猫が新型コロナウイルスに感染した場合の症状とは

猫が新型コロナウイルスに感染した場合の症状とは

人間の感染に関する情報もさることながら、猫ちゃんが新型コロナウイルスに感染した場合の症状がどのようなものかも気になりますよね。今回は症状の例をご紹介します。

1246view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

アンケートに寄せられた質問

ねこちゃんホンポで実施している新型コロナに関するアンケートに、以下の質問が寄せられました。

アンケート回答者
茨城県/キジトラ(雑種)6才、3才、2ヶ月
感染した猫の場合の初期症状がわからない。

猫に見られる症状とは

塀の上で寝るチャトラ猫

動物における新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の臨床症状の大部分は明らかになっていません。しかし、動物で一般的に見られるコロナウイルスやSARS-CoV-1感染を含む、他のコロナウイルスで見られるような呼吸器または胃腸症状を示すことがあります。

例えば:

  • 呼吸困難または息切れ
  • 動きが鈍くなる
  • くしゃみ
  • 鼻水や目やに
  • 嘔吐
  • 下痢

などが挙げられます。

猫コロナウイルス

前述の「一般的に見られるコロナウイルス」の中には、Feline Coronavirus フィーライン・コロナウイルス(猫コロナウイルス)と呼ばれるウイルスがあります。

※ちなみに、felineフィーラインは猫のことで、canineケーナインは犬です。

猫コロナウイルスは、絨毛先端の上皮に侵入し、絨毛の萎縮と軽度の腸炎を引き起こします。

  • 生後間もない子猫、特に4~12週齢の子猫では、猫コロナウイルスが下痢を伴う軽度の急性腸炎の原因になります。軟便から液便で、粘液や血液が含まれることはまれです。
  • 下痢の症状に、嘔吐、微熱、食欲不振、嗜眠を伴うことはまれです。
  • 通常 症状は軽度で、2~4日以内に治ります。 (まれに子猫で死亡例があります。)
  • 感染した猫のごく一部では、このコロナウイルスの変異により、ウイルスがマクロファージ(大食細胞)に感染可能になり、全身に広がり致命的なネコ伝染性腹膜炎につながります。

猫コロナウイルスは、以前からある動物独自の感染症であり、人間には感染しないとされています。

まとめ

猫の体調には日頃から気を配っていらっしゃると思いますが、新型コロナウイルスに関しては、まだまだ未知のもの。上記がご参考になれば幸いです。

事態の収束を心より願います。

《参考》
CDC『Interim Infection Prevention and Control Guidance for Veterinary Clinics Treating Companion Animals During the COVID-19 Response』
ScienceDirect『Feline Coronavirus』


文:m&m

スポンサーリンク