スペインの猫に出た新型コロナウイルス陽性反応について

スペインの猫に出た新型コロナウイルス陽性反応について

今回はThe Canberra Timesより2020年5月9日に発表された、スペインの猫にコロナウイルスの陽性反応が、についての記事を紹介します。

366view

スペインの猫に新型コロナウイルス陽性反応

毛布をかぶる猫

スペインのカタロニアに住む家族の猫に新型コロナウイルス陽性反応が出たと、ペットの剖検を担当した教授が言っています。

亡くなった猫には既存の呼吸器疾患

寝そべるスコティッシュフォールド

ウイルスによって亡くなった訳ではないのですが、カタロニアの動物健康検査センターのセガレス教授は、猫には一般的な既存の呼吸器疾患があったと言っています。

猫の名前はネグリトで、世界でこの病気にかかった6番目の猫でした。ネグリトは、いくつかの家族が新型コロナウイルスに感染したバルセロナエリアの家族の猫です。4月22日に低料金で検視が行われました。

セガレス教授は「猫を安楽死させた獣医は、その動物が、非常に重大な呼吸器病理学を示し、新型コロナに苦しむのではないかと恐れた」と言っています。

人間から猫、猫から猫への感染リスク

女性の足の上にあおむけになる猫

WHOによると、全ての入手可能な証拠が、新型コロナウイルスは動物に由来する事を示唆しているが、ウイルスがどのようにして中間宿主、おそらくコウモリから人間へと種の壁を飛び越えたのかはまだ明らかになっていないとのことです。

人間から猫への感染のリスクは、ほとんど存在しないくらいに低いが、猫から猫への感染も比較的低いです。

セガレス氏は「新型コロナの疫学におけるペットの関連性は無視できると考えられ、誰かがペットから新型コロナウイルスに感染したという証拠はありません。ウイルスは人から人への感染力が非常に強いですが、動物から人への感染は依然として非常に例外的な状況です。」と発言しています。

中国での調査結果

診察を受ける猫

中国のハルビン獣医研究機関は、家畜の新型コロナウイルスにおける脆弱性に関する調査を実施、種間感染を観察しました。

この研究では、フェレットが最も感染しやすく、またフェレットからフェレットへの感染もしやすい事がわかりました。猫はやや少なく、犬にははほとんどそういった可能性はありません。豚、アヒル、鶏はまったくありませんでした。

《元記事》
The Canberra Times 2020年5月9日『Spanish cat tests positive for coronavirus』


文:Erika Anne Nagaoke

スポンサーリンク