ペットフレンドリーなオフィスが登場!

ペットフレンドリーなオフィスが登場!

一人暮らしであってもペットを飼っている人が多いのが現代社会です。しかし、飼い主が多忙であるためペットたちは留守番を余儀なくされてしまいます。もしペットを会社に連れて行けたら、ひとりで留守番させるよりもずっと安心ですよね。

1003view

株式会社シロップのペットフレンドリーオフィス

株式会社シロップがペットフレンドリーオフィスを完成させました。具体的にどのようなオフィスなのかというと、犬や猫の動き、音や臭いそして温度調整に至るまでの事柄について細やかに配慮しているオフィスです。
猫に関して言えば、執務室にキャットウォークやキャットタワーが完備されているため職員が安心して仕事に打ち込めるだけでなく、猫も飼い主が側にいる環境で遊ぶ事の出来る素晴らしい会社環境なのです。

株式会社シロップは2019年をペット元年と称し、「人と動物が共に生きる社会をつくる」という目標を掲げ達成しようと動いています。その第一歩が、このペットフレンドリーオフィスなのです。

ペットフレンドリーオフィスの施設

エントランス

エントランス

お客様を迎えるために欠かせないエントランスには、猫の臭いを吸収する素材を壁に組み込んでいます。

通常、ペットのいる空間は換気や空気清浄機を設置していても強い獣臭さが残ってしまいます。しかし、吸収効果の高い素材をエントランスに使う事によってお客様に不快な思いをさせないように工夫されています。

猫専用スペース

猫専用スペース

オフィス内には猫専用のスペースが設けられています。ここには、キャットウォークやキャットタワーを備え付けているため猫の隠れ家的な役割を果たしています。

また、猫専用スペースの壁面には高い殺菌と消臭効果のある漆喰が使われています。漆喰はアレルゲンへの対策にもなるため、猫だけでなく人間にとっても心地よいスペースとなっています。

撮影スタジオ

お客様の猫ちゃんを撮影する際に使うスタジオには、壁と天井に殺菌作用と調湿機能を持たせています。また、緊張している猫ちゃんを癒すためにベンチには丸穴が空いています。ここが基本的な猫ちゃんの休憩スペースとなります。

ペットフレンドリーオフィスに求められる事

犬と社員

ペットフレンドリーオフィスに求められる事は3つあります。ひとつは、飼い主が仕事に集中出来る事です。ペットたちの鳴き声の軽減や、プレイスペースを設ける事で飼い主の精神的な不安を軽減させました。

次に、猫にとって安全でストレスフリーな環境である事です。人にとって快適な環境だけでは、猫に大きな負担を掛けてしまいます。なので、ペットのいるオフィスは動物たちにとっても居心地の良い場所である必要があります。

猫の習性や性格を理解した上で玩具を設置しています。
最後に、動物が嫌いな人への配慮です。基本的に、人間と動物のいる環境を分けているので動物嫌いな人への配慮も万全です。

まとめ

全体図

ペットフレンドリーオフィスは、猫や犬などのペットと共に生きる現代人にとって画期的な取り組みとなると考えます。

スポンサーリンク