猫が強がってる時にする8つの仕草

猫が強がってる時にする8つの仕草

猫がそっぽを向いている仕草の裏には、強がっているサインがでているかも知れません。猫が我慢や興味がない振りをしていても本心は違う場合もあるようです。猫が強がってる時に見せる仕草をいつくか紹介してみたいと思います。

1671view

猫が強がっているときのパターン

視線を外してくつろぐ猫

どんな性格の猫でも、ときには強がっていることがあります。その都度、猫の気持ちはころころと変わり、見抜くのも大変ですよね。猫は強く見せようと言う気持ちがあるのか、怖くても強がってしまいます。「これは強がってるな」と思う仕草のパターンを紹介していきましょう。

1 怖いのに立ち向かう

自分より大きな犬に近づく子猫

負けず嫌いな所から、怖いとわかっていても近づこうとしてしまいます。厳しい表情をしながら、掃除機や黒いものに立ち向かっていきます。「ぜんぜん怖くないんだぞ」と震えながら勇敢な姿を見せてくれます。飼い主さんが見ると、どうみても強がっているようにしか見えません。

2 遠くから眺めている

猫が強がってしまうのは、他の猫が邪魔をしているからなのでしょう。飼い主さんと遊んでいても、他の猫が遊びだすと離れていってしまいます。遊びたい気持ちを我慢して遠くから見つめています。「一緒に遊ぼう」と誘ったところで、素直に来るはずもありません。遠くから眺めてる表情が切なくて、強がっているように見えてしまいます。

3 フードを食べない

フードから視線を外す猫

私の猫は、頑固で筋をまげない所があります。新しい家族が増えたとき、2日間ご飯を食べませんでした。大好きなおやつでさえ必死に堪えていました。「意地でも食べない!」と言う頑固な部分と、「お腹空いたなー」とよだれが出てしまってる部分から、体と心が一致していない状態です。最終的には、猫が負けて食べました。強がっても、においには勝てないようですね。

4 知らない振りをする

思わぬハプニングや、予想が外れてしまうと焦りが隠せません。例えば、飛び乗ろうとして着地に失敗した、底があると思っていたら空洞だった!などのハプニングに「びっくした!」と耳を後ろに傾けます。

しかし、猫は知らない振りをして毛づくろいをします。「誰かに見られたかな?」など考えながら、本当は強がっているだけなのでしょう。

5 仕返しをする

喧嘩をする猫

猫は根に持つことはありませんが、仕返しをすることはあります。たまに、猫同士でじゃれ合いからヒートアップしますが、負けた猫も追いかけていき離そうとしません。隅に追いやって仕返しをします。

勝っていた猫もさすがに「やりすぎた!」と思ってしまいます。お互いに負けを認めたくない一心で強がっていますが、そのうち丸くおさまってしまうのです。きっと、追い詰めた方の猫も「仲良くしよう」と言いたかったのでしょう。

6 わざと近くに行く

猫は警戒していても、そこが自分のテリトリーなら環境に馴染もうとする所があります。「逃げていても仕方がない」と言う気持ちと「僕のテリトリーにくるな」と言う気持ちの葛藤が見られます。わざと近くに行きますが、猫の耳を見ると神経を逆立てているのがわかります。

7 高い所に行こうとする

棚の上から見下ろす猫

猫は高い場所に登ると、とりあえず安心だろうと思ってしまうようです。猫が何かから逃げたいときや、状況を確認したいときなどは眺めの良い所にいきます。飼い主さんからすると「猫は高い場所が好きだな」と思っているだけでも、猫にすると強がりからの行動とも言えるでしょう。

8 一人になりたがる

猫はどちらかと言うと、強がるタイプです。弱みを見せたがらないのは、猫に備わった本能のひとつです。具合が悪いときなど、誰にも悟られたくないと平気なふりをします。

しかし、平然を装うのに疲れると一人になれる場所に行こうとします。飼い主さんの前では強がっていますが、本当は痛みがある、辛いと言う状態なのでしょう。

まとめ

窓辺に座る猫の後ろ姿

猫が強がってるときにする仕草を紹介しました。強がってしまうのは、主に単独生活をしてきたことが関係しているのでしょう。誰かに助けてもらうよりは、自分の身は自分でしか守れないと思っているのです。自分の気持ちと反対の行動をとって、自分のペースを守ろうとしているのでしょう。

その反面で、猫も飼い主さんに気持ちを伝えたいから、強がって見せているのかも知れません。強がっていると感じたら、無理をさせないように手を差し伸べてあげたいですね。