猫のしっぽがピーンと立っているときの気持ち4つ

猫のしっぽがピーンと立っているときの気持ち4つ

しっぽで感情表現をするのは犬だけではありません。猫もまた、感情としっぽが連動している動物です。しかし、感情によるしっぽの状態や動きは犬とは少し違います。猫のしっぽの動きとして分かりやすいのは「しっぽをピンと立てている時」ですが、この時の猫は一体何を思っているのでしょうか?

651view

1.嬉しい

しっぽをたてて歩く猫

「ごはんだよー!」と呼ぶと、食べるのが大好きな猫ちゃんは、しっぽをピーンと立てて寄って来ることが多いと思います。猫がしっぽを垂直に立てている時は「嬉しい時」で、ごはんの時だけでなく飼い主さんが名前を呼んだ時やおもちゃを持った時など、ポジティブな気持ちになった時にはしっぽがピンと立ちます。

嬉しさが最高潮に達すると、しっぽをピンと立てたままピクッと動かしたりブブブと振動させることもあります。

2.甘えたい

しっぽを立てるアメショーの子猫

子猫の頃の名残り

猫は子猫の時に、しっぽを立てて母猫におしりを清潔にしてもらっていました。その名残で、成猫になってからも甘えん坊の気持ちになった時に、しっぽをピーンと立てることがあります。おしりは自分の死角になる部位なので、しっぽを立てておしりをあらわにするということは、安心しきって甘えている証拠ですね。

猫にも意外と甘えん坊が多い

猫はクールであるというイメージをお持ちの方もいますが、猫の中にも甘えん坊はたくさんいます。特に不妊手術を受けた後の猫は、交配や妊娠、子育てと言ったプレッシャーから解放されて子猫心を持ち続ける子もたくさんいます。

3.あいさつ

しっぽを立てて歩く猫

猫はあいさつをする時にもしっぽをピーンと立てます。あいさつの時のしっぽの立て方は、嬉しい時や甘えたい時のしっぽよりやや前方に倒れているのが特徴です。相手が顔見知りで好きな相手だと「どうも!こんにちは!」というように、ごきげんにしっぽを立ててあいさつします。

4.アピールしている

しっぽを立てるメインクーン

昔から「猫は家につく」と言われているように、猫にとって自分のテリトリーはとても重要です。猫は野性味の強い動物で、危険に対してとても敏感で繊細です。猫は自分が隅から隅までよく知っていて、安心できる場所でようやくのびのびと暮らすことができます。

そんな安心できるテリトリー内では、自分のことを堂々と誇示することができます。猫がしっぽをピンと立てる時は、ごきげんに自分の存在をアピールしているしている場合もあります。

まとめ

なつ&ゆず

猫のしっぽがピーンと立っている時は、基本的にポジティブな気持ちの時です。犬のようにしっぽを派手にブンブンと振ったりはしませんが、猫にとってピンとしっぽを立てるのが嬉しい時や甘えたい時の合図なのです。

また、あいさつをする時や自分をアピールする時にも、しっぽをピンと立てることもあります。「私はここよ!」と私たちが片手を上げて合図するのと似たようなものかもしれませんね。

スポンサーリンク