オセロットの特徴や性格、会いに行ける場所

オセロットの特徴や性格、会いに行ける場所

うるうるお目目が可愛らしいオセロット。野生動物にも関わらず、人懐こい事でも知られています。オセロットの大きさは通常の猫の2~3倍あるので、大型猫が好きな方には、より魅力的に映るのではないでしょうか?しかし悲しいことにオセロットは乱獲により絶滅危惧種となっているのです…オセロットとは一体どんな猫なのか、チェックしていきましょう!

2800view

オセロットの特徴

森の中に居るオセロット

生息地

オセロットの生息地は北アメリカから南アメリカ中部の「ウルグアイ」「アルゼンチン」「テキサス州」などの熱帯雨林に生息している野生のネコ科動物です。熱帯雨林や森林地帯を生息地としているが、標高1200m以下であれば大抵のところで生活できます。そのため草原や河口域のマングローブの林や、集落の近くに生息していることもあります。

被毛

短い体毛を持つオセロットの最大の特徴といえば、やはりヒョウのような美しい斑点模様でしょう。リング状の黒い斑が斜め下に向かって鎖状につながっている独特の模様は、もっとも美しいと評され人々を魅了しています。

また耳の後ろにはトラのような黒く「虎耳状斑」と呼ばれる白い斑点があるのもオセロットの特徴といえます。

大きさ

ヒョウのような見た目から体長もとても大きいのではと思ってしまうオセロットですが、意外にもサイズは小さく体長は50~100cmほどと大型のイエネコとあまり変わらない大きさです。また体重は10~15Kgほどです。オセロットを初めて見た人は「思っていたよりも小さい」と感じるようですが、それでもがっしりとした筋肉質の体型はワイルドな印象を持ちます。

特技

基本的に夜行性で猫と同じように肉食の動物であるオセロットですが、意外にも泳ぎが上手で視力も良いとされています。また普段はウサギやネズミといった小型の動物ばかりを食している動物ですが、泳ぎを活かして魚やカエル、イグアナを食べることも。さらに、狩りも上手で時にはカピバラのような比較的大型の動物をも倒すこともあります。

オセロットの性格

森の中を歩くオセロット

人懐っこい

野性味があるオセロットですが、見かけによらず人懐っこく人に対して警戒心を抱くことも少ないめずらしい動物。そのため幼いころから飼育していれば、イエネコのように仲良く楽しく共存することも可能です。

甘えん坊

人懐っこいだけではありません。なんとオセロットは大変甘えん坊なヤマネコで、人間に対してゴロゴロとおねだりをしてみたり、一緒に遊んでとせがんでみたりとオセロットは意外にも甘えん坊な一面を持っています。まるでイエネコみたいですね。

遊びが大好き

オセロットの性格の特徴はもう1つ、とても遊びたがりな性格で飼い主様と飛んだり跳ねたり、散歩をしたり、おもちゃで遊んだりするのが大好きだという点です。オセロットは猫の中でも泳ぎが得意な動物なので、オセロットと一緒に自宅のプールで水遊び!なんてこともできちゃうかもしれませんね。

オセロットはペットとして飼える?

木登りするオセロット

オセロットをペットとして飼えるのかという質問だけでいうと「NO」と言わざるをえません。オセロット自体は友好的で大変甘えん坊な性格であるため、ペットとして向いている動物だといえますが、現在は絶滅危惧種に指定されているだけではなく、そもそも入手することも不可能に近いです。

またオセロットは特定動物に指定されるので、もしペットとして飼育するならば各都道府県や自治体に許可を取り、専用の檻を用意するなどの大掛かりな準備が必要になります。大掛かりな飼育環境を整えることができるのか?そもそもオセロットは手に入るのか?許可は下りるのか?など、クリアする難題が多すぎるため現実的にオセロットはペットとして飼えないと言わざるをえません。

ただ、もしオセロットを購入するとなるとその予想価格は200万円ほどになるのではと考えられています。それだけの予算を出したとしても、オセロットを手に入れることは難しいようです。

オセロットに会える場所

よこはま動物園ズーラシア

「ズーラシア #ネコフェス!」のネコの雑貨屋は雨のためころこロッジで開催します お待ちしております♪

Yokohama Zoological Gardens "Zoorasia"さんの投稿 2018年9月14日金曜日

オセロットをペットにするのは難しいですが、オセロットに会うことは可能です。例えばこちらの動物園はオセロットを展示飼育している日本国内でも数少ない場所です。オセロットがどんな姿をしているのか、どれほど美しいのか、興味のある方はぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか?

またかつては高知県の動物園でもオセロットが飼育されていたようですが、2018年現在では飼育がされていないようです。筆者が調べた中では国内でオセロットに会えるのはよこはま動物園ズーラシアのみでした。それほど貴重なネコ科動物のオセロット。皆様もぜひ会いに行ってみてはいかがでしょうか?

まとめ

木の枝の間にいるオセロット

透き通った大きな目や、美しい斑点模様が特徴的なオセロット。人々が魅せられてしまうのも無理はないですね。ただ、人間の自分勝手さが原因で絶滅の危機にさらされている事実には、残念としか言いようがありません。オセロットは絶滅の危機にある、という意識を持って、数が増えるのを祈りたいですね。

スポンサーリンク