猫にチーズを与えても大丈夫?そのメリットと注意点

猫にチーズを与えても大丈夫?そのメリットと注意点

概要

  • 猫はチーズを食べることができるが、人間用のものは与えない
  • チーズは良質なたんぱく質やカルシウム、ビタミンが含まれ栄養的に好ましい
  • 乳製品のアレルギーが無いか確認、また与えすぎは肥満の原因となる

猫にチーズを食べさせても大丈夫なのでしょうか?そして、猫はチーズが好きなのでしょうか?飼い主さんがチーズを食べていると愛猫が寄ってくる…ということはないですか?この記事では、猫にチーズを与えるメリットや注意点や、猫とチーズのアレルギーに関して、猫用チーズの作り方などをご紹介します。乳製品であるチーズを猫に与えても大丈夫か?という疑問を持っている方の参考になれば嬉しいです。

3269view

監修:獣医師 平松育子先生

(ふくふく動物病院)

猫はチーズを食べても大丈夫?

チーズを見ている猫
  • 猫はチーズを食べられる
  • 猫に人間用のチーズは与えないほうがいい
  • 猫用チーズを与えると良い

結論として猫はチーズを食べる事ができます。しかし猫にチーズを与える際には注意が必要です。

人間用のチーズは猫には与えない

人間用のチーズは、猫には与えない方が良いようです。猫にチーズを与えたいときには、猫用チーズが販売されていますので、そちらを食べさせるようにしましょう。

というのも、人間用のチーズは猫にとっては脂肪分や塩分、カロリー等が高いのです。その為、猫が人間用チーズを食べてしまうと体調を崩してしまう可能性があります。猫用チーズであればそれらを控えめにしてありますので、適量を与えても問題ありません。

猫はチーズなどの乳製品を好む

猫は基本的に、乳製品を好むことが多いようです(もちろん個体差があります)。チーズはニオイが強いので、飼い主さんが食べ出すと思わず気になって寄って行ってしまうのでしょう。

猫が可愛い顔でクンクンしていたら、チーズもあげたくなってしまいますね。しかし猫の体の事を思うのであれば猫用チーズを与えるようにしましょう。

猫にチーズを与えるメリット

チーズ

チーズには良質なたんぱく質やカルシウム、ビタミンなどが含まれていますので、栄養的に猫に良い成分が入っています。チーズは牛乳が原料ですが、猫が下痢をする原因となる乳糖は少なくなっています。ですから、チーズを食べたことで猫が下痢をすることは、ほとんどないでしょう。

チーズの味も、猫にとっては好ましいようです。たまに嫌う子もいますが、ほとんどの猫はチーズに興味を示すのではないでしょうか?ご褒美やふりかけとして与えることで、猫も喜びます。

猫にチーズを与える注意点

女性の手の平に「注意」のマーク

猫に乳製品のアレルギーが無いかを確認しておく

猫にチーズを与える時は、チーズの原材料である乳製品のアレルギーが無いかどうか確認してから与えるようにしましょう。猫の中には牛乳などに対してアレルギーがある場合があります。

また、猫にチーズを与える時は少量ずつ様子を見ながら与えましょう。もし猫がチーズを食べたことによって下痢やおう吐などの異常が発生したら、与えるのを止めて動物病院を受診するようにしましょう。

猫にチーズを与えても大丈夫だからと言って、やはり与え過ぎには注意です。猫用チーズは脂肪分やカロリーを抑えてありますが、猫にチーズを与えすぎると肥満の原因となることがあります。猫用チーズのパッケージに記載されている給餌量を守り、様子を見ながら与えましょう。

市販の猫用チーズいろいろ

黒猫とチーズ

「猫用チーズ」で検索すると、たくさんの商品が出てきます。猫のチーズには色々な種類があるようで、チーズそのままのもの、おやつにチーズが混ぜられているもの、フリーズドライ、粉チーズ、チーズ味の歯磨きペーストもあります。

どれが良いのか迷ってしまいそうですが、猫の健康を考えるのであれば、なるべく塩分や添加物が少ないチーズを選ぶのがおすすめです。もちろん、買っても愛猫が食べるかは分かりませんが、好みのものを見つけられると良いですね。

猫用チーズの作り方

猫用チーズを作るための調理グッズ

市販されている猫用チーズは塩分控えめにはなっていますが、無塩というものは中々ありません。愛猫に本当に優しいチーズを与えたい場合は「チーズを手作りする」という手もあります。

猫用チーズは新鮮な牛乳とお酢やレモン汁だけで、簡単に作ることができます。もし愛猫が食べてくれなくても、猫用チーズは飼い主さんも食べることができますので無駄にはなりません。

では、さっそく猫用チーズの作り方をご紹介しましょう!

猫用チーズを作る際に用意するもの

  • 牛乳 900ml
  • お酢かレモン汁 20ml

猫用チーズの作り方

1.お鍋に牛乳を入れて、火にかけます。温度を測りながら、60度まで温めます。

2.牛乳が60度になったら、少しずつお酢かレモン汁を加えていきます。分離するまで、良くかき混ぜます。

3.ボウルに清潔なガーゼなどを敷き、その上から2を注ぎ入れ、こします。絞って水分を無くしますが、この時に出るしぼり汁はホエーと言って栄養分たっぷりですので、捨てずにとっておきましょう。

4.ボウルに水を張り、酸味を取るためチーズを何度か洗います。

5.最後にもう一度絞り、好みのチーズの固さに仕上げます。

以上が猫用チーズの主な作り方です。飼い主さんが食べる時は塩をひとつまみ加えた方が、よりチーズらしい味になります。しぼり汁のホエーは、他の猫用手作りご飯や、人間用の野菜スープの出汁としても使えます!

まとめ

食卓にいる女性と猫

猫にチーズを与えても大丈夫か、メリットや注意点、猫用のチーズの作り方などについてご紹介しました。

まとめますと、猫にチーズを与える時は猫用チーズを作るか購入して与えるようにしましょう。人間用のチーズは塩分が高すぎるのでおすすめしません。また、猫はチーズなどの乳製品に対するアレルギーがある場合がありますので注意する必要があります。

猫が好むチーズは、うまく使えば食欲の刺激となりますし、愛猫とのコミュニケーションにも使えます。上手にチーズを使って、愛猫との生活を豊かにしていきましょう。

20代 女性 らずべりー

猫ちゃんはミルクが好きなので乳製品も好きそうですよね。特にチーズは匂いが良いので欲しがる猫ちゃんも多そうですね。ついついお裾分け‥は、塩分もですがチーズはカロリーが高いので太りやすく、おでぶちゃんになってしまいます。
肥満は身体に負担がかかり、後々可哀想な想いをするのは猫ちゃんですから、気をつけてあげたいですよね。
猫ちゃん用のオヤツに
パウダータイプのチーズや猫用チーズなど、グルメな猫ちゃんでも好んで食べるようなものが売られているのでそういうのをあげると良いんですね。物にもよりますが、わんちゃん用のチーズでも猫ちゃんも与えて可能なものも多く、意外と犬猫両方食べれる物って多いんですよ♩
市販品の中ではフリーズドライのものだと日持ちしやすく手にとってもベタベタせず、潰せば粉末になるのでチーズのふりかけになります。
チーズキャンディなんかもありますが、食いつきはこちらの方がいいかも?チーズの中にお薬を混ぜたりなど、うまく使うのも良いと思います。

チーズを使ったことはないのですが、牛乳とレモン汁でチーズが作れるなら簡単ですね!
少々手間はかかりますが、無添加で無塩の安心チーズは愛猫ちゃんも、飼い主さんの身体にも良さそうです。チーズが好きだけどあげるなら身体に出来るだけ優しいものをと思ってる飼い主さんにはぴったりだと思います。

猫ちゃんが、塩分を長期間摂り過ぎると、かなり腎臓に負担がかかります。老廃物などをおしっこで排泄できなくなり尿毒症になっていきます。
肥満や糖尿病などの病気にもかかりやすくなります。
ほんの少しだから大丈夫が、癖になり毎日あげてしまったり長期間に渡るとあまり良くないと思ってもらえると分かりましたか。
あげる量など気をつけてあげれば栄養になり、猫ちゃんも喜びます♩

手作りのカッテージチーズは時期によりますが3日から1週間程度で食べきった方が無難です。カッテージチーズはカビが生えやすく、冷蔵庫で保管していてもすぐにカビが生えてしまうので注意してください。保存方法としては密閉容器に入れて冷蔵庫で保管すると良いです。

40代 女性 りゅう

先日、猫ちゃん用のチーズを見つけて購入してきました。前から飼い猫ちゃんにチーズを与えたかったのですが、人間のチーズだと塩分などが高いのでだめだと思い調べてみると、猫ちゃん用のチーズが売っていると知りました。
興味もあり、ネットではなく、近くの大きなペットショップに実際に行ってみました。すると、売り場には値段も種類も様々なたくさんのチーズがありましたが今回はシンプルなものを選んで買ってみました、猫ちゃんに与えてみるととても、喜んで匂いをかいでからぱくぱくと食べてくれました。買いに行った甲斐があってよかったです。
乳製品は体にいいし特にチーズは発酵しているので、腸にもいいのでしょうね。
栄養素もたくさん入っているので老猫にもおすすめです。

40代 女性 あひる

猫ちゃんにチーズは与えてもいいと最近知りました。
人間のチーズは、塩分が高いし与えてはいけないのですが、猫ちゃん用のチーズを買ってきて与えるといいのだそうです。友人にお試しに少し頂いたので、うちの猫ちゃんに与えてみました。とてもよろこんで食べてくれましたので、私もペットショップへ買いに行きました。
実家の猫ちゃんにもお土産に買いました。好き嫌いはあるようですが、たいていの猫ちゃんは喜んで食べてくれるようです。タンパク質やカルシウムも豊富ですし、猫ちゃんの体にもいいですよね。塩分もほぼ入っていませんし、乳糖は含まれていません。肥満の原因になるものは排除されているものの、量は気をつけて与えなければなりません。 

40代 女性 猫用チーズについて気付いたこと!

私も、猫用チーズを購入してあげていましたが
何となく疑問があり、自分が食べてみたら、人間用と同じくらいの塩分が入っていることがわかりました。


ここを読まれている方の中には、腎臓に気を遣うことから塩分を考慮して わざわざ猫用チーズを購入されている方から多いと思います。

私はそうでした。

どうか、皆さまも気をつけて選んでくださいね。

動物用だからといって、人間が食べて毒ということはありませんので、ご自分でも口に入れてみることを強くおすすめします。

私は、飲み込まないにしても、動物用のご飯は必ず一口自分が口に入れて、塩分を本当に控えているかどうかを確かめます。

日本には、動物用のご飯の基準が法的に甘いため、売れればいいといい考えに走ってしまうのかもしれません。
猫にとっても、人間と同じ濃い味付けにすると体には悪いけれど美味しいですから。

猫にも元々素材に含まれている程度なら塩分は必要です。しかし、体質的に人間よりも腎臓の弱い猫のことを本気で考えると、市販のご飯には、ありえない辛さのご飯が多いと思います。
人気のキーワード