胎盤を引きずりながら母猫を探して…七夕に保護された「おりひめ」

胎盤を引きずりながら母猫を探して…七夕に保護された「おりひめ」

沖縄で保護活動を行う『海月ダンテ』さんは、自身の誕生日でもある『七夕』に生まれたばかりの子猫を保護。ひとりぼっちで彷徨っていた子猫は美しく成長し、永遠のお家へと旅立ちました。

2338view

七夕に生まれた直後の子猫を保護

胎盤がついたままの子猫

沖縄で保護活動を行う海月ダンテさんは生まれたての子猫について連絡を受けました。その日は自身の誕生日でもあり、運命を感じずにはいられなかったといいます。

現場に急行したダンテさんが見たのは、胎盤を引きずりながら母猫を探し彷徨う生まれたての子猫の姿でした。産後間もなく母猫と離れてしまったのでしょう、子猫が感じていた孤独と不安、恐怖は計り知れません。

ダンテさんは彼女の無事と自身の誕生日を共に祝ったことを報告されています。

『おりひめ』と名付けられた子猫

自身と同じ七夕生まれの子猫は『おりひめ』という名前をプレゼントされました。ダンテさんの献身的なケアのおかげで子猫の状態は安定、日に日に成長していきます。

たくさんミルクを飲み、お腹をぽっちゃりとさせたおりひめは『雪だるま』に似ていると言われたほど(笑)。この週齢の子猫にとって食欲は命綱なのです。ダンテさんは彼女の成長を日々祝いました。

ついにおりひめの目が開いた!

ダンテさんは徐々に開きつつあったおりひめの目が開いたことを報告!

『どうか、笑顔と優しさが溢れた世界がおりひめの瞳に映りますように』

ダンテさんの願いは叶いました。

世界に飛び出したおりひめは先住猫にじゃれあいっこを教えてもらったり、ドッグフード強奪事件を起こしたり…日々わんぱくに愛らしく成長を遂げました。

そして保護から3ヵ月、立派に成長したおりひめは永遠のお家へと旅立ちました。

『寂しいけれど、とても大事にされて幸せになるのはわかってるから安心。元気でね、おり!』

ダンテさんはそう明るくおりひめの未来を祝福しました。胎盤を引きずりながら彷徨っていた小さな小さな子猫はもうひとりぼっちになることはありません。きっと永遠のお家で幸せな暮らしを満喫していることでしょう…♡

※こちらの記事は情報掲載者の海月ダンテさまより許可を得て掲載しております。

海月ダンテ

▼▼ 公式Instagramはこちら ▼▼
https://www.instagram.com/dante_kaigetsu/

▼▼ 公式Twitterはこちら ▼▼
https://twitter.com/dante_kaigetsu

▼▼ 公式Facebookはこちら ▼▼
https://www.facebook.com/vegandanshi/

▼▼ シェフ海月ダンテさんのヴィーガンレシピをYouTubeでチェック★ ▼▼
https://www.youtube.com/c/rescuekitchen/

▼▼ 日本初の畜産動物たちのための保護施設建設プロジェクト実施中! ▼▼
https://community.camp-fire.jp/projects/view/58731

スポンサーリンク