猫に腕枕♡猫と仲良く寝る方法4選

猫に腕枕♡猫と仲良く寝る方法4選

猫と一緒に寝て、幸せな夢を見る…多くの猫飼いさんが望む事ではないでしょうか?一方で、猫が一緒に寝てくれない!そんな悲しい声も、聞こえてきます。どうしたら猫と一緒に寝る夢を、叶えることができるのでしょうか?

1222view

1. 信頼関係を強固にする

女性に抱かれる猫

猫と一緒に寝るには、まずは信頼関係をしっかりと作ることが大切です。信頼関係ができていない人とは、猫は一緒に寝ようとしません。猫が安心して一緒に寝れるように、信頼できる人だと言うことを印象付けましょう。猫は人の事を良く見ています。そして、良くお世話をしてくれる人に1番懐きます。

つまり、猫の身の回りのお世話を率先してやるようにすると、信頼されやすくなると言う訳です。「この人、良く面倒見てくれる人にゃ。」と猫が判断すれば、自然と強固な信頼関係が出来上がっていくでしょう。そうなれば、猫と一緒に寝る夢が叶うのは、遠い未来ではありません。猫が同じ布団に入ってきてくれるのを楽しみに待ちましょう。

2. 猫が思わず寝たくなる場に

寝たい子猫

猫は自分が快適に過ごせる場所を探すのが、得意です。ふかふかの毛布やベッドなど、猫が好む素材のグッズを布団の側に用意してみてはいかがでしょうか?

飼い主の布団を猫が思わず寝たくなる場所に変えてしまえば、一緒に寝るのも夢ではありません。幸せな夢を見ようではないですか。

3. 子猫の時から添い寝する

子供と子猫たち

もし可能なら、子猫の頃から添い寝をするようにすると良いでしょう。子猫は、育った環境が当たり前だと思います。小さな時から飼い主と一緒に寝るのが当たり前なら、成猫になってもそれが普通と思います。

ですから、飼い主が寝れば猫も一緒に、布団に入るでしょう。ずっと一緒に猫と寝れるなんて嬉しいですね!夏はちょっと、暑いですが…

4. 匂いや音をチェック

男性と部屋にいる猫

寝室に、猫が嫌うような匂いが漂っていたり、音が響いていたりしませんか?猫は人がいい匂いと思う香水や柑橘系の匂いが、嫌いです。寝室にぷんぷんとそのような匂いが漂っていたら、入ることはないでしょう。

また、猫は人よりもはるかに音に敏感です。大きな音はもちろんですが、モスキート音と呼ばれる高い音域の音も嫌がります。そんな音が家の中に鳴り響く状況は少ないですが、もし猫がどうしても寝室に入ってくれない場合は、飼い主は聞こえなくても何か猫が嫌がる音がしていないかを調べてみるのも一つの手です。

まとめ

ネイ治郎

猫の性格によって、飼い主と一緒に寝ない場合もあるようです。猫が寝てくれないからと言って、気落ちすることのないよう…。どうしても寝てくれないなら、飼い主の方から猫の寝床に出向いて、一緒に寝ると言う強硬手段もあります。色々、工夫してみてください。

スポンサーリンク