命の恩人について行く3匹の子猫が話題!行進は幸せの道に続いていた

命の恩人について行く3匹の子猫が話題!行進は幸せの道に続いていた

カラスに襲われて救出された3匹の子猫。命の恩人の後を縦一列に整列し必死に追いかけます。保護に温かい声が続々。そして先住猫も含め全員の猫の幸せを考えた行く末に温かい涙が。

2867view

猫の恩返し!?カラスに襲われてピンチの子猫を助けたら…

看護師しまじろう(@BlackBox514)さんがコンビニに行こうとしたところ、カラスに襲われている大ピンチの3匹の子猫ちゃんに遭遇。

周囲には親猫もいなかったので、看護師しまじろうさんがカラスを追い払って無事救出されました!

危ないところだった子猫ちゃん達、本当に良かったですね。

さて、九死に一生を得た3匹の子猫ちゃん。

「守ってくれたこの人について行くって決めたニャー!」と言わんばかりに、綺麗に縦一列に整列しヨチヨチ行進。看護師しまじろうさんの後をついて歩き始めました。

んも~~。こんな可愛らしい行進がついて来たら…

看護師しまじろうさんは既に2匹の猫さん達と暮らしていましたが、一列に並んで必死に後をついて来る目の前の小さな小さな命を見捨てることはできず、まずは保護することを優先して連れて帰ります。

3匹は、しらたまちゃん、きなこちゃん、アンコちゃんと可愛らしいお名前をつけてもらいました。

すると、子猫ちゃん達からのささやかな恩返しでしょうか。看護師しまじろうさん、アイスが当たったようで…!

宝くじや馬券ではなく、アイスというところがまたほっこりポイントですが、この一連のお話をSNSに投稿すると、42万件以上のいいねがつく大反響となりました。

温かな心の交流、愛猫家の皆さんから協力や応援が続々

こちらの一連の保護劇に「保護してくださってありがとう」「どの子も幸せになってほしい」「アタリ前の行動で当たり棒が」「優しい方でよかった」と多くの声が寄せられました。

筆者宅で幸せそうにゴロゴロしている愛猫も元捨て猫。保護してくださった方のおかげで譲渡会を通じご縁が繋がりましたので、今日もどこかで不幸な猫を救ってくださる方々に感謝の気持ちでいっぱいです。何かできることがあれば…と、筆者もいつも思いますが、このような気持ちになるのは愛猫家同士の自然な気持ちなのでしょうか。

3匹の猫ちゃん達の為に、餌や猫グッズなどを送ってくださる方々もいらしたということです。

お互い顔はわからない同士ですが「可愛い猫の尊い命を救いたい」という気持ちで繋がれたり、共感し合えるのは素晴らしいことですね。

猫を保護するということは勇気や決心も必要ですし、時には負担や責任を考え躊躇してしまうこともあると思いますが、このような輪が広がり、精神的にも物資的にも助け合いの風潮が高まって行けば、もっと多くの猫が救われる日が来るのではないかと期待できそうですね。

本当に本当にありがとうございます。見ず知らずの私達のために、こんな良い方達と出会えて幸せものです。

出典:看護師しまじろうさんツイートより抜粋

涙!3匹の子猫、それぞれの幸せの道へ

今後のことを悩んだ看護師しまじろうさん。

看護師しまじろうさんのお家には、元々保護猫だった先住猫のトロ助くん、チョロ助くんがすでにいたためです。

この子達がかなり警戒してしまったということで全部の猫ちゃん達が幸せになれる方法を検討。

その結果、信頼できる近場のお知り合いのお宅で、しらたまちゃん、アンコちゃんを飼って頂くことになりました。

まずは命の保護。その後は先住猫との折り合いや責任を持って飼える数を検討、新旧全員の猫の幸せを考えた選択、大変参考になりますね。

こうして、しらたまちゃん、アンコちゃんは新しい飼い主さんの元へ。

絨毯をもみもみする、しらたまちゃんとアンコちゃんはこちら。

しらたまちゃんは夜一緒に寝ないとミーミー鳴く子だったそうで、一緒に寝ていたという看護師しまじろうさん。

そんな甘えん坊で寂しがり屋のしらたまちゃん。あの日、頼れるのはこの人だと、縦一列になって必死でついて来た看護師しまじろうさんから離れる時も、ミーミー鳴いてしまったそうです。

しらたまちゃんは渡すときに捨てられてた時と同じくらいミーミー鳴いてホント心が痛みました。次は捨てられるんじゃなくて大切にされるから安心してていいんだよ。しらたまちゃん。

出典:看護師しまじろうさんツイートより抜粋

看護師しまじろうさんから、人の優しさと温かいぬくもりをたくさん貰ったしらたまちゃんです。きっと新しい飼い主さんにすぐに慣れて、たっぷり甘えて幸せに暮らしていることでしょう。

きなこちゃんはそのまま看護師しまじろうさん宅の子に。先住猫さん達と仲良くなれる日が来るといいですね。

お別れは寂しいですが、3匹の幸せへの第一歩ですものね。

救って貰った3匹の尊い命、たくさん愛されて命の限り幸せな猫生が続きますように☆

まとめ

カラスに襲われて大ピンチのところを助けてもらった3匹の子猫ちゃん。カラスから守ってくれた看護師しまじろうさんのことを「この人だ!」「ついて行くって決めたニャー」と綺麗に縦一列に並んで必死に後をついてきたことで保護。とても可愛らしいこの様子がSNSでも大きな話題となり、子猫ちゃんの可愛らしさや看護師しまじろうさんの心の優しさに癒されて幸せな気持ちになった方がたくさんいらっしゃいました。

そしてこの保護をきっかけに、ピンチに遭遇した3匹はそれぞれの新しい幸せの道へ。

このような保護シーンに遭遇した際、できることなら救ってあげたいと思っても、保護することの難しさ、今後のこと、責任、費用、先住猫がいる等、躊躇する要因がたくさんあるのも事実です。

今回、応援する声や支援が続々とあったことも嬉しい兆しであり、愛猫家同士の助け合い、保護団体との連携など、保護することのハードルが下がっていくような術が見いだせる日本になっていくと良いと感じました。

※この記事に使用している投稿は、投稿者の許諾を得て掲載しております。


看護師しまじろうさん、しらたまちゃん、きなこちゃん、アンコちゃん、このたびはご協力頂き誠に有難うございました!

看護師しまじろうさんのツイッターアカウントはこちら!

スポンサーリンク