【新型コロナ】ヒトから猫への感染経路は?

【新型コロナ】ヒトから猫への感染経路は?

飼い主から猫へ…新型コロナはどうやってうつる?感染経路や完全室内飼い徹底の重要性について解説します。

208view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

アンケートに寄せられた質問

ねこちゃんホンポで実施している新型コロナに関するアンケートに、以下の質問が寄せられました。

アンケート回答者
東京都/ミックス10歳、アビシニアン6歳
テレワークが出来る仕事ではなく、家に帰ったらすぐに風呂に入り、それから触れるようにしてますが、人から猫への感染経路は、どのようなものですか?飛沫ですか?接触ですか?空気感染ですか?

新型コロナは、飼い主から猫へうつる?

猫を抱きしめる女性

2020年4月現在、新型コロナ感染拡大により世界中に混乱が広がっています。現在までに飼い猫、飼い犬、動物園で飼育されているトラなどに新型コロナ感染が認められており、なかでも『猫は新型コロナに感染しやすい』という研究結果が報告されていることから、愛猫と暮らす飼い主は十分に注意する必要がありそうです。

ヒトから猫への感染経路

新型コロナのヒトから猫への感染経路は『せきやくしゃみなどの飛沫』であると考えられているようです。しかし、ヒトからヒトへの感染経路とされているのは『飛沫感染』『接触感染』であり、ヒトから猫への感染経路もこれらと共通している可能性も十分にあるため、接触感染にも配慮しておくべきといえそうです。

猫から猫への感染経路

また、猫から猫への感染についても『飛沫感染』が報告されているため、多頭飼いの場合では一気に感染が拡がる可能性が十分にあります。飼い主が新型コロナに感染した後、猫に呼吸器系、および消化器系の症状が生じた場合は、別室に隔離するようにしましょう。

愛猫への新型コロナウイルス感染を防ぐ対策法

猫にキスする女性

現時点では、日本国内で猫を含むペットの新型コロナ感染は報告されていません。しかし、飼い主さんが職業柄外出自粛が難しい場合などは、十分にリスク対策を行いましょう。

帰宅したらまずはシャワーを

手や衣服などにウイルスが付着している可能性があるため、帰宅したら愛猫と触れ合う前にシャワーを済ませるのがおすすめです。

それが難しい場合は最低でも手洗いうがい、着替えを済ませてから愛猫と触れ合うようにしてください。

ヒトから猫への感染は『飛沫感染』と考えられていますが、念の為ヒト同様に『接触感染』の可能性を考慮して対策を講じておきましょう!

濃厚接触を控えて

実際に愛猫と暮らしている人にとってはあまり現実的ではない対策ではありますが、キスをしたり猫吸いをしたり…といった濃厚接触は今は我慢です!

飼い主さんが新型コロナに感染した可能性がある場合は可能であれば愛猫を別室に隔離、難しければ自宅内でも手洗いを徹底したり、布マスクを着用したりして対策しましょう。

愛猫も自宅待機、外出自粛を!

玄関前の猫

新型コロナの感染防止のためにも、愛猫の完全室内飼いは徹底しましょう。新型コロナに感染したヒトが猫の体に触れることで猫の被毛にウイルスが付着、運搬する可能性があります。

そのため、イギリス獣医学協会(BVA)などの団体もヒト同様に猫を含むペットは外出自粛を徹底すべきだと訴えています。愛猫が自宅と屋外を自由に行き来している場合は、完全室内飼いを徹底できるよう対策しましょう。

まとめ:新型コロナから愛猫を守ろう

2匹の猫

新型コロナ感染とペットの関係は未だ不明な点も多くあります。しかし、猫は他の動物に比べて新型コロナウイルスに感染しやすいという調査結果が報告されている以上、飼い主として出来得る限りの対策を講じ、愛猫を守りましょう!


文:ayano

スポンサーリンク