飼い主の声を書き込んでください

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛猫の為にもなる情報をみんなで書き込んで、猫と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

写真を付ける

この記事への書き込みは編集部が確認・承認した後反映されます。

5件の書き込み

  • 1:ママにゃん師走 女性 40代 2017/12/24 11:04 [通報]

    本当に多くの猫種がいるのですね。人懐っこく控えめな子が多いというシャンティリー、名前も可愛いですね。特にチョコレート色の猫ちゃんの存在感は圧巻だそうですね。最初の毛色がチョコレートだったため「チョコレート中毒者の喜び」と呼ばれているそうです。
    シャンティリーに日本で出会えない場合、やはり海外のブリーダーさんとのやりとりになるのですよね。
    参考になるかは分かりませんが、知り合いでサンフランシスコと日本を行ったり来たりする方がおり、猫一匹、犬一匹を飛行機に乗せて移動します。犬は興奮してケージの中がめちゃくちゃになるそうですが、猫は何事も無かったように落ち着いているそうです。
    ただ、「飛行機 猫」で検索をすると長距離の移動は難しいことが多いですね。
    シャンティリー、どこかで会ってみたいです。
  • 2:ガブリエル 女性 40代 2018/02/23 17:55 [通報]

    シャンティリーだといわれる「しおちゃん」については、こんなに有名になる前からファンです。当初は(現在も?)シャンティリーという猫種であると飼い主である「しんコロ」氏は明言していなかったのではないでしょうか。確か、保護シェルターで運命的に出逢い、「しおちゃん」は飼われることになったのだと記憶しています。その後、数年を経て、日本で「しおちゃん」がブレイクした際に、シャンティリーであると報じられました。わたしは、シャンティリーという猫種をまったく知らなかったので、「シャンティリー?何それ」と、あまり深くは考えたことがありませんでした。単純に、高い鳴き声の猫、黒い猫のことかな?という程度でした。

    そもそも、我が家には5匹猫がいますが、実は1匹だけ高い鳴き声の、よく喋る黒っぽい猫がいるのです。そのような背景もあるので、「シャンティリー」は猫種ではなく、猫固有の特徴を意味するのかと勝手に思っていました。ところが!この記事を読むと、特徴どころか、「シャンティリー」という猫種が存在するのですね!しかも、その猫が希少というだけでなく、3回も名前が変わった!?と、衝撃的な事実を知り、今回、認識を新たにしました。

    さらにブリーダーとは、アメリカンショートヘアやヒマラヤンなど最初から定まった猫種の繁殖や、自然発生的な猫の保護でもなく、目に留まった猫を親猫にして、その特徴を継承するような猫をブリードし、新たな猫種として登録するという在り方についても、非常に興味を持ちました。

    チョコレートブラウンの被毛で、金色の目をした猫がわたしの目の前を「ニャニャ~ン」と通りかかった日には、迷わず保護したほうがイイのかな、などと考えてしまいました。
  • 3:かりん 女性 40代 2018/06/12 21:46 [通報]

    シャンティリーという猫種は、初めて聞きました。毛が抜けにくいので、アレルギーの方も飼いやすいかもしれませんね。ブラッシングも、楽にすみますし、もつれにくくてあつかいやすいですね。耳垢が溜まりやすいので、イヤークリーナーを使ったりして耳掃除をしてあげるといいですね。耳は奥まで掃除しないように気を付けましょう。掃除のしすぎも外耳炎になったりするので、気を付けてあげましょう。うちのねこちゃんも、すぐに外耳炎になるので、週に1回耳掃除をしてあげていますと、最近は、外耳炎にならなくなりました。
  • 4:のりちゃん 女性 40代 2018/12/06 05:39 [通報]

    シャンティリーは、初めて知りました。
    小鳥のさえずりのように鳴くようで、とても素敵です。セミロングなのでブラッシングは週に1回でいいようですよ。おてんばな面もありますが、大人しいときがほとんどでよく眠るようです。他の猫ちゃんとはなかなかうまくいかないみたいなので、一匹を可愛がる方が飼うのに向いていますね。
    耳は、耳垢がたまりやすい構造なので、とれそうな耳垢はとってあげましょう。でも、あまり奥まで耳掃除はしない方が良さそうです。
    耳の奥の掃除は、獣医師に任せましょう。
    耳垢がたまりすぎると、外耳炎になりますので、気をつけてあげましょう。
  • 5:桃猫 女性 50代以上 2019/09/15 10:40 [通報]

    7年前になりますが、長毛の黒猫(メス)を保護し、現在も飼っています。
    ペットショップでも、一度も真っ黒の長毛を売っているのを見た事が無く、
    長毛の黒はかなり珍しいんだな、と思ってました。
    何度ネットで調べても、種類が判らず、雑種にしてはあまりに立派で、悶々としてた所、やっとシャンティリーが見つかり、このサイトにたどり着きました。
    おしゃべり猫しおちゃんに瓜二つなので、今、間違いないなと自分の中で納得しました(笑)
書き込みに関する注意点

この書き込み機能は「他の猫の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、猫と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

  • ・過度と捉えられる批判的な書き込み
  • ・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
  • ・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
  • ・荒らし行為
  • ・宣伝行為
  • ・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。