恥ずかしがり屋で臆病な保護猫が幸せ掴んだ瞬間

恥ずかしがり屋で臆病な保護猫が幸せ掴んだ瞬間

多頭で保護された猫たち。シンフォニーの場合。

831view

保護猫シンフォニー

保護

”シンフォニー”は、46匹の他の猫たちと子猫たちと一緒に、とてもひどい状況で捨てられていたところを発見され保護されました。

ボランティア

2歳のシンフォニーと10匹の猫たちが『Purrfect Pals』に引き取られました。

彼女たちは、そこで医療、フードなど必要な物が与えられます。

猫たちは、愛を知りませんでした。

しかし、救助者は、それを教える努力を惜しみませんでした。

シンフォニーは、社交性を身に着けるため、すぐに一時預かりさんの元へ行きました。

里親

数カ月後、一時預かりさんの元で過ごしたシンフォニーは、やっと里親探しができる猫になりました。

シンフォニーは養子縁組センターに来ました。

そこである夫婦と出会いました。

2人ともボランティアです。

ハグ

出会ってすぐ、恥ずかしがり屋のシンフォニーが主人の首に手をまわしました。

ご主人はそのしぐさに心を奪われました。

最後に

シンフォニーは永遠のお家を見つけました。

彼女はもう、恥ずかしがり屋で臆病な猫ではありません。

スポンサーリンク