猫の気持ちを理解してない飼い主がしているNG行動5つ

猫の気持ちを理解してない飼い主がしているNG行動5つ

当たり前ですが、猫と人間では、物事への感じ方が異なります。飼い主さんの感覚では大丈夫でも、猫は敏感に反応する場合もあります。猫の気持ちに鈍感な飼い主さんが、しがちな行動とは?チェックしていきましょう。

2013view

1. 大きな音を立てる

大きな音を聞く猫

猫は大きな音が苦手です。飼い主さんが度々立てる大きな音に、いちいちビクビクしているかもしれません。どうしても、何かを落として大きな音を立ててしまうことは、あると思います。

ですが猫と暮らす以上は猫のストレスにならないよう、なるべく大きな音を立てないように、気をつけてあげましょう。

2. しょっちゅう来客を連れてくる

来客と猫

猫は見知らぬ人に警戒心を抱きます。一部、人見知りをしない猫もいるのですが、ほとんどの猫は、見知らぬ人がくると警戒して、ストレスを感じます。

とは言え、飼い主さんの生活もありますから、全く来客を控えることは、難しいでしょう。あまり頻繁にならないよう、注意してあげてください。

そして来客はあった際に猫が隠れていたら、無理やり引っ張り出して来客に猫を見せないように、注意してあげてましょう。隠れている猫を引っ張りだすと、猫のストレスになってしまいます。

3. リラックスタイムを阻害する

迷惑そうな猫

猫には猫の、ペースがあります。猫がリラックスライムを満喫しているのに、それを阻害するのはあまり喜ばれないでしょう。

もちろん、猫が受け入れてくれるならOKですが、迷惑そうにしていたら、しつこく構うのはヤメましょう。本当に嫌な場合、引っ掻いたり噛んだりして、拒否されることも。ケガをしては大変です。

なるべく猫のリラックスタイムには邪魔をせず、まったりさせてあげましょう。

4. トイレが汚い

トイレに座る猫

トイレにこだわりを持つ猫は多いです。特にトイレが汚いと、トイレを我慢して病気になってしまうかもしれません。

また、「トイレ汚いよ!」と抗議で粗相する場合も。衛生上も良くありませんので、トイレはキレイに保ってあげてください。

ご存知の通り猫の排泄物は匂いがキツイので、粗相されると後が大変です。猫のお気に召すように、キレイなトイレを提供してあげてくださいね。

5. 構わない

猫とタブレットに夢中な人

猫は意外と、寂しがりやで甘えん坊です。いつもは素っ気なくても、飼い主さんに甘えたい気分の時もあるのです。

そんな時に飼い主さんが全く構ってくれなかったら、猫は寂しい思いをしてしまうでしょう。自立しているように見えても、実際は飼い主さんとの適度な触れ合いを望んでいますので、特に猫が望んできた場合は、構ってあげましょう。

まとめ

がっかりする猫

猫は人以上に繊細な生き物だということを、忘れてはいけません。人の都合を押し付けては、猫がストレスを感じてしまうのです。お互い幸せに暮らすには、飼い主さんが猫の気持ちに配慮してあげましょう。

スポンサーリンク