冬の『猫のノミ対策』はやらなくても大丈夫?

冬の『猫のノミ対策』はやらなくても大丈夫?

猫ちゃんのノミ対策はしておりますでしょうか。冬の寒い中でも必要なのか飼い主さんも迷っている方は多いのではないでしょうか。今回はこのテーマについて調べてみました。

509view

冬でもノミ対策?

体を掻く猫

猫ちゃんと暮らしていると、気を付けなければいけないのがノミ対策です。寒い気温である冬にも対策をする必要がるのか、飼い主さんもなんとなく悩んでいる方がいらっしゃるのではないのでしょうか。

しっかり対策をすることは必要ですし、その知識だけでも今把握しておくことは大切です。うっかり繁殖してしまうと猫ちゃんだけでなく、人間にも害を及ぼす危険性があります。ぜひチェックしておいてください。

冬にノミ対策は必要なのか

冬の猫

結論から言うと必要です。ノミは春から梅雨にかけて、そして秋にむけての時期が最も多いのですが室内で1年中繁殖する生き物です。

ノミの成虫は普段はカーペットや畳の下、もしくは家具の下などにいて血を吸う時に寄生しようとします。よってノミの卵や幼虫はその辺に生息しています。

ノミは乾燥と寒さに弱く、冬は繁殖しないと言われてきました。しかし、対策は季節に関係なく必要です。飼い主さんの方が外からノミを運んでくる可能性もあります。室内飼いとはいえ安心せずに対策をしっかりしておきましょう。万が一ノミが繁殖すると人間も刺されてしまいます。

ノミのチェック

猫ノミをチェックする人

ノミが猫ちゃんに寄生していないかどうかは、飼い主さんが見つけてあげなければいけません。体を頻繁に掻いたりしていないかどうか、観察しておいてください。ふわふわの毛をかき分けて、首筋やお腹などにノミやノミの糞(黒い塊のようなもの)がないか、目視で見つけるようにしましょう。発見した場合は慌てる必要はありません。

洗面器に中性洗剤を少し入れておいたものを用意し、ノミとり櫛でノミをすくいとってあげて下さい。ホームセンターなどで販売されています。その櫛をそのまま洗洗面器の水にひたし溺死させます。爪でつぶさないように注意して下さい、ノミの卵がとびちってしまい、そこから繁殖してしまう可能性があります。

対策

ノミ取り櫛をしてもらう猫

家庭でできる対策としてはノミ取り用のシャンプーやノミ取り液、ノミ取り用の首輪などがあります。猫ちゃんに使用することでノミを駆除することに一役を買ってくれますが、猫ちゃんの肌につくものなので比較的弱い効力で構成されています。

また飼い主さんができることとして、徹底的な掃除も有効です。ノミが発生しにくいようにしっかり掃除をして換気を行い、湿度をあげないようにしましょう。そして通っている病院で相談することも大切です。猫ちゃんの対策にもアドバイスいただけますし、万が一発生した場合は治療が必要です。

まとめ

コロ

ノミの駆除には飼い主さんの知識と根気が必要なことが分かりました。一度発生してしまうと厄介ですので、こまめな掃除を心がけましょう。猫ちゃんと飼い主さんの双方の健康のためにも大切です

スポンサーリンク