猫が飼い主の枕を使って寝る理由3つ

猫が飼い主の枕を使って寝る理由3つ

猫ちゃんと暮らしていると、たまに自分の枕を愛猫に取られてしまった経験はありませんか。猫ちゃんにとってどのような気持ちで飼い主さんの枕をターゲットにしているのか、その心理に焦点を当ててご紹介していきます。

2556view

猫ちゃんと一緒に暮らしていると、飼い主さんの枕を愛猫に占領された経験はありませんか。席を外した時にそっと忍び足で枕のそばに行き、ストンと落ち着いてしまう猫ちゃんの姿にはとても癒されますが、同時に自分の枕を返してもらえませんか・・・と困る場面でもあります。

また、飼い主さんが寝ようとすると一緒にそばに来て枕を半分ずつにして寝ようとする猫ちゃんもいます。

猫ちゃんにとって枕を「飼い主さんが寝る時に必ず使用するもの」として認識していることはないと思いますが、なぜ占領してしまうのかその理由を紹介していきます。

1. 単純に寝心地が良い

毛布の上にいる猫

猫ちゃんはふわふわした素材のものが大好きです。飼い主さんが使用している枕がふわふわしたものだと、猫ちゃんの好みに該当します。上に乗っている大好きで夢見心地の気分になり、中にはその場でふみふみ(前足で足踏みすること)する子もいます。

母猫におっぱいをせがむ時の仕草でもあるのですが、ふみふみする時は母猫とのあたたかい気持ちを思い出しているとも言われています。そのため寝心地が良いと判断し、落ち着いている子もいます。

2. 飼い主さんの匂いを嗅ぎ取っている

花の匂いを嗅いでいる猫

飼い主さんが毎日使用している枕ですから、洗濯をしていても当然飼い主さんの匂いを猫ちゃんは嗅ぎ取ります。いつも一緒にいる飼い主さんの香りにより、安心する猫ちゃんも多いです。

筆者の猫ちゃんも恐らくこのパターンなのか、リビングにいると愛猫はそろそろと寝室に行き、筆者の枕の上で丸まって眠っていることも多いです。猫ちゃんにとって飼い主さんは母猫や保護者のような存在でもあるので、飼い主冥利につきる場面でもあります。

3. 甘えたい

甘える猫

夜になって寝ていると、愛猫が飼い主さんの顔の近くや周りで一緒になって寝ていたり、枕を半分にして共に夢の世界に入る子もいます。特に子猫に見られる傾向があるのですが、大好きな飼い主さんに甘えたい気持ちが行動になっています。寂しがりな猫ちゃんにとっては飼い主さんの側だと安心できるのです。

またはある程度成長した子だと、飼い主さんのことが心配で近くにいようとしている場合もあります。飼い主さんのことを守ろうとする気持ちでそばに寄り添い、献身的な姿となって離れずに居ます。

まとめ

ディーくん

飼い主さんの枕を占領することは、信頼関係を築いている1つの表れであると考えます。大好きな飼い主さんと一緒に居たいという気持ちが「枕の上で落ち着く」という行動に繋がっており、愛猫にとっても安心して過ごせる場所として認識しているようです。

仕事が忙しくて最近なかなか愛猫を構えなかった飼い主さんも、せめて枕ぐらいはシェアできる器になりたいものです。

スポンサーリンク