緊急時に猫をすぐさま呼び寄せる方法3つ

緊急時に猫をすぐさま呼び寄せる方法3つ

猫をそばに呼び寄せるのは難しいことのように思うでしょう。しかし、実際には急用で呼び寄せなければならない場面が多々あります。今回は、愛猫をすぐに呼び寄せる方法をご紹介いたします。

29799view

猫をサッと呼び寄せる方法

呼ばれて歩いてくる猫

愛猫が室内で行方不明のときや、宅急便や宅配が来る前に愛猫の脱走対策をしたいときなど、意外と猫を呼び出さなければならないことがあります。

とはいえ、猫を呼び寄せるのは至難の業です。名前を呼ぶ度に来てくれる猫は稀だからです。そこで、愛猫をサッと呼び寄せる方法をいくつかご紹介いたします。

1. ちゅーるやおやつで呼び寄せる

チュールを食べる猫

本当に急いでいる場合は、やはり大好きなおやつで呼ぶことが手っ取り早いでしょう。人気のちゅーるやカリカリなど、愛猫の大好物持って呼び出します。

素早く気づいてもらうためには、日頃から「ちゅーる食べよう」など、おやつの際に決めた言葉をかけながら食べさせる習慣をつけておいてくと良いでしょう。これを繰り返すことにより、「ちゅーる食べよう」が魔法の言葉になります。

2. 愛猫の好きな音を立てる

紙袋に入る猫

できればおやつ以外の手段を活用したい飼い主さんや、単に居場所を把握したいだけの場合は愛猫の好きな音を立てて気を引いてみてください。

例えば、紙袋・ビニール袋・ダンボールなど日頃から音を立てると必ずやってくるもので誘ってみましょう。

3. 名前を呼ぶ(事前に訓練が必要)

女性に抱かれる猫

猫も自分の名前を理解することができます。ただ、単に名前を呼ぶだけでは振り向きさえしないことが多いでしょう。

名前には反応したうえで、実際に飼い主さんの元へとやってくるようにするためにはコツがいります。

褒める

それは意外と簡単です。猫は飼い主さんに褒められることが大好きです。「〇〇ちゃん」と呼んで反応があれば「いい子だねぇ」と褒め、さらに名前を呼んでそばに来てくれたら褒めてあげます。

名前を呼ばれて飼い主さんのところへ行くと嬉しいことがあると繰り返し学習してもらうのです。こうすることで、名前呼ばれただけでもすぐさま駆けつけてくれるようになることもあります。

まとめ

ごましお

猫をサッと呼び寄せる方法を3つ紹介させていただきました。どれも一見すると単純ですが、猫は学習能力が高いのでシンプルなもので良いのです。

ただし、普段から根気強く続けることが大切です。そして、訓練の過程で嫌な経験をしてしまうと逆効果になってしまうので要注意です。あくまでも"いいことがある!"という感覚を身につけてくれることが重要なポイントになります。

スポンサーリンク