飼い主をバカにしている猫の行動3つ

飼い主をバカにしている猫の行動3つ

猫が人をバカにするとはどのようなことなのでしょうか?そして、なぜバカにされてしまう人がいるのでしょうか?今回はバカにされてしまう飼い主さんをテーマにご紹介いたします。

28213view

猫が人を馬鹿にしているサイン

笑う猫

猫と暮らす飼い主さんは、よく「猫の下僕になる」という表現を使います。これは愛猫と良好な関係を築けている中での立ち位置でしょう。良い意味で猫に尽くし、猫中心の生活になるということです。

しかし、本来は全く別の習性を持つもの同士が共存する中では、理解できないことは多いでしょう。そして時に、猫は人間をバカにすることがあります。これは、良好な関係を築いているとはいえません。ここでは、猫が人をバカにしているときの行動をいくつかご紹介いたします。

1.完全にやりたい放題

イタズラする猫

猫は好奇心旺盛な動物です。そして、その興味の対象は人間とは全く異なる視点を持っています。これらの理由から、猫がイタズラをすること自体はありふれた日常です。ただし、猫は学習能力が優れており、飼い主さんとの信頼関係が適切に構築されていることで繰り返す頻度が減少します。

ところが、飼い主さんの忠告を聞こうともせず、完全にやりたい放題になっているのであれば、飼い主さんをバカにしている可能性があります。このような場合、なぜ猫に信頼してもらえないのか考えてみることが大切です。

2.常に無視する

背中を向ける猫

猫は普段から素っ気ない態度をとりがちです。呼んでも必ず振り向いてくれるとは限りません。しかし、無視をしているわけではありません。愛猫をよく見ると耳やしっぽを動かして微細な反応を示していることが分かるでしょう。飼い主さんに関心を寄せる猫であれば何かしらの返事をしてくれているのです。

しかし、飼い主さんのことは眼中にない場合は常に無視をし続けます。完全に相手にする気がないという様子です。先ほどの話にも通ずるものがありますが、日常のあらゆる場面で無視をするのであればバカにされているのです。

3.本気で攻撃を仕掛けてくる

威嚇する猫

猫は甘噛みをしたり、じゃれつくことがあります。特に子猫のうちは頻繁にあるでしょう。でも、医療機関を頼るほどの深手を負うことはほぼないでしょう。本来であれば、飼い主さん相手に本気になることはないのです。

しかし稀に、野生の本能を剥き出しにして向かってくることがあります。もしかしたら家族の中でも特定の人物にのみそのような一面を見せることがあるかもしれません。

本気の攻撃対象になる人物は、何かしらの不信感を持たれているのでしょう。猫が嫌がることを無意識にしている可能性がうかがえます。

猫にバカにされやすい人の特徴

不満そうな猫

猫にバカにされやすい人には次のような特徴があります。

  • 猫社会のマナーを知らない
  • 猫の気持ちを尊重せずに構いすぎる
  • 猫のことをバカにしている(無意図的も含む)

猫が生きる社会にもマナーがあります。特に初対面では目を見つめないのは基本です。そして、猫が嫌がっているのにも関わらず、しつこく構いすぎると嫌われます。そして、決定的なのは「人が心のどこかで猫をバカにしている」ことです。

初めて猫と暮らす場合は驚きの連続でしょう。新たな発見と刺激が多い日常になります。しかし、「所詮猫は…」という態度が滲み出てしまえば猫にも悟られます。その結果、猫にも不信感を抱かれ、やがてはバカにされてしまうのです。

良い意味での下僕とは?

リラックスする猫

冒頭でも触れたように、愛猫との間に信頼関係が適切に築かれていれば、下僕のような生活も幸せなものになります。

良い意味での下僕の飼い主さんは、主に次のような特徴を持っています。

  • スキンシップは猫のペースに合わせる
  • 基本的なお世話をしっかりとこなしている
  • 猫の習性をよく理解している
  • 基本的に猫ファーストでありながら、命に関わる危機管理は怠らない

愛猫にとって母猫のように頼れるからこそ、少々わがままな側面も顔を出すことが出来るのでしょう。

まとめ

おどける猫

猫が人をバカにする行為は決して悪意の強いものではありません。だから、もしご自身がそのような態度を取られていても、

愛猫を嫌いにならないでください。これまでのことを振り返り、意識を変えることでより良い関係を築くことができるようになるでしょう。

スポンサーリンク