猫が飼い主を『監視』するタイミング5つ

猫が飼い主を『監視』するタイミング5つ

「猫の視線を感じる」「常に監視されている」このような監視する動きを見せる猫はたくさんいます。一体どのようなタイミングの時に猫は飼い主さんのことを監視するのか、理由とともに解説していきましょう。

2010view

なぜ猫は飼い主さんのことを監視するの?

見上げる猫

気がついたら飼い猫が自分のことをじっと見つめて監視している…。実はこのような経験をしたことがある飼い主さんは数多くいます。なぜ猫は飼い主さんを監視しているような動きを見せることがあるのか、以下5つの「よくあるタイミング」を紹介していきましょう。

1. 飼い主さんに訴えたいことがある時

見上げる猫

「お腹が空いたのでごはんがほしい」「猫用トイレが汚れているので変えてほしい」「部屋のドアを開けてほしい」など、何かしらの要求がある時に、猫は飼い主さんを監視するようにじっと見つめることがあります。

「飼い主さんを見張っている」というよりも「飼い主さんに対して目で訴えている」といった状態なのでしょうね。

2. 飼い主さんの動きが気になる時

餌を持つ飼い主を見上げる猫

飼い主さんの動きが気になった時に、じっと監視する猫も多いようです。特に、見慣れない動きをしていたり、大きな物音を飼い主さんが立てている時に監視する傾向にあります。「何をしているのだろう?」と様子を伺っているのでしょうね。

3. 飼い主さんに好意的な気持ちを伝えたい時

瞬きをする猫

猫は相手に対して好意的な気持ちを抱いている時は目を細めたり、ゆっくりまばたきした状態で相手のことを見つめることがあります。「あなたに対して敵意はないよ」と伝えたい時に、飼い主さんのことを監視するように見つめる猫は多いのです。

猫の目を観察してみて、好意を伝えているサインが見られる場合は、飼い主さんもゆっくりまばたきをしたり、目を細めて「こっちも敵意はないよ」と猫に伝えてみてはいかがでしょうか。

4. 不安な気持ちを抱えている時

見上げる猫

飼い主さんのことが大好きで「常に一緒にいたい」と思っている猫は、飼い主さんのことを監視している傾向にあるようです。

飼い主さんのことを親猫のように慕っている猫や、子猫の気分がまだ抜けていない猫は、ひとりぼっちになってしまうと途端に不安を感じてしまうため、飼い主さんのことを監視して後を追いかけようとします。

5. 飼い主さんのことを守りたい時

猫と赤ちゃん

飼い主さんのことを親猫のように感じている猫もいますが、反対に飼い主さんのことを我が子のように感じている猫もいます。そのような猫も飼い主さんのことをじっと監視する傾向にあるようです。

「自分が飼い主さんのことを守ってあげなきゃ!」という責任感があるため、飼い主さんの動きをしっかりと把握しておきたいのでしょうね。

まとめ

ジロウ

猫が飼い主さんのことを監視するのには理由があります。単なる気まぐれで、何となく飼い主さんのことを見つめているケースもありますが…。

もし猫に監視されていることに気がついたら「一体どのような気持ちで監視しているのかな?」と意識し、猫の様子を観察してみるのもおすすめですよ!

スポンサーリンク