【新型コロナ】飼い主が感染した猫のお世話を頼む際の注意点について

【新型コロナ】飼い主が感染した猫のお世話を頼む際の注意点について

万が一、飼い主さんが新型コロナに感染してしまったら…自宅にお世話しに来てもらっても大丈夫?その際、注意すべきことについて解説します。

254view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

アンケートに寄せられた質問

ねこちゃんホンポで実施している新型コロナに関するアンケートに、以下の質問が寄せられました。

アンケート回答者
群馬県/三毛猫2歳半、茶トラ1歳
飼い主が感染した場合、猫の世話をしに来る人が気を付けるべきことは?

新型コロナの感染者が猫のお世話を頼む際の注意点

キャットタワーと猫

2020年4月現在、新型コロナウイルス感染拡大により世界中に混乱が広がっています。愛猫と暮らす飼い主にとって『万が一、自分が新型コロナに感染した場合、愛猫のお世話はどうするのか』という不安は大きくなるばかりですよね。

万が一に備え、前もって『自分が新型コロナに感染した場合、家族や知人に愛猫のお世話してくれるよう頼んでいる』という方も少なくありません。ただ、この『自宅にお世話をしに来てもらう』という対策は、実は非常に二次感染のリスクが高い行為でもあります。

感染者の住環境にはウイルスが存在する

新型コロナに感染した人が生活をしていた環境には、大量のウイルスが飛散、付着していることが考えられます。そのため、そこへ別の人が入室すると新型コロナに感染してしまう可能性が十分にあるのです。

可能であれば別の場所に預けるのが理想

感染リスクを減少させるためには、できるだけ別の場所で愛猫を預かってもらえることが理想です。その場合は、愛猫をシャンプーした上で飼い主と接触することなく、別の場所へ移動させることが重要です。

ここがポイント!

  • 感染者の自宅へ来てもらうことはリスクが高い
  • 可能であれば預かってもらうことが理想

お世話をしに来てもらう際の注意点

マスク

それでも、家の事情や多頭飼いの場合などどうしても『預かり』が難しく、家族や知人が自宅へお世話をしに来る方法でしか対応ができない場合は、以下の点に注意してください。

防護服、マスク、グローブの着用必須

前述したように感染者の住環境には、大量のウイルスが存在していることが考えられます。

家具や壁、猫の体にもウイルスが付着している可能性もあるため、感染者の住環境へ入室する場合は防護服、マスク、グローブの着用を徹底してください。

また、着用していたものはすぐに破棄し、帰宅後はすぐにシャワーを浴びるようにしましょう。

換気、消毒を行う

猫のお世話を任せるとなると、最低でも1日一回、毎日の訪問が必要になることが考えられます。そのため入室時には必ず換気を行い、出来得る限り消毒を行いましょう。

換気を行うときには猫が逃走しないように十分気を付けましょう。できれば、広めのケージに猫を入れた状態のほうがお世話もしやすく、猫が室内のウイルスを自分の体に付着させる可能性も減少します。

消毒にはクロルヘキシジン水0.05%(商品名:ヒビテン液、ヘキザック液など)や次亜塩素酸水0.02%などによる清拭も効果があるとされています。

これらは猫の体にも使用することができますが、猫が舐めないようにエリザベスカラーの装着など、十分な配慮が必要です。

※次亜塩素酸水は次亜塩素酸ナトリウム(家庭にある消毒液)とは異なりますので、注意してください。

ここがポイント!

  • 防護服、マスク、グローブの装着などリスク回避の徹底をしましょう!
  • 換気と消毒を忘れずに行いましょう!

まとめ

猫とフードボウル

感染者の住環境への立ち入りには、どうしてもリスクが伴います。そのため、リスク回避の徹底についても事前にしっかりと話し合っておきましょう。

飼い主さんが職業柄、外出自粛が難しい場合など感染リスクが高い場合は事前にお世話を頼んでいる人に使用してもらう防護服やマスク、グローブを確保しておくと良いかも知れません。


文:ayano

スポンサーリンク