猫の毛色による9つの性格の違い

猫の毛色による9つの性格の違い

猫ちゃんの毛色と性格は実は関連しており、同じ毛色だと似た性格になりやすいというデータがあります。もちろん性格は毛色だけでは決まりませんが、自身の愛猫はどんな性格の子に多いのか把握する事も面白いと思います。

11294view

1.白い毛色の猫の性格

青い瞳の白猫の顔アップ

真っ白な猫ちゃんは優雅で動きに気品があり、見とれてしまう方も多いと思います。
よく見ると耳の一部が茶色かったり、少し模様が入っていたりする猫ちゃんもいます。
自然界において「白」は目立つ色なので、生き残るために慎重な行動をとるためか、賢くクールな子が多いです。
飼い主さんに対しては独占欲が強く、繊細な心をもつ子が多いようです。
また左右の目が異なる「オッドアイ」と呼ばれる子は、白猫全体の25%しかいません。

2.黒い毛色の猫の性格

赤い首輪の黒猫

漫画やアニメの世界で描かれることの多い黒い猫ちゃんは、何を考えているのか分からないミステリアスな印象を受けますが、実際には甘えん坊で人懐っこい子が多いです。
日本では「吉」の象徴ともされる黒い猫ちゃんは、よく見ると毛並みの根元の色がグレーやブラウンだったり、薄く縞模様が入っていたりと、様々なバリエーションがあります。
穏やかな性格なので、初心者の方にも飼いやすい猫ちゃんといえます。

3.灰色の毛色の猫の性格

座って後ろを見る灰色の猫

「ブルーキャット」とも呼ばれており、猫ちゃんの種類ではロシアンブルーやコラット、シャルトリューなどがあげられます。
血統ごとには性格が違いますが、基本的には落ち着いた性格をしており、繊細な面もあります。
心を許した人には懐く傾向がありますので、愛情深いところを好きになる飼い主さんが多いようです。

4.キジトラの性格

道端でくつろぐキジトラ猫

茶色の毛柄に黒の縞模様が入っており、自然界の中では身を隠すのに有利な色とされています。
猫ちゃんの先祖であるリビアヤマネコに近い存在であり、その野生の血が残っているせいか、他の猫ちゃんよりも運動神経の良い子や警戒心の強い子も多いです。
そのため抱っこを嫌がる子もいるので、距離のとり方に配慮が必要なときもあります。

5.茶トラの性格

香箱座りをしている茶トラ猫

明るい性格で、日本で人気を博している茶トラは、温厚で人懐っこくもあります。
遺伝子の関係でオスで生まれる子が多く、その割合はオス:メス=8:2とされています。
警戒心が高くありませんが、小心者な面もあります。
また食いしん坊で太りやすい傾向もありますので、飼い主さんが注意深く観察し、健康管理してあげる必要もあります。

6.サバトラの性格

木の陰で眠るサバトラ猫

明るいグレーの毛柄に黒の縞模様が入った猫ちゃんです。
名前の由来は魚の「サバ」に似ているところから名付けられました。
性格は2つに大きく分かれるようで、おっとりして人懐っこい子と警戒心があり、慎重派な子がいます。
それぞれの性格に合わせて接してあげると、ストレスが少なくなるでしょう。

7.三毛猫の性格

寝転んでくつろぐ三毛猫

一般的に黒・茶・白の3色の毛色をもつ猫ちゃんを指します。
遺伝子の関係上ほとんどがメス猫で、オス猫は3万匹に1匹の確率といわれています。
ちなみにそのオス猫は古くから「災いから身を守る」といわれており、巡り会えたらラッキーな猫ちゃんでもあります。
メス猫に関しては、猫ちゃんの中でもお嬢様かつミステリアスな気質を併せ持っており、猫らしい猫といえます。

8.ハチワレ猫の性格

こちらを見つめる大きな瞳のハチワレ猫

頭から鼻にかけて漢字の「八」のように、白と黒が分かれている毛色をもつ猫ちゃんです。
末広がりを意味する「八」なので、日本では縁起の良い猫ちゃんでもあります。
綺麗に左右対称に分かれている猫ちゃんもいれば、7:3で分かれていたり、あご髭があったりといろいろな種類があります。
白の面積が広いと気が強く、黒の面積が多いと穏やかな性格と言われています。
基本的には遊び好きで落ち着きがなく、誰にでもなつく子といわれています。

9.サビ猫の性格

草原の中で遠くを見るサビ猫

黒・茶・焦げ茶を併せ持つ猫ちゃんです。
三毛猫同様、メスの猫ちゃんが多いですが、性格は甘え上手な傾向があります。
賢く社交的な性格でもありますので、初心者の方にも飼いやすい猫ちゃんの1種だといえます。

まとめ

様々な毛色の猫たち

猫ちゃんの毛色は本当に様々で、それに比例して性格も多くあります。
どの猫ちゃんも可愛いことには間違いありませんが、飼う前に一つの参考値として見ていただいてもいいかもしれません。
家族の人数や生活スタイルによっても大人しい性格の子がいいのか、活発な子がいいのか、各々の猫ちゃんに合わせた生活を送ることができればと思います。