【新型コロナ】三密を避けられない職場…愛猫のために仕事を休むべき?

【新型コロナ】三密を避けられない職場…愛猫のために仕事を休むべき?

愛猫を守りたい…三密を避けられない職場への出勤はやめておくべき?

214view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

アンケートに寄せられた質問

ねこちゃんホンポで実施している新型コロナに関するアンケートに、以下の質問が寄せられました。

アンケート回答者
東京都/雑種推定6歳
3密状態で働いていて、一人暮らし、会社からの給料保証もないので働かなきゃいけないけど、猫を守るのは飼い主の責任なので、貧困覚悟で、長期仕事休むべきか悩みます。

愛猫を守るために仕事を休むべきか

悩む女性

2020年4月現在、新型コロナ感染拡大により世界中に混乱が広がっています。多くの企業がリモートワークを取り入れるなど、この異常事態に対応すべく様々な策が講じられていますが、それでも職務内容によっては三密を避けられない状況下に置かれている方も少なくありません。

『愛猫を守るために貧困覚悟で仕事を休むべきか』について一緒に考えてみましょう!

猫も新型コロナに感染する

まず、万が一飼い主さんが新型コロナに感染した場合、『愛猫にうつる可能性』があります。

現在までに海外で『猫』『犬』『動物園のトラ』などの新型コロナ感染が報告されており、いずれも飼い主などのヒトから感染したことが考えられます。

愛猫のために仕事を休むべきか

新型コロナウイルス拡大による緊急事態宣言が発令されて以来、多くの人々が『失業』『収入減』などにより苦しまれています。これは日本全体の問題と化しており、不安は深まるばかりです。質問者様も三密状態で勤務されているとのこと、とても不安かと思われます。

しかし、働かなければ収入が減り、収入がなければ生活ができない…愛猫と暮らしていれば、愛猫のための生活用品やフードなども必要になるでしょう。現実的に今後の生活を鑑みれば簡単に『愛猫のために仕事を休むべき』とはいえません。

猫が新型コロナに感染したら

現時点では日本国内で猫を含むペットの新型コロナ感染は報告されておらず、海外で感染が報告されている猫達にみられた呼吸器系、消化器系の症状も重症化することなく(無症状の症例もあり)回復に向かっているとのこと。

『猫が新型コロナウイルスに感染する可能性』はあるものの、基本的には『ヒトからヒトへ』感染するものであり、『ヒトから猫へ』感染する例は今のところ極少数といわれています。そのため、まずは飼い主さん自身を守るためにもリスク対策を十分に行うことで現状を乗り切ることを考えてみましょう。

愛猫にうつさないようにするためには

マスクをする女性と猫

ヒトから猫への感染経路は『飛沫感染』と考えられていますが、ヒトからヒトへの感染経路である『接触感染』にも配慮しておくべきです。

そのため、飼い主さんが感染リスクが高い状況下におかれている場合は『帰宅したら、愛猫と接触する前に着替えてシャワーを浴びる』『室内でもマスクを着用する』などの方法でリスク対策を行いましょう。

完全室内飼いの場合、基本的には猫にとっての感染源は飼い主さんのみとなります。そのため、ウイルスを持ち込まないよう手洗いうがい、着替えなどをこまめにすることで愛猫の感染リスクを下げることができます。また、今はキスや猫吸いなどの濃厚接触は我慢しましょう!

まとめ

マスクをする猫

世界的にみても猫と新型コロナの関係については未だ不透明な部分も多く、情報が少ないため不安も募るばかりかと思います。

『外出自粛をするべき』とは思っているものの、現状がそれを許さないという方も多くいらっしゃいますよね。

まず、飼い主さん自身を守ることが愛猫を守ることへと繋がります。手洗いうがい、マスクはもちろん、帰宅後すぐのシャワーなど出来得る限りの対策を講じながらどうか無事に…この苦境を乗り越えましょう!


文:ayano

スポンサーリンク