WHOも更なる注目を!猫はCOVID-19に感染する

WHOも更なる注目を!猫はCOVID-19に感染する

今回はCNAより2020年4月9日に発表された、猫はCOVID-19に感染するという事実が発覚!WHOも更なる注目をについての記事をご紹介します。

251view

猫はCOVID-19に感染する

Small tabby mixed breed kitten under gray and red wool plaid. Pets care and adoption concept. Close up, selective focus.

4月8日に発表されたニューヨークでの研究結果によると、猫はCOVID-19に感染するが、犬には感染しにくいという事がわかりました。世界保健機関(WHO)は、人間とペット間でのウイルスの伝染について更なる注目が必要であると言ってます。

ザ・ジャーナルサイエンスのウェブサイトに掲載された研究結果

農場の動物たち集合

ザ・ジャーナルサイエンスのウェブサイトに掲載された研究結果では、フェレットもSARS-CoV-2に感染する事が分かりました。また、犬、鳥、豚、あひるはウイルスに感染しにくいということもわかりました。

この研究の目的は、どの動物がウイルスに感染しやすいかを特定する為です。この結果を、世界で83,000人以上が犠牲となった、2019年末に中国から始まったCOVID-19パンデミックと戦う為のワクチンのテストに使うことができます。

SARS-CoV-2はコウモリから人へと感染したと考えられていますが、猫と犬へ感染したといういくつかのケースを除いては、ペットが保菌者になるという確実な証拠はありません。

ザ・ブロンクス動物園の虎は、コロナウイルスに感染した飼育員と接触後に、乾いた咳や食欲不振といった症状が見られました。

中国での研究結果

Cat and dog sleeping

2020年1、2月に行われた中国での研究結果によると、鼻を介してウイルス粒子を導入して動物に感染させようとした時に、猫とフェレットは非常にウイルスに感染しやすいことが分かりました。また、猫は飛沫感染によって互いにウイルス感染する事がわかりました。

感染した猫は口の中、鼻や小腸にウイルスを持っています。子猫の場合は、肺、鼻、のどに大きな病変が見られました。

猫におけるSARS-CoV-2の監察は、人間におけるCOVID-19の治療法の補助としてみなすべきと著者らは述べています。フェレットについては、上気道症状は見られたものの重篤な疾患は起きていません。

抗体検査で犬はウイルス感染しにくいと分かっており、一方では豚、鳥、あひるにはウイルスの痕跡は見つかりませんでした。

動物も我々と同じ犠牲者

Child relaxing with a cat on a window sill

WHOは、高感染ウイルスの蔓延におけるペットの関連について更に詳しく調査していると発言しました。

これまでの証拠に基づいて、WHOの疫学者は記者会見で「ペットがウイルス伝染に関与しているとは思わないが、感染者からペットへ感染する可能性があると考えている」と発表しました。また、WHOは人々に対して、コロナウイルスの発生により動物に対して反撃をしないように呼びかけました。

「彼らはありのままでいるべきであり、彼らは優しさと敬意を持って扱われるべきです。彼らも私達のように犠牲者なのです。」とWHOのトップにあたる緊急専門家は言っています。

《元記事》
CNA『Cats can catch coronavirus, prompting WHO investigation: Study』


文:Erika Anne Nagaoke

スポンサーリンク