柵の上でプルプルしている猫を室内からヒソヒソ話する猫達が大反響!

柵の上でプルプルしている猫を室内からヒソヒソ話する猫達が大反響!

細い柵の上でプルプルして立ち往生する猫がやっとの思いで着地すると、あからさまにヒソヒソ話している室内の猫達に気づきヘコみます。翌日、ボス猫の意地にかけリベンジに挑むものの室内の猫達の反応はいかに!?

934view

柵の上でプルプルしていた猫、あからさまなヒソヒソ話に落ち込む

柵の上で足がすくみプルプルしている猫さん。怖くて腰が引けていますね。細くて足場が悪い柵に乗ってしまったことを明らかに後悔している雰囲気です。

コンドリア水戸さんがこの動画をSNSに投稿すると、ツボに入った人続出で18.7万いいねの大反響になりました。

「サーカスに入団予定なんてないのに、俺こんなところで何やってるんだろう。ハマったな、こ、怖い」と困っている猫さんの心の声が聞こえてきそうです。

このプルプル猫さんは、よく現れる近所のボス的存在の気の強い猫さんとのこと。でもちょっぴりうっかり屋さんで可愛いのだとか。

この日もほんの出来心で後先考えずに乗ってしまったのでしょうか。細い柵の上でプルプルと立ち往生ですっかりボスオーラを消していらっしゃいます。

レアなバックを試みるもうまくいかず、プルプルしながら進むか勇気を出して飛び降りるか、さてどうする!?プルプルさん!

思わずこちらも固唾を飲んで見守ってしまいますが、なかなか決心がつかない様子のプルプル猫さんがついには意を決して飛び降りチャレンジ!華麗な着地とは言い難いフォームでしたが、どうにか無事に着地します。

す、すると!

この一部始終を室内から見ていた猫さん達が、あからさまにヒソヒソ話しています。

(妄想1)こんな感じ?

「なんとか自力で下りた模様」
「だってあの高さでしょ。猫なのにダサ」
「あら聞こえるわよ、お声が高い」

(妄想2)そんな感じ?

「バランスの悪い着地だった。減点大きいよ」
「大技だけど芸術点はかなりいくんじゃないか」
「いや、華麗さはないな」

そして、着地してやれやれな猫さんと、ヒソヒソ話をしていた3匹の猫さんが窓越しにご対面。

プルプル猫さんは一部始終を見られていたことを知りヒソヒソ噂されていた恥ずかしさからか、「面目ない」と落ち込んで切ない表情になってしまいます。ヒソヒソ話をやめた猫さん達の冷ややかな視線が痛い…。

動画はこちらです!

リベンジ!昨日とは違う生まれ変わった俺を見てくれ

なんと翌日。昨日プルプルしていたボス猫さんがわざわざリベンジしに再来訪されたそうです。

「昨日はたまたま調子が悪かったけど、今日の俺はひと味違う、みんな生まれ変わった俺を見てくれ!」と、懲りずに細い柵の上を歩いています。

彼の中では颯爽とウォーキングしているイメージなのでしょうか。昨日の学習効果か今日は一歩一歩慎重な歩みながらも、プルプルしていた昨日の俺とは確かに一味違います。

見事渡り切って庭に着地すると、「どうよ?」と窓越しにドヤ顔を向けてきます。

しかし、昨日は噂話に花が咲いていたのに今日の室内の3匹の反応はいまいち。俺頑張ったのに話題にすらのぼっていない模様。

あれ?と思った昨日のプルプルボス猫さんは、耳や顎をかきかきして「余裕の俺」を演出し「ちゅーもーく」とちらりと室内に視線を送るものの室内の3匹の反応はいまいちでした。

その動画はこちら!

そして、拍手喝采がなくて不完全燃焼な俺は再び切ない表情に…。

俺はただただ「いいね!」されたかっただけ。

まとめ

柵の上でプルプルしていた猫さんは「イケてない俺」を一部始終見られてしまったことをあからさまにヒソヒソ話されて、落ち込んで切ない表情になってしまいます。

しかし、ボス猫としてのプライドもあったのか、翌日には怖かった柵ウォーキングのリベンジに再来訪するその不屈の精神に拍手を送りたいと思います。翌日のウォーキングは確かに学習効果を感じられる安定感のある歩みでしたが、ドヤ顔を向けても昨日とは一転、室内の3匹の反応がいまいちでガックリ。

今日もヒソヒソと「かっこいい~」「さすがね」「やるじゃん」と噂されることを想定していただけに、不完全燃焼で再び切ない表情になってしまう猫さんなのでした。

※この記事に使用している投稿は、投稿者の許諾を得て掲載しております。


コンドリア水戸さん、このたびはご協力頂きまして誠に有難うございました!

コンドリア水戸さんのツイッターアカウントはこちら

スポンサーリンク