飼い主の代わりに遊んでくれるペットトイが登場!

飼い主の代わりに遊んでくれるペットトイが登場!

猫と遊ぶのは飼い主のやらなければならない事のひとつです。しかし、ずっと遊び相手を続けるのは厳しいですよね。そんな飼い主の助けとなるペットトイが登場しました。自動でペットの相手をしてくれる便利なアイテムとは一体どんな物なのでしょうか。

1111view

クラウドファンディング発!ウィキッドボール

海外のクラウドファンディングで大成功

海外のクラウドファンディングで約6千5百万円の出資金が集まった話題のペット用おもちゃが先行予約販売されます。その名もウィキッドボールと言って、飼い主の留守中にペットの遊び相手をしてくれる優れたペットトイとなっています。

ウィキッドボールは猫ちゃんの退屈さを紛らわせるように自動で動くように作られています。なので、飼い主が不在の間や手が離せない時に代わりに猫のストレスを発散させてあげる事の出来る便利なアイテムです。

従来のペットトイは自発的に動かないので、猫ちゃんが自分で動かす必要がありました。しかし、それだと単調な動きとなってしまい結果的にすぐに飽きてしまうので退屈しのぎにはなりませんでした。ウィキッドボールは従来のペットトイの欠点をカバーするように作られた点が特徴的です。

ウィキッドボールの特徴

ウィキッドボールはお留守番のペットの相棒

ウィキッドボールの特徴は、ペットの興味を引きつけるような動きを能動的にする点です。そして、遊んでいる途中で猫がウィキッドボールに触っても単調な動きをするのではなく、ランダムで四方八方に転がっていきます。なので、従来のボールよりも飽きにくい点がメリットです。

自動で動くボールと言うとアプリと連携して動かさなければならないのか、と考える飼い主もいると思います。しかし、ウィキッドボールはアプリを連携させる必要はありません。

ウィキッドボールが目指すのは「手軽さと安全」です。電源を入れるだけで動かせるので、飼い主にとっての手軽さとペットの安全を両立させる事が出来ます。使いたい時に電源を入れて、やめたい時はすぐにボールの動きを止められるのはひじょうに素晴らしいです。

連続使用時間も8時間と長く、充電時間も1時間程度なので使い勝手の良いペットグッズであると考えます。

またたびを仕込めるボール

さらに猫ちゃんに嬉しいのは、マタタビを仕込めるところ。ボール中央の骨型の収納箇所に、マタタビを入れて香りで興味をひくことができるので、あきっぽい猫ちゃんや運動があまり好きではない猫ちゃんも自然に遊んでしまうこと請け合いです♪

カラーバリエーションも豊富!

ウィキッドボールのカラバリは4種

全自動で動くペットトイはカラーバリエーションが乏しく、デザイン性も低い面が目立ってしまいます。しかし、ウィキッドボールはカラーバリエーションが全4種類と豊富に用意されています。更にデザインもテニスボールのようなコンパクトでお洒落な見た目となっています。

使わなくなったら、インテリアとして置いても部屋の景観を損なわないので購入して損は無いと考えます。

まとめ

ウィキッドボール

ウィキッドボールは飼い主の不在中という不安な時間を埋めてくれるこれまでにないペットトイです。使い方も単純で、充電式なので使い勝手も良い点がメリットが沢山ある商品となっています。

スポンサーリンク