全く目が見えない状態で保護された猫のお話

全く目が見えない状態で保護された猫のお話

目が見えなくても、それを猫は物怖じすることはありませんでした。

1077view

全盲の猫

保護

子猫のジューンは、サウスアフリカのケープタウンで発見され、”the Domestic Animal Resucue Group (DARG)”に保護されました。

全盲

ジューンの目は全く見えません。
でも、彼女はそれを気にしていないようです。

彼女は元気いっぱいです。

彼女は出逢う人すべてに愛を求めます。

里親

アンドリューとレベッカは、ジューンのことをSNSで知り、里親になる決意をしました。

彼らは1度も会ったことのないジューンを受け入れたのです。

初対面

彼らがジューンを迎えに行ったとき、彼女はすぐに新しいお父さんに寄り添いました。

車中で

家路に向かう車の中でも、ジューンはお父さんの腕の中で甘えていました。

新しい生活

ジューンは、彼女の新しい家族との生活を楽しんでいます。

彼女にはレイアとリールーという猫家族もできました。

最後に

「私はこれほどまで愛らしく幸せな子は出逢ったことがありませんでした。彼女は最も愛すべき小さな命です。」と新しいお父さんは語りました。

スポンサーリンク