猫との距離がグッと縮まる!6つのコミュニケーション

猫との距離がグッと縮まる!6つのコミュニケーション

猫との距離ってどれくらいか気になりませんか?もしかして、飼い主さんが一方的に距離を縮めているだけで、猫には無反応なんて事ありませんか?。コミュニケーションで猫との距離をグッと縮めていきましょう。

1610view

猫との距離がグッと縮まるコミュニケーション

猫にキスする女性

猫との距離を感じてしまっている人、距離の縮め方がわからない人は猫の事が理解出来ていないのかも知れません。今よりもっと、猫との距離を縮めて見たいとおもいませんか?猫との距離をグッと縮めるコミュニケーションを紹介して見ましょう。

1. 猫の行動に合わせる

猫と少女

猫を見るとついつい手が伸びてしまいますよね。可愛いけど、そこを我慢して猫の行動に合わせるのが距離を縮める方法です。

先にこっちから手を出してしまうと、猫が反対の行動に出てしまうのです。知らんぷりして何かに集中している振りをします。すると猫は気になってこちらに寄ってくるようです。そうすることで、猫との距離もグッと縮まるし関係性も良くなるのです。

2. たくさん遊んであげる

猫と遊ぶ女性

猫は寝てばかりいますが、本当は何もする事がなくて退屈しのぎで寝ている場合もあります。猫が飼い主さんに遊んでもらえれば、遊びの時間が待ち遠しくて、寝るのを我慢する事があります。これは猫との距離もグッと縮まるチャンスです。

猫も運動不足とストレスの解消にもなるし、毎日の楽しみが増えて信頼関係も出来るでしょう。

3. ご飯をあげすぎない

ご飯を貰う猫

猫との距離を縮めるのは、ご飯をあげすぎない事です。猫に好かれたいと、ご飯を沢山あげる飼い主さんは間違えています。さらに、肥満の猫は健康にも問題がでます。

もし猫が、肥満傾向にあるならダイエットをさせて距離を縮めて見ましょう。肥満猫を対象に研究した結果、ダイエット中の猫は飼い主に甘えたり、のどをゴロゴロと鳴らす事が多くなるという報告があります。実際どの猫にも共通するかは疑問ですが、試してみる価値はあると思います。

4. 猫の好きな体の場所を撫でてあげる

頭をなでられる猫

猫はそれぞれに触られると、気持ち良い場所があります。まずは、猫が触られて喜ぶ場所を知る事です。猫は、体を触られる事に敏感で顔、頬、額辺りを撫でられると嬉しいようです。

足付近やしっぽを触ると怒ってしまう事があります。お腹を出しても、触ると怒ってしまう事もあります。猫がもっと撫でてとおねだりしてきたら、気持ち良いピンポイントのようです。一気に、猫との距離をグッと縮めていきましょう。

5. 猫の行動を常に観察する

猫と女性

猫の行動を常に観察するのは、ちょっと気力がいりそうですが、そんなに気を張りつめる必要はありません。監視をするのではなくて、客観的に猫を見てみます。猫が何に興味があり、今は機嫌が良くない、怒ると耳が後ろに向くなどを日々観察します。

次第に、猫の行動が読めたり、機嫌が悪いから今は構わないでおこうと理解しやすくなり距離も縮まるのです。反対に猫はあなたの事を観察しているのでよく理解しているようです。

6. 猫を室内のみで飼う

寝転がる猫

猫との距離を縮めるのは、一緒にいる時間も関係します。一緒にいる時間が多いほど、距離がグッと縮まるのです。猫が外に出てしまい、ふらーっと帰ってくる環境よりも、室内のみで飼う方が猫との時間が作れます。

外に出て満足してしまい、飼い主さんとのコミュニケーションに興味がなくなってしまっているのでしょう。距離をグッと縮めたいなら、完全室内飼いにしてみましょう。

まとめ

すず

猫との距離がグッと縮まるコミュニケーションを紹介してみました。どの方法が距離を縮めるのに良いか試して見てください。

猫とのコミュニケーションは、日に日に距離を縮めるのです。最初は、猫の反応がイマイチでも続けることで距離が深まり縮まる事もあります。猫の事をよく知って行動すると距離を縮める近道になると思います。

私は、おもちゃで遊んでコミュニケーションをとります。遊ばない日は、眠いのを我慢して待っています。猫は、ご飯を食べた後の次の楽しみが遊びのようです。皆さんも、色んな方法でコミュニケーションをとって、距離をグッと縮めていきましょう。