アメリカンキューダのルーツや特徴、性格と飼い方について

アメリカンキューダのルーツや特徴、性格と飼い方について

「アメリカンキューダ」という猫を、知っていますか?日本ではほとんど知られていませんが、アメリカでは割と知名度がある猫種です。アメリカンキューダとはどんな猫なのか、そのルーツや特徴などについて、お伝えしていきます。

1202view

アメリカンキューダとは?

  • アメリカンキューダはエジプシャンマウに良く似ている猫
  • アメリカンキューダネズミなどの害獣駆除をしていた猫

アメリカンキューダは、エジプシャンマウに良く似ている猫だと言われています。元々は野良猫で、ネズミなどの害獣駆除を目的として作出された猫です。その為、どちらかというと野性に近い性質の猫種なので、ペットとして飼うのにはあまり向いていないようです。

アメリカンキューダのルーツ

ボーダー柄の服を着た猫

アメリカンキューダのルーツは、16世紀〜17世紀までさかのぼります。その頃、スペインからアメリカに向かう船の中に、ネズミ捕りとして乗せられていた猫が、アメリカンキューダの祖先だと言われています。猫たちはネズミを多く捕獲させる為に、水しか与えられていませんでした。その為、ハンターとしての能力が高められたようです。

アメリカに着いてから猫たちは放され、納屋に住みつき何世紀にも渡り、力強く生きてきました。1980年代に入り、害獣駆除に関して最高の能力を持つ猫を作り出そうと、テキサス州、オクラホマ州、ニューメキシコ州に生息する猫の実地調査が行われます。

その調査の名前が「Kitten Evaluation Under Direct Assessment」でした。この頭文字を取ると「KEUDA(キューダ)」となりますが、アメリカンキューダの名は、ここから来たようです。

調査によって、エジプシャンマウに良く似た猫がたくさんいる事が分かりました。ですが、エジプシャンマウの血がどこかで入ったのか、偶然にもエジプシャンマウに似ていたのかどうかは、分かっていません。このエジプシャンマウ似の猫が繁殖され、アメリカンキューダになったいう事です。

アメリカンキューダの特徴

お腹を出す猫

皮ひだ

アメリカンキューダの最大の特徴といえば、腹部と肘の後ろにある「皮ひだ」でしょう。この皮ひだがあることで、一歩の幅を大きくすることができ結果的に走行スピードを早めることができていると考えられています。この皮ひだが出来た理由には諸説ありますが、最も有力な説は獲物を捕獲するため走行スピードを早める必要があった故に発達したと考えられています。

まさにネズミ捕りとして長期間生き抜いてきたアメリカンキューダならではの特徴といえます。

大きさ

アメリカンキューダは体重2.5〜6kgと個体差によって体の大きさが違う猫種です。これは野生猫であるアメリカンキューダならではの特徴で、自分の力量によって食事量が変わるためだと言われています。つまり強ければ強いほど食べる量も増えて体も大きくなりやすいということです。

被毛

アメリカンキューダはやや薄い被毛で寒さに弱い猫種だと言われています。しかし、この薄い被毛のおかげで水に入っても特に問題なく動けるとも言われています。

そのため、アメリカンキューダは猫の中では珍しく泳ぐのが得意で水もへっちゃらな猫種なのです。ダブルコートではありますが、ともて滑らかで光沢のある薄い被毛はまるでシングルコートのように美しくはありますが、そのぶん寒さに弱いので室温には十分に気をつけてあげましょう。

そんなアメリカンキューダの被毛カラーはあらゆるカラーが認められています。多くのアメリカンキューダはグレーのようですが中には少々変わった被毛カラーや被毛パターンの子も存在しているようです。

アメリカンキューダはどんな性格をしているの?

タビー柄の猫

社交的

アメリカンキューダは猫には珍しく社交的で集団行動が好きな猫種と言われています。適応力も大変高く、見知らぬ子猫や見知らぬ猫がいても有効的に接してくれる一面もあります。そのため多頭飼いにも向いていると言えるでしょう。

過度なスキンシップが苦手

社交的なのでスキンシップなどもさぞ激しいのだろうと思いきや、意外にも過度なスキンシップは苦手で飼い主様とも一定の距離を保つことを好みます。逆に過度なスキンシップを強要してしまうと、ストレスを抱え込んでしまい体調不良を起こしてしまうことも。最も良いのは、家の中で好きに生活をさせておくことです。アメリカンキューダからよってきてくれれば構ってあげて、特によってこないのは放っておくというのが一番良いということです。

神経質で独立心が強い

アメリカンキューダは野生の血が色こく残っているのか、少々神経質で独立心が高い傾向もあります。警戒心が強く、神経質であるため飼い主様に必要以上に構われることが苦痛で仕方がないようです。そのため、あまりにもべったりとくっついてしまうと嫌われるだけではなくストレスによる体調不良の原因となることもありますので注意をしましょう。

仲間思いで情に厚い

とても神経質で情に厚いという言葉だけを聞くと、なんだかクールで薄情なイメージを持つかもしれませんが仲間に対しての愛情はとても深く、小さな子猫の面倒をよく見るだけではなく、弱っている猫に対して心配をしてあげたり、快方をしてあげることもあります。また、猫に対してだけではなく飼い主様が落ち込んでいたり、体調不良で寝込んでいる時も気遣ってくれる一面を見せてくれます。そんな仲間思いな一面は、集団行動をしていたアメリカンキューダならではの特徴ともいえます。

運動神経が良く活発

アメリカンキューダは大変活発で運動神経も良い猫種です。そのため飼い主様と遊ぶのが好きなだけではなく、時には水遊びを楽しむことも。ストレス解消のためにも多くの運動が必要であるため、アメリカンキューダが満足するまで遊ぶ時間を確保してあげるのと同時に、1人でも遊べる工夫を室内に行うことが大切となってきます。

アメリカンキューダを手に入れるには?

猫の顔アップ

アメリカンキューダのブリーダーは、世界的にあまり存在しないようです。ブリーダーがいないという事は当然、ペットショップで販売していることもほぼないでしょうから、現状で手に入れるのは非常に難しいと考えて良いでしょう。

残念ですがあまりペット向きではない性質を考えると、無理に飼わない方がお互いの為なのかもしれません。ですから、アメリカンキューダの市場価格は分かりません。もしどうしても飼いたい場合は、似ていると言われているエジプシャンマウを狙ってみてはいかがでしょうか?エジプシャンマウでしたら日本にブリーダーがいますので、手に入れやすいです。

まとめ

エジプシャンマウ

ネズミ捕り名猫のアメリカンキューダ。走るのが早く、動きも俊敏なのでしょう。一度その狩猟能力を、見てみたい気がしますね。残念ながら日本では見るのが難しそうなので、アメリカを訪れた際に是非、探してみたい猫種です。

投稿者

40代 男性 しげる

アメリカンキューダは、飼うことができないのですね。
ネズミを捕るのが上手なのですか。野生に近いと捕まえるのが大変なのでもし飼うことができても病気になったときなどに、獣医さんにみてもらいたくても連れて行けないですものね。ごはんは、雑食なのでしょう。カリカリだけでは物足りないと言われるかもしれません。古い民家ではネズミを捕ってくれるのでいいかもしれませんね。
投稿者

30代 女性 みきこ

アメリカンキューダは、知りませんでした。
しかし、調べてみると楽観的で集団行動も得意だそうですが、飼われることには向かないみたいですね。運動神経が抜群なようなのでかなり遊べる場所が必要ですね。
人に甘えるのは大好きなので可愛がりたくなりますね。過度なスキンシップはストレスになってしまうようなので、要注意ですね。
他のペットちゃんと飼うのも向かないみたいですので、やはり船のなかでネズミ取りを担っていたくらいですから自由に生きていたいのでしょうね。
容姿もいいし、スマートですが、個体によっては6Kgある子もいるそうなので、食べる量によりますね。

スポンサーリンク