シャンティリィはどんな猫?特徴や性格、飼い方まで

シャンティリィはどんな猫?特徴や性格、飼い方まで

シャンティリィとはどんな猫?この触り心地の良さそうな被毛のシャンティリィは現在でも極めて珍しく、歴史的にも不明な部分の多い猫種です。あまり日本で見かけないシャンティリィの魅力をご紹介します!

1362view

シャンティリィの特徴

シャンティリィのアップ

ほとんどの猫種が生後約半年から繁殖能力を持ちますが、シャンティリィは成長がゆっくりのため成熟に約2年かかると言われています。

シャンティリィの被毛やボディの特徴

  • シルキーセミロングコート(アンダーコート無し)
  • セルフカラー、タビーカラー
  • 2.5〜5.5キロ
  • 脚は筋肉質
  • 尾の長さは身体の長さとほぼ一緒

シャンティリィは絹のように柔らかなセミロングコートです。被毛が完全に整うのに生後2〜3年を要します。首の周りに襟まきのような毛を持ち、耳にはサイベリアンのような独特で目立つ飾り毛が生えています。

シャンティリィの動画

シャンティリィの体型は中ぐらいの長さでほっそりと優雅です。脚の長さは中ぐらいの筋肉質ですが、ずんぐりとはしていません。ほぼ身体の長さと同じ長さの、飾り毛のあるしっぽがシャンティリィの特徴です。

シャンティリィの被毛の色

  • チョコレート
  • ブルー
  • シナモン
  • フォーン
  • ライラック
  • ブラック

今、容認されているシャンティリィの一色のセルフカラーは上記のカラーです。
シャンティリィの被毛の色はチョコレートブラウンのみでしたが、近年は様々な色とパターンを取り入れています。

そして、シャンティリィのタビーの容認パターンはマッカレルタビー、スポッテッドタビー、ティックドタビーでセルフカラーと同色です。

シャンティリィの目の色

  • ゴールド
  • カッパー

シャンティリィのゴールド、またはカッパーの目は卵形でつり上がり気味です。若い個体は明るくクリアな黄色ですが、年齢を重ねる度に真珠の艶を帯びた金色や緑色へと変化して行きます。

目の色も安定するのには数年かかると言われています。

シャンティリィの顔立ち

シャンティリィの頭部は緩やかな曲線を描く三角形で、軽く傾斜したバランスの良い鼻筋があり頬骨は広く高いです。

シャンティリィの性格

ことらをみつめるシャンティリィ
  • シャンティリィは穏やかで控えめな性格
  • シャンティリィは忠誠心がある性格
  • シャンティリィは子供とも仲良くなれる性格
  • シャンティリィは他のペットとも一緒に住める
  • シャンティリィは鳩のように小さな声で鳴く

ペルシャほど大人しくもなく、オリエンタルの長毛種のように活発ではないのですが穏やかで控えめです。人見知りはしますが飼い主にはとても忠実です。

シャンティリィの鳴き声

喜んだ時にはささやくように「クークー」と、鳩がさえずるように愛らしい響きで鳴きます。

シャンティリィの飼い方

黒猫の子猫
  • シャンティリィは長時間の留守は難しい
  • シャンティリィは毛球症に注意
  • シャンティリィは食事に注意
  • シャンティリィの耳掃除は定期的にする
  • シャンティリィは成熟までに時間がかかる
  • シャンティリィは旅行に連れて行っても大丈夫

シャンティリィの留守番

シャンティリィは人間が大好きですが、度の過ぎた要求やいたずらはほとんどないようです。ただし独りでの留守番が多いと寂しくなるようですので、長時間家を空ける方には向きません。

シャンティリィのお手入れ

シャンティリィはアンダーコートの無いセミロングコートですが毛球症には注意をし、被毛を一日おきにはブラッシングします。

シャンティリィの健康

シャンティリィの健康に関しましては基本的に問題は無いようですが、猫の消化吸収の苦手な穀物の多い食事を避けるようにフードには気を遣います。

シャンティリィの耳掃除

シャンティリィは耳の中が汚れやすいので、週に1度程度、定期的な耳掃除をするようにしましょう。

シャンティリィの旅行

嬉しい事に、人が大好きなので長時間の旅行にも行けるようです。しかし、旅行に行く前には健康面に問題は無いかしっかり観察し、少しでも体調がよくない場合は連れて行かないようにしましょう。

シャンティリィの歴史

座るシャンティリィ
  • シャンティリィの原産国:カナダ、アメリカ
  • シャンティリィの別名:フォーリンロングヘアー、ティファニー

シャンティリィの起源は完全に解明していませんが、原産国はカナダと米国です。別名は「フォーリン・ロングヘアー」「ティファニー」とあり、未だに改名前の名称で呼ばれることもあります。ただし、英国のティファニーとは全く品種が違いますので気をつけてください。

シャンティリィの名前は「フォーリン・ロングヘアー」として初登録

1967年にニューヨークのブリーダーであるジェニー・ロビンソンが二匹のチョコレート色の猫を購入しました。トーマスとシャーリーという二匹は1969年に子猫を出産します。

1970年代の初めに、この猫家族がACAに「フォーリン・ロングヘアー」として初登録されます。

その後「ティファニー」に改名

その後、一般的な名前である「フォーリン・ロングヘアー」から「ティファニー」へと改名されますが、頭数が少なくなりACAより抹消されます。1979年にカナダのブリーダーによりブリードされTICAに登録されます。

「シャンティリィ/ティファニー」に変更

イギリスの別名品種であるバーミラが「Tiffanie」(ティファニー)という名称に変更したために、カナダのブリーダーは1992年に「Chantilly/Tiffany」として三度目の改名をし登録します。その後TICAは抹消され、現在はAFCAのみ登録されているようです。

シャンティリィの値段

灰色のシャンティリィ全身
  • 生体代金、紹介料、輸送費:50万円以上
  • 日本国内でシャンティリィは購入できない
  • 海外のブリーダーにお願いする

アメリカでは、伝統種としてシャンティリィを保護する運動が行われていますが、確実な血筋を調べるのもやっかいなため繁殖はなかなか難しいようです。

もしもシャンティリィの購入を考える場合、方法としては以下の二つとなるでしょう。

  • 個人的に外国のシャンティリィブリーダーと交渉する
  • 外国のシャンティリィを取り扱うブリーダーとの仲介会社に依頼する

シャンティリィはアメリカ、カナダ、オーストラリアでブリードが行われているようです。知り合いにアメリカやカナダ在住の方がいれば情報を得る事もできるかもしれません。

もしくは直接、旅行の流れで足を伸ばしてみるのはいかがでしょうか。ただし生体の代金や紹介料、輸送費など諸処含め50万円以上の高額になる事は間違いないでしょう。

まとめ

犬のように寝そべるシャンティリィ

シャンティリィ/ティファニーの魅力についてお話しさせていただきました。初めに登録された被毛の色が「チョコレート色」であったため「チョコレート中毒者の喜び」とも呼ばれていたそうです。

素晴らしい猫種を求め、日々ブリーダーの方々が努力していらっしゃると思います。この記事で様々な情報と出会うほど、このシャンティリィ/ティファニーが愛らしく素敵な種だと分かりました。

写真を眺めれば眺めるほど、もの言いたげな目に引き寄せられてしまいそうでした。いつか日本国内で、素朴で愛らしいシャンティリィ/ティファニーに出会いたいなと思います。

人気のキーワード