与えすぎNG!猫にいわしを与える時の注意点

与えすぎNG!猫にいわしを与える時の注意点

いわしを食べようとしたら、猫が匂いに誘われて欲しがるので困る、なんてことありますよね。魚が大好きなイメージの猫ですが、いわしを猫にあげる際には注意が必要なんです。猫にいわしを与える時は、どんなことに気をつけたらいいでしょうか?

241view

猫にいわしを与えるのは注意が必要

椅子に座ってテーブル越しにこちらを見る猫

飼い主さんがいわしを調理したり、食べていると猫が欲しがるなんてこと、ありますよね。この時、少しならと、猫にいわしをお裾分けしていませんか。

猫は魚が大好き。キャットフードにも魚は使われています。猫はいわしを食べてはいけないというわけではありませんが、いわしを与える際には注意が必要です。

焼き魚を与える際の危険性や注意点については、こちらに詳しく書かれているので、ご覧下さい。

いわしを与えてもいい頻度の目安

蝶ネクタイをした猫と吹き出しの魚のイラスト

猫ちゃんが欲しがっても、いわしを常食させるのはやめましょう。いわしを与える場合は、時々おやつ程度にします。

食べてもいい頻度は猫の体質や年齢、体の大きさによっても異なりますが、初めていわしを与える時は、ごく少量から与えて下さい。いわしを与えてみて、体調に変化が見られたら、獣医さんに相談しましょう。

キャットフードにいわしが使われているものがありますが、キャットフードは栄養バランスを考えて作られているので毎日食べても心配ありません。

猫にいわしを与える時の注意点

缶詰を抱えて噛みつく猫

塩焼きや煮付けはNG

猫にいわしを与える際は、塩焼きや煮付けは、与えないで下さい。猫には人間の食べ物は塩分が多過ぎてしまいます。スーパーなどで販売されている調理済みのいわしも塩分過多になります。

鰯の缶詰も味が濃いので猫には与えないようにしましょう。人間用の缶詰は、水煮でも食塩が使われています。缶詰のいわしを与える場合は、猫用のものにしましょう。

猫にいわしを与えるなら、塩や醤油などの調味料は使わず、焼いただけか水で煮ただけのものにしましょう。少しだけなら、という考えで人間用に味付けしたいわしを与えると、猫の腎臓に負担をかけてしまいます。

いわしを与える時は、食中毒を起こす危険性があるので、必ず中までしっかり火を通しましょう。

小骨を取る

いわしの小骨は、猫が飲みこんで喉や胃などを傷つけてしまうことがあるので、取ってから与えましょう。飼い猫はキャットフードをメインに食べていることが多いので、魚を食べ慣れていません。

そのため、魚の骨を残すことが苦手です。いわしを与える際は、飼い主さんが骨がないか確認してあげて下さいね。

柔らかく調理する

猫の手作りご飯でいわしを使う場合などは、内臓を取り、フードプロセッサーにかけてミンチ状にしてから調理したり、茹でてほぐしてから調理するのがおすすめです。

いわしに似た魚ににしんがありますが、にしんでも手作りの猫ご飯をつくることができます。ただ、骨が多いのでご注意を。

いわしを使った手作りご飯は、それだけで猫に必要な栄養を満たすのは難しいので、普段は総合栄養食を与え、周に1回程度与えるくらいにしましょう。インターネットでは、いわしを使った手作り猫ご飯のレシピも多数紹介されています。

無理に与えない

猫が欲しがらない時は、無理にいわしを与えるのはやめましょう。中にはいわしを食べない子もいます。猫はいわしが大好きなイメージがありますが、本来猫は魚を主食とする動物ではありません。

猫が獲物としていたのは、ねずみなどの小動物です。猫が魚を食べるのは、日本のように魚が捕れる地域のみで、人間の食生活に合わせていわしなどの魚を食べるようになったのだそうです。

おやつ程度に与えること

いわしなどの青魚は、猫の体に必要な栄養素を含んでいます。いわしも少量なら与えて問題はありません。

ただし青魚は、DHAやEPAなどの不飽和脂肪酸が多く、 摂取し過ぎると「イエローファット(黄色脂肪症)」という皮下脂肪や内臓脂肪に炎症が起きる病気を引き起こします。いわしをあげる際は、ごく少量、おやつ程度にして下さいね。

人間用に味付けをしたいわしを食べてしまったら?

白いお皿から水を飲む猫

煮付けや塩焼きなど、猫が人間用に味付けされたいわしを食べてしまったら、塩分濃度を薄めるために新鮮な水を飲ませましょう。

また、骨を飲み込んでいないか、様子を見ます。少量なら問題ないことが多いですが、骨が内臓を傷つけることもあります。骨が喉に刺さっている時は、口を開けたままだったり、よだれを垂らしたり、口の周りを気にするそぶりを見せます。

心配な場合は動物病院でレントゲンを撮って確認してもらいますが、その際、いわしをいつ、どれくらい食べたのか獣医さんに説明できるようにしておきましょう。

いわしは味を付けずに少量を

ザルに乗せられたいわし

猫は魚が好きなイメージがありますが、本来猫はねずみなどの小動物を獲物としていました。魚は無理に食べなくても良く、特にいわしなどの青魚は食べ過ぎると「イエローファット(黄色脂肪症)」という病気を引き起こすこともあるので注意が必要です。

人間用に味付けされたいわしは、塩分過多も心配です。でも、いわしが大好きな猫ちゃんは多いですよね。いわしを与える場合は、ただ焼くか似ただけのものをおやつ程度にしましょう。

スポンサーリンク