猫がこぼしやすい食べ物4つ

猫がこぼしやすい食べ物4つ

猫がこぼしやすい食べ物ってあるのでしょうか?ムシャムシャ食べていても、口からポロポロとこぼれてしまっているのは食べ物に原因があるようです。また、猫がこぼさないようにする為の方法も追求してみましょう。

557view

猫がこぼす食べにくいもの

フードボウルからこぼれたキャットフード

猫の個体差や年齢にもよりますが、よくこぼしてしまうのは色んな理由があるようです。では、猫が食べにくいと思っている食べ物の特徴を挙げてみましょう。

1. フードの大きい物

猫が口からよくこぼしてしまうのは、ドライフードによく見られます。ドライフードの大きさも様々で、猫は大きすぎると食べにくいのも理由のひとつとしてあるようです。口の中に入れてもこぼれてしまうのは、噛み砕いてこぼす、頰張りすぎてこぼすなどの理由があるのでしょう。

2. フードの硬い物

こぼしやすい特徴の食べ物には、硬いと言う理由もあるようです。ドライフードが硬くて食べにくいのもありますが、ウエットフードでもあり得ます。肉や魚を食べるときにもこぼしやすいです。ウエットフードにも、細かく潰したものもあれば、噛みごたえのある固まりになっているものもあります。大きい、硬いなどが合わされば、猫もこぼしやすい食べ物になってしまうのでしょう。

3. フードの形状によるもの

猫は物を食べるときに、咀嚼をすることが少ないのもこぼす原因です。なるべく噛まないで素早く飲み込もうとするようです。食べ物の形が食べにくいからこぼしてしまうのです。ドライフードの形が、ギザギザやいびつな形状だと、こぼれやすいのでしょう。歯の生え方によって、こぼれやすい形状の食べ物があるようです。

4. フードの細かくなった物

猫がこぼしやすい食べ物は、細すぎても食べなくなります。と言うのは、目に見えないものや、こぼれ落ちたものに気づかないことがよくあります。フードを食べたときに、こぼれてしまったのをそのままにしてしまうのです。細かくなり、こぼれてしまったフードをお皿から取り除けないので諦める場合と、細かくなったものに気づかず興味がなくなると言う場合があるようです。こぼしやすい食べ物と言うのは、食べにくいと判断したのでしょう。

猫が食べ物をこぼす原因

フードで書かれたクエスションマークを見る猫

猫がこぼしやすい食べ物を挙げましたが、食べ物だけに原因があるとは言いきれません。他に考えられる食べ物をこぼす原因を紹介してみましょう。

お皿に問題がある

浅いお皿で食事をする猫

フードを入れるお皿に問題があると、こぼす原因と言うのが多かったりします。お皿の形が浅すぎる、深すぎると口にうまく運べません。舌を使ってフードを口に入れようとしますが、フードがボロボロと下に落ちてしまうのです。滑りにくい素材でも、このようにこぼれてしまうのでしょう。

高さに問題がある

食べにくい原因として、お皿の高さも原因があるようです。こぼれてしまうのは、食べづらいと言うことなので、喉に通らないような高さなのかも知れません。お皿の高さが低いと、食べたものが逆流してしまう恐れから、食べ物をこぼしてしまうのでしょう。顔を上にあげてしまうような仕草をする場合は、お皿の高さがあっていないようです。

口の中に問題がある

病院で口の中を診察されている猫

猫の口の中に口内炎や歯周病などの問題があると、こぼしてしまう原因です。口の中が炎症により痛くて食べられないのは、食べたくても食べられない状況です。それでも、無理して食べるとこぼれてしまうのですが、敏感な猫は食べるのをやめるようです。辛そうに食べているようであれば、口の中に問題がないか確認してください。

食べ方に問題がある

猫がこぼす原因には、食べ方に癖があるからでもあります。本来猫は、獲物を食べるときにむしるようにして食べると言います。獲物の肉を引きちぎるように、首や頭を振って食べる習性があるようです。その名残から、食べ方に問題が生じるのかも知れませんね。また、猫の性格をみると焦って食べる猫、落ち着きがない猫は、よくこぼしているようです。

まとめ

フードをこぼしながら食べる猫

猫がこぼしやすい食べ物を紹介してみました。あなたの愛猫は、食べ物をよくこぼすでしょうか?こぼしやすい食べ物と、こぼしやすい原因がわかれば改善されると思います。大きい硬いなどの食べ物に関しては、猫が食べやすい大きさや硬さにしてあげましょう。

また、口内炎などの病気があるときは病院で診察するようにしましょう。口内炎は、他の臓器からきている病気でもあるので軽く見ていてはいけません。ご飯をこぼさずに、美味しく食べてもらえるように改善していきましょう。

スポンサーリンク