『助かる可能性は低い』奇跡の生還を果たした子猫は親友と永遠のお家へ

『助かる可能性は低い』奇跡の生還を果たした子猫は親友と永遠のお家へ

『どうしても数日の命だというのなら、せめて最期まで幸せに』一度は死を受け入れたはずの子猫が奇跡の生還!小さな体に宿した強い意思と生命力に感動。

903view

公園に捨てられた小さな2匹の子猫

沖縄で保護活動を行う海月ダンテさんは、夜の林に放置された2匹の子猫について連絡を受けました。

急いで向かった先で無事に保護した子猫はあまりに小さく、たくさん虫に噛まれていたといいます。

『そば』『むぎ』と名付けられた子猫は、ダンテさんの懸命なケアにより少しずつ元気を取り戻していました。

1週間で大きくなり、ミルクも一生懸命飲んでいます。どうかこのまま無事に育ってほしい…ダンテさんのその願いは打ち砕かれることになったのです。

様子が一転した『むぎ』

ダンテさんはむぎの容態が急変したことを報告。数時間おきの強制給餌を行っているのにも関わらず、衰弱していくむぎに『どうか生きて』ダンテさんは必死でサポートを続けました。

嘔吐が続き、体重を減らしていくむぎ。この週齢の子猫にとって数グラムの減量は命に関わります。

そして獣医師の診察により判明したのはむぎが『腸重積症』を患っているということでした。

ただこの週齢での手術は成功率が限りなく低く、ダメ元で薬を飲ませているもののこれが有効でなければ救う手がない…ただ奇跡を願うしかない状態にダンテさんは酷く胸を痛めました。

『数日だけの命ならせめて最期まで』ダンテさんは仕事を休み、ただ奇跡を願ってむぎのそばにいることを報告しました。

奇跡の生還!むぎ、驚異の巻き返し!

ダンテさんは興奮気味にむぎの奇跡の生還を報告!最期を覚悟し、キスをして別れたむぎ。なんと『ダメ元』だと思っていた薬が効き、命の危機を脱したというのです。

そこからのむぎの巻き返しは人々を驚かせました。ダンテさんは『ご飯を食べる』ただ当たり前のことがどれほど嬉しいことなのか、改めて痛感させられたと語ります。

そして妹の『そば』と共に遊び回ることもできるようになりました。

そばはむぎの生還を心から喜んでいました。姉妹と共に遊び、食べ、眠る…この小さな子猫たちが無邪気に過ごせることは『奇跡』なのだと彼女たちは教えてくれているようでした。

わんぱく盛り♡姉妹は共に永遠のお家へ

ダンテさんは、そばむぎ姉妹の子猫らしく無邪気な姿をSNSに投稿。

そしてそばむぎ姉妹が素敵な夫婦と家族になったことを報告されました♡大病、命の危機を乗り越えた仲良し姉妹は暖かく安全なお家で幸せに暮らしています。

ダンテさんが1ヵ月ぶりに会ったというむぎとそばはとっても立派に成長しており、強制給餌をしていた頃と同じ猫とは思えないほど。

そばむぎ姉妹は、ダンテさんが諦めずにはサポートを続けてくれたからこそ素晴らしい家族と出会うことができました。

今はお腹いっぱい食べておなかをぽっちゃりさせながら、甘く優しい家族と共にVIPな暮らしを満喫しています♡

※こちらの記事は情報掲載者の海月ダンテさまより許可を得て掲載しております。

海月ダンテ

▼▼ 公式Instagramはこちら ▼▼
https://www.instagram.com/dante_kaigetsu/

▼▼ 公式Twitterはこちら ▼▼
https://twitter.com/dante_kaigetsu

▼▼ 公式Facebookはこちら ▼▼
https://www.facebook.com/vegandanshi/

▼▼ シェフ海月ダンテさんのヴィーガンレシピをYouTubeでチェック★ ▼▼
https://www.youtube.com/c/rescuekitchen/

▼▼ 日本初の畜産動物たちのための保護施設建設プロジェクト実施中! ▼▼
https://community.camp-fire.jp/projects/view/58731

スポンサーリンク