リコイの歴史や特徴、性格について

リコイの歴史や特徴、性格について

一見野良猫のように見える、リコイという新種の猫を知っていますか?実は品種改良ではなく、突然変異で誕生したなんとも珍しい猫なのです!なぜリコイという名前なのか、どんな特徴があるのかなどといった謎が多い猫、リコイについて紹介します。

1249view

リコイの歴史

リコイの横顔

2010年、アメリカンショートヘアの突然変異として生まれたのがリコイです。アメリカのテネシー州に住むブリーダー兼獣医のジョニー・ゴブルさんのもとで誕生しました。

リコイはゴブルさんが意図的に生み出した、新しい猫の種類ではなく、あくまで自然に誕生した新種の猫です。アメリカンショートヘアから生まれたにも関わらず、リコイの見た目で1番目を引く毛並みは、アメリカンショートヘアとほぼ同じとは言い難いものでした。

そのため、健康に問題がないかを調べるために、カリフォルニア大学でDNA検査を行い、テネシー大学で皮膚検査を行いました。その結果、毛のない種類の猫であるスフィンクスやデボンレックスの遺伝子を受け継いではいないこと、リコイの毛並みは皮膚病によるものではないので、リコイが遺伝的に問題がない種類であることが分かりました。

寿命などのリコイの細かい情報は、新種の猫のため正確に現時点では出されていませんが、今後リコイの数が増えていくに従って、リコイの細かい情報も増えていくことでしょう。

リコイの特徴

野生味溢れる外見

なんといってもリコイはその見た目と、飼い主への接し方のギャップが特徴的です。そもそもリコイはギリシャ語で「オオカミ」を意味します。確かに野性味あふれる容貌と、子猫の時はくりくりした可愛らしい瞳が大人の猫になると、鋭い眼差しに変わるリコイを見ると、夜が似合うオオカミのようです。

また、最初に遺伝子になにか皮膚の問題があるのでは?と疑われたほど、リコイの毛並みはばらばらで、全て毛のないリコイもいるそうです。猫にはガードコートと言われる上毛と、アンダーコートと言われる下毛がありますが、リコイの場合は下毛のみしかなく、皮膚の構造が違うので毛が抜けやすく、まばらに生えてしまうのです。そのため、飼う際には寒さに弱い皮膚のケアが必要になってきます。

毛色は今のところグレーのみですが、生みの親であるアメリカンショートヘアがグレー以外にも様々なカラーバリエーションがあることから、今後交配を続けるうちにグレー以外の毛色のリコイも誕生するのでは、と言われています。

リコイの性格

リコイの全身

理由はまだ解明されていませんが、性格は猫というよりかは犬に似ていていて、飼い主に忠実で寄り添いに来ることもあるそうです。そして嗅覚にも優れているということが、犬のようだと言われる理由の1つでもあります。

猫は気ままだとよく言われますが、フレンドリーなリコイの場合は猫好きにはもちろん、犬好きの飼い主にとっても嬉しいサービスがたくさんありそうですね。

リコイの個体数

リコイは2012年、TICA(国際猫協会内)で正式に猫種として認められました。現在リコイの繁殖をしている、公式のブリーダーの方は7名だそうです。数少ないブリーダーでの繁殖なので、リコイの個体数も決して多いとは言えません。

しかしアメリカ国内やマニアの中で、リコイは人気だそうです。そんなリコイのお値段は日本円で18万~30万円ほどです。新種の猫のため、残念ですが日本に今すぐ来ることはなさそうです。

まとめ

人工的ではなく突然変異から生まれた新種の猫、リコイ。猫好きなら誰もが知っているアメリカンショートヘアからリコイのような猫が誕生するということに、遺伝の不思議を感じさせられます。

リコイという名前がぴったりの、オオカミのようにワイルドで賢いこの猫は、きっと猫好きも犬好きも虜にすることでしょう。リコイ自体未だに解明されていないことが多いですが、これから新たに発見されるリコイの魅力や日本に1日でも早く来てくれることを期待したいですね。

人気のキーワード