猫が『安心できる』9つの環境

猫が『安心できる』9つの環境

猫が求めるのは、安心という言葉のようです。あなたの猫は安心できる環境にいますか?猫が思う安心できる環境があるのです。猫が安心できる環境作りを目指していきましょう。

2894view

猫が安心できる環境

袋の中の猫

猫が安心できる環境は、とても大切な事です。飼い主がいる猫は、ある意味安心出来ているとも言えます。果たして飼い主のいる猫は、安心できる生活が出来ているのでしょうか?猫が求める安心な環境をあげてみましょう。

1. 広さよりも狭いスペース

箱の中の猫

猫は、部屋の広さよりも狭いスペースに安心感があります。単純に、殺風景な広い部屋と、ごちゃごちゃした部屋の中なら、猫は後者を選ぶでしょう。猫が安心できるのは、狭くて暗い隠れ家なのです。明るくて綺麗な部屋よりも、暗くて隠れられる部屋を好みます。なので、部屋の何処かに、猫が安心できる隠れ家的なスペースを作ってあげてください。

2. 見渡せる高い場所

高いところから見下ろす猫

猫が安心できる環境は、高い場所があることです。猫は家の中でも、常にテリトリーのパトロールに入ります。逃げる時や運動する時にも、高い場所が必要になります。遠くを見渡す、安全を確認するのに高い場所は、安心できる場所になります。

3. 防音効果がある室内

眠る子猫

猫が安心できる環境は、静かな環境です。大きな音がすると、危険を感じてしまいストレスにもなります。例えば、壁の薄い建物だと外の音や、隣の人の声や物音で猫が安心できません。猫がいる家では、音の吸収してくれる防音対策が必要だと思います。

4. トイレの場所と個数

トイレの中の猫

猫が生活する上で、トイレはこだわりが多いようです。快適なトイレが猫には安心に繋がるのです。猫は、落ち着かない所での排泄はしません。人がよく通る場所、明るい場所、寒い場所にトイレを設置しないようにしましょう。人気の少ない少し暗めで快適な温度の場所にトイレを置くと安心できるのです。もし部屋に余裕があるなら、トイレの数をひとつ増やしてあげるか、大きなトイレだと快適だと思います。

5. 出入り自由な扉

猫扉から出る猫

猫は自由に動き回るのが好きです。猫の日課のパトロールも、好きな時に出たり入ったりして安全を確認したいのです。最悪、猫が部屋から出てしまい、気づかないで扉を閉められ入れずにいる事もあります。猫も締め出されたら安心して歩き回れませんよね。行きたい場所に行けないのが猫にはストレスにもなります。猫は、出入り自由な扉があると安心できるようです。

6. 落ち着いて食べられる食事

餌を食べる猫

猫は、安心できる環境での食事を望みます。猫がご飯を安心して食べられる環境は、落ち着いた場所なのです。猫が食事中に、周りで音がしたりすると食べるのを辞める猫もいます。ご飯はゆっくり落ち着いた静かな環境で食べると安心できるようです。

7. 部屋の温度管理

眠る猫

部屋の温度管理も大切な事です。温度を快適に保つ事で猫も安心して生活できます。猫も、暑すぎたり寒すぎたりする環境は好みません。暑い時はエアコンを付けてあげる、寒い時は毛布や暖房器具で温めてあげると安心して過ごせます。また、空気の入換も大切です。新鮮な空気を入れてあげるようにしましょう。

8. 爪を研げるスペース

爪を研ぐ猫

猫が安心できる環境は、爪とぎスペースがあることです。猫が爪とぎするのは、お手入れだけではなく、気持ちの切り替えをする時にも重要な事なのです。部屋の何ヶ所かに、爪とぎスペースを作ってあげると安心してくれます。

9. 飼い主のいる家

パソコンをする人と猫

猫が安心できる環境は、飼い主のいる家です。お世話してくれる飼い主がいて、猫は安心して生活ができるのです。安心できる環境の部屋も猫には必要ですが、飼い主さんがいてくれる事も安らげる環境になるようです。

まとめ

もも

猫が安心できる環境をいくつか紹介してみました。猫が安心できる環境は、細かく言えばたくさんありますが、食べ物とトイレと寝床が整っていれば安心が出来るそうです。

飼い主がいる猫は、安全な環境の暮らしに慣れていて、外では暮らせないだろうと思います。毎日ご飯は食べられる、綺麗なトイレは確保してる、落ち着ける寝床もあると思うと、猫もそれが当たり前になっているのです。でも、その当たり前が出来ていない飼い主さんもいるようです。

安心な環境は、猫の長生きにも繋がります。猫が安心だと思える環境作りをしてあげるようにしていきましょう。

スポンサーリンク