猫は新型コロナに対して、ほかの動物より免疫力が弱いって本当?

猫は新型コロナに対して、ほかの動物より免疫力が弱いって本当?

新型コロナウイルスに関するいろいろな情報が交錯する中、猫が他の動物に比べて感染しやすいという情報が気になっておられる方も多いのではと思います。今回は中国での研究結果をご紹介します。

282view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

アンケートに寄せられた質問

ねこちゃんホンポで実施している新型コロナに関するアンケートに、以下の質問が寄せられました。

アンケート回答者
愛媛県/ミックス 2歳
猫のコロナウイルスは他の動物より免疫力が弱いと聞きました。

猫は新型コロナウイルスに感染しやすいのか?

人間の手と眠る猫

コロナウイルス

ウイルスの基本構造で、

  • 遺伝情報の伝達で機能するDNA (デオキシリボ核酸)
  • タンパク質合成で機能するRNA (リボ核酸)

の2種類のうちコロナウイルス (CoV) は、RNA (リボ核酸) ウイルスの仲間です。

ウイルス粒子がその脂質エンベロープの周りに、スパイクタンパク質の特徴的な「コロナ」(クラウン/冠)を示すため、これらはコロナウイルスと呼ばれます。

コロナウイルスの一部の株は人獣共通ですが、多くの株は人獣共通ではありません。いわゆる、猫コロナウイルスや犬コロナウイルスは種族特有の感染症です。

中国における研究

中国農業科学院(CAAS)ハルビン獣医研究所(HVRI)の歩博士をはじめとする研究者たちによって、猫の方が犬よりも新型コロナウイルス (SARS-CoV-2) に感染しやすかったと報告されました。

ウイルスは宿主細胞を利用して自己複製しますが、犬、豚、鶏、アヒルではウイルスの複製が不十分であったのに対し、猫やフェレットでは効率的に複製されることがわかったのです。

さらに、老齢の猫よりは子猫の方が感染しやすいこと、猫どうしで飛沫感染する可能性があるとも報告されています。

まとめ

研究結果では、猫は他の動物に比べて、体内のシステム的に新型コロナウイルスの影響を受けやすいということのようです。

現在、猫間で流行しているという報告はないものの、猫同士で飛沫感染や接触感染の可能性がある以上、室内で飼うことが推奨されます。

飼い主さんのご心配は尽きないと思いますが、今まで通り衛生面に気をつけながら、皆さんも猫ちゃんも安全に健康にお過ごしになることを願っております。

《参考》
GLOBAL TIMES『Scientific study shows cats more susceptible to COVID-19』
Oie『Questions and Answers on the COVID-19』
MEDPAGE TODAY『The Truth About Cats, Dogs, and COVID-19』/u>
近畿大学医学部附属病院 輸血・細胞治療センター『今さら聞けない「ウイルスと細菌と真菌の違い」』


文:m&m

スポンサーリンク