猫が「かまってほしい」と思っているタイミング4つ

猫が「かまってほしい」と思っているタイミング4つ

猫は気まぐれで感情豊かです。飼い主さんに「構って欲しいにゃ〜」と思うことが度々あるよう。タイミングはその子によって違うでしょうが、一般的な時を4つ、挙げてみました。見逃さずにしっかりと捉えて、猫とラブラブしちゃってくださいね。

1612view

1. 飼い主さんが帰宅したとき

飼い主を待つ猫

留守番してた猫はその時間が長ければ長いほど、飼い主さんに甘えることが多いのだとか。孤独に強そうでも、やはりシ〜ンとしている家にいると寂しさを感じるのでしょう。

玄関でお出迎えしてくれることもあります。そんな時はたくさん構ってあげると良いでしょう。特に猫が近寄ってくる場合は、ナデナデしてあげてください。心が満たされればまた、留守番を頑張ってくれるでしょう。

2. 飼い主さんが集中しているとき

スマホを見る飼い主と猫

テレビやスマホなど、飼い主さんが思わず集中してしまうものが家の中にはたくさんあります。猫は自分の方を向いていてくれないと不安になってしまうのです。

「忘れられてにゃいよね…?」と構われたくなるようです。どうにかして関心を引こうと、必死にアピールします。表情にはあまり出てませんが、きっと心中は穏やかでないはず。

少しでも良いので、猫の方を向いてあげてください。撫でるなどすれば、満足してくれるでしょう。意外と寂しがりなので、構ってあげてください。猫なりのプライドもあるのでしょうが…。

3. 寂しくなったとき

寂しい猫

例えば目が覚めて周りに誰もいなかった時、思わず寂しくなって「構って〜!」と飼い主さんを探し求めることがあります。悲しげに鳴きながら、歩き回ることでしょう。

甘えん坊の猫に、あるあるな傾向です。飼い主さんの姿を見つけたらすかさず側に寄り、構って要求を繰り広げるでしょう。

確かに寝る前はオーナーさんがいたはずなのに、目覚めた時にいなかったら寂しさを感じるのは分かります。そんな可愛い猫が近寄ってきたら、たくさん可愛がってあげてくださいね!

4. 眠いとき

睡魔に襲われる猫

眠くなると構って欲しがる場合も。眠るまで撫でを要求する猫もいます。手が止まると鳴いて、「構ってよ〜」と言い出すのです。

飼い主さんの側に来て、しばらくウトウトすることも。そして本気で寝る時が来ると、お気に入りの寝床でぐっすり眠ります。またはそのまま自分の身を任せるかのように、無防備な寝相になる場合も。

オーナーさんを母猫だと思っている猫は多いので、やはり近くにいると安心するのでしょう。構って貰っているとよりホっとして、眠りやすくなるのだと思われます。

まとめ

うに

猫は本当に気まぐれなので、次にいつ「構って欲しいにゃ」と思うか分かりません。飼い主さんが絡みたくても、その気がなければ迷惑そうな顔をされてしまうでしょう。

ですから、タイミングを逃さないことが大事なのです。その時をバッチリ、捉えていきましょう!!

スポンサーリンク