリーを大切にする動物です。恐怖や警戒心から「噛み付く」「訴えるように鳴く」など様々な行動に出るロシアンブルーは、凶暴な猫と見られる事が多いようです。

しかし凶暴と思う前に、ロシアンブルーへ恐怖心を与えていなかったか考え原因を取り除く努力をする方がよいでしょう。なるべく静かな環境で、ロシアンブルーと飼い主がゆったり寛げる場所を作ってあげましょう。

ロシアンブルーは小さな頃からブラッシングをする

短毛ですがダブルコートですからブラッシングは必要です。ロシアンブルーは特に神経質なので嫌な事は絶対にさせてくれません。小さな頃からブラッシングに慣れさせれば警戒心を無くす事ができます。

ロシアンブルーは運動を活発に行う

  • キャットタワー
  • おもちゃで遊ぶ

ロシアンブルーは遊び好きで、運動量も多いです。キャットタワーを設置したり、上下運動ができるように段差のある家具の配置など工夫が必要でしょう。

そして、飼い主がしっかりとおもちゃなどで遊んであげましょう。

ロシアンブルーがかかりやすい病気

横になるロシアンブルー

ロシアンブルーのかかりやすい病気:ストレス性疾患

  • 心の病
  • 脱毛
  • 食欲不振
  • 下痢

ロシアンブルーは純血種の中では比較的健康ですが、神経質な面からストレスをため病気にかかりやすくなります。ストレスは様々な病気の原因になりますから、普段の様子に変化がある時は病院を受診してください。

健康診断は定期的に受けるようにしてください。

ロシアンブルーの歴史

寝転がるロシアンブルー

ロシアンブルーの発祥

  • 1800年代に自然発生
  • ロシアが原産地

ロシアンブルーは自然発生種で、原産地はアルハンゲリスクというロシア北部の港町です。船乗りにとってネズミを捕獲してくれる猫は最高の相棒になります。ロシアンブルーは船に乗り、ヨーロッパに渡ったと言われています。

ロシアンブルーのイギリス上陸

  • 1871年にキャットショー出陣

ロリアンブルーがイギリスに初上陸したのは1860年代で、キャットショーに出陣した記録が残っています。

ロシアンブルーのイギリスでの繁殖

  • 1890年代にロシアより数匹購入

アビシニアンやブリティッシュショートヘア、マンクスを飼育していたコンスタンス・カリュー=コックス夫人がロシアンブルーの繁殖も手がけました。

ロシアンブルーがGCCFに認められる

  • 1912年にGCCFに認定

ブリティッシュショートヘアとの違いが認められようやく、ロシアンブルーとして分類されました。しかし、当時は丸い顔のブリティッシュショートヘアの方が人気が高かったそうです。

ロシアンブルー絶滅の危機

  • 二つの世界大戦の影響
  • シャムとの交配により回避

絶滅の危機に瀕したロシアンブルーにシャムを交配させ、イギリスのロシアンブルーは19世紀と違うほっそりとした体型となりました。同時期スカンジナビアでもシャムや他の猫との交配が行われ、イギリスのロシアンブルーよりも大型で被毛が密の姿になりました。

1917年のロシア革命から1948年まではロシアンブルーは「フォーリンブルー」と名称を変えています。

ロシアンブルーのCFA認定からチャンピオンシップステータス獲得へ

  • 1949年CFAに認定
  • 1964年CFAチャンピオンシップステータス獲得

ロシアンブルーのブリードが進み、飼い猫として人気がでました。

ロシアンブルーの人気の下降→人気再燃

  • 1980年代に入り人気の陰り

ロシアンブルーの神経質で人見知りな性格がキャットショーには不向きとなり、人気がかげってきました。しかし、ロシアンブルーを小さな頃から慣れさせるように育てたり、計画交配などをすすめ性格的な問題を解消し、キャットショーで実力を発揮するようになりました。

ロシアンブルーの別名

  • アルハンゲリスクキャット
  • フォーリンブルー
  • マルタネコ
  • スパニッシュブルー
  • ロシアンショートヘア

ロシアンブルーほど別名を多く持っている猫の種類はいません。

まとめ

草原にいるロシアンブルー

ロシアンブルーの特徴や性格、値段や飼い方、歴史までお話をさせていただきました。

ロシアンブルーを飼っている友人の2家族は、両家とも二匹ずつ家族に迎えています。ロシアンブルーの神経質な性格を猫同士で解決しているようだと教えてくれました。

すっとした細身の身体とバランスの良い顔立ちで、これからもロシアンブルーの人気が衰える事はないであろうと思われます。

人気のキーワード