まさに招き猫!猫が起こした奇跡のエピソード3つ

まさに招き猫!猫が起こした奇跡のエピソード3つ

昔からお店の商売繁盛を願って招き猫が置かれたりしますが、実際に本物の猫にも人間を助けたり、人と人に出会いをもたらす、気持ちを癒すなど、何か不思議な力があるように思えます。今回はそんな大きな奇跡から小さな奇跡まで猫達が起こした不思議な出来事についてまとめました。

668view

1. ホームレスの人生を変えた猫ボブ

ギターと猫

これはイギリスで起きた実話で、この出来事に登場する猫ちゃんは、まさにヨーロッパ版幸運の招き猫といった感じです。このエピソードに登場するジェームズ・ボーエン氏はこの幸運の招き猫の飼い主であり、現在では有名人です。しかし今のような活躍をする以前は薬物中毒に陥り、ストリートミュージシャンをしながら路上生活者として暮らしていました。

そんなボーエン氏が2007年に出会ったのが一匹の茶色の野良猫(ボブ)でした。ボブは肢に怪我をしていたのでボーエン氏は手当をしてあげましたが、彼の当時の収入は1カ月で25ポンド(日本円で3192円)ほどしかなく、とても猫を養うことはできない状況でした。そこでボーエン氏はボブの脚が完治してから安全な公園に放してあげることにしたそうですが、ボブはボーエン氏から離れようとせず、バスに乗っても追いかけてきたそうです。

この猫もどこにも行くところがないのかも・・・とボブに自分の人生を重ねたボーエン氏はそれから猫と一緒に活動し始めます。すると路上演奏中にハイタッチをしたり、ギターの上に乗ったりするボブの可愛らしさに次々に聴衆が集まり、ついにはそれに注目した出版社からボブとの話を本にしてみないかと持ちかけられます。

そして実際に出版されたA street Cat Named Bob(ボブという名のストリートキャット)がなんとベストセラーとなり、ボーエン氏の人生はホームレス生活から一変してしまったのです。日本でも数年前にこの話を映画化した「ボブという名の猫幸せのハイタッチ」が公開されました。このようにボブは一人の人生を救い一変させた幸運の招き猫と言えるでしょう。

2. 伝書鳩ならぬ、伝書猫が繋いだ心温まるやりとり

首輪に手紙を付ける猫

こちらのエピソードは見知らぬ人同士を猫が繋ぎ、その心を温かくした出来事です。見知らぬ猫が家の庭にやって来ることはわりとあることですが、このエピソードに登場する方の家にも頻繁に遊びに来る猫ちゃんがいたそうで、どこの猫ちゃんなのか野良猫なのか分かりませんが、クロちゃんと名前をつけて可愛がっていたそうです。

するとある日、この通称クロちゃんが家に首輪を付けて遊びに来たそうで、飼い猫なのだということが分かったこの方は、クロちゃんの飼い主さん宛てに、ここによく遊びに来ていることなどを書き、首輪に付けて送ったそうです。

すると翌日、なんと首輪の手紙に返事が書かれており、本当の名前はダイズちゃんであることや、これからも仲良くしてほしいということなどが書かれていました。それから6~7年が経ち、残念なことに2017年にダイズちゃんは永眠したそうですが、SNSのやりとりを通し、手紙を付けて送った方にもそのことが伝えられたそうです。

そこには可愛がってくれたことへの感謝や、当時ダイズちゃんが起こした小さな奇跡が家族で話題になっていたことなどがつづられていました。猫は人生を変えるような大きな奇跡だけでなく、日常の中の出会いなど、小さいけれど素晴らしい出来事にめぐり合わせてくれる生き物なのかもしれません。

3. お店の看板猫トラさんが教えた素性

看板猫

東京の表参道にあるオリジナルジュエリーショップ「Alice in Tiny room」というお店にではオス猫トラさんが看板猫として働いています。このトラさんは商品には一切触れない、爪とぎも決められた所でしかしない、猫好きと猫嫌いのお客さんを見極めて接客するなど、プロの店員さん顔負けの猫ちゃんですが、元々はお店の周辺全体で面倒を見ていたいわゆる「地域猫」だったそうで、このお店に居着く前にどんな素性だったのかはショップのオーナーさんも知らなかったそうです。

また、トラさんは可愛いですが、元々どこから来たのかも知らないままトラさんを預かることに、オーナーが一抹の不安を持っていたそうです。そんなある日不思議な出来事が起こりました。ジュエリーショップのオーナーがある人とすれ違った時、それを見計らっていたかのようにトラさんが現れたのです。それがきっかけとなって分かったのですが、なんとその人はトラさんの面倒を以前みていた人で、トラさんの生まれた場所や素性なども教えてくれたのです。

なんでもトラさんはメキシコ料理店の庭で生まれましたが、そのお店が移転してしまうことになり、その後、その人がお世話していたのだとか。しかも奇跡はまだ続き、さらに驚いたことにその人の経営する焼き鳥店はその日で閉店する予定になっており、今日を逃せば永遠にトラさんの素性を知ることはできなかったということだったのです。

もしかしたらトラさんはオーナーの素性が分からないということに対する不安を感じとり、それを解消すべく、前にお世話してくれていた人に巡り合わせてくれたのかもしれませんね。また、トラさんはこんな風に人の気持ちを敏感に感じ取れるので、お店の看板猫としてもお客さんを引き寄せる存在、つまり幸運を呼ぶ招き猫になっているのではないでしょうか。

まとめ

ユキ

いかがでしたか?猫ちゃんは海外から日本まで大小様々な奇跡を起こしているようですね。また、このように不思議なパワーを持っているため、昔から本当に福を呼ぶと信じられているのかもしれませんね。

スポンサーリンク