猫に邪魔されがちなこと7つ

猫に邪魔されがちなこと7つ

猫って可愛いのでつい許してしまいますが、「どうしてそこに来るの?」と言いたくなってしまうほど飼い主さんを邪魔して困らせることがありますよね。そんなありがちな猫に邪魔されあるあるについてご紹介させていただきます。

652view

猫に邪魔をされるのはどんなとき?

アイマスクの飼い主と猫

猫ってどうしても飼い主さんの近くに来たいので飼い主さんの作業の邪魔をしてしまうことがありますよね。

猫はきっと悪気はないのでしょうが、飼い主さんにとってはタジタジだと思います。そんな猫の邪魔されあるあるについてご紹介させていただきます。

1.テレビの前に立ちはだかる

テレビを見ている猫

飼い主さんが一息つこうと寝転んでテレビを見ていると「構って~」と駆け寄ってきて、なぜか画面の見えなくなる場所に座ってしまってしまうことありますよね。

またそれだけでなく、テレビを見ていると猫もテレビの目の前に座って一緒に鑑賞をし始めることもあるでしょう。

座ってくれる場所がテレビの前や近くでなければ良いのですが、目の前に座られてしまうと何も見えなくなってしまうのでたまりせんね。

2.スマホを打つ手を押さえる

猫と携帯

猫って狩猟動物ですので、動くものだと何でも興味を示してしまいます。特に気になるのが激しく携帯を操作して指先が動く飼い主さんの手を見ると「飛びつきたくなってしまう」衝動にかられてしまうでしょう。

そうなれば携帯なんてお構いなしに手に飛びつき、噛んだりキックを炸裂されてしまうこともありますよ。

3.暖房器具を乗っ取られる

暖炉と猫

猫は寒がりな動物なので冬の時期になると飼い主さんの暖房器具を我が物顔で使い出すことがあります。

例えば足元ヒーターをつければ飼い主さんの足元よりも前を陣取って座ってみたり、こたつをつければ中に入って真ん中を陣取られてしまうこともあるでしょう。

4.ゲームの電源ボタンを踏む

リモコンと猫

猫って飼い主さんが持っているものには何でも興味を示してしまいますよね。特に飼い主さんが持っているような目新しいものには特に近づかずにはいられません。

そんなときに、ゲームをして飼い主さんが夢中になっていると猫も「これはなんだ?」と匂いを嗅いだり近寄ったりしてきて、運悪く電源ボタンを踏んで消えてしまったなんてこともあるでしょう。

ゲームによってはセーブができておらず、データが消えてしまうとなると大変ショックですね。

5.パソコンのキーボードを誤操作してくる

パソコンと猫

猫は飼い主さんの足元へ近付き、構ってアピールをしてもスルーされてしまうことがあると気づいてもらおうと「視界に入ってくる」ことがよくありますよね。

そうなれば、飼い主さんがパソコンをしていてもお構いなし。キーボードで大量の誤操作があろうともお構いなしに乗って飼い主さんの手元にやってきてしまうことでしょう。

6.ピアノの鍵盤で転がってくる

ピアノに乗る猫

飼い主さんの趣味などでピアノを弾いていると構ってほしい猫はピアノのペダル付近でゴロゴロ...。しかし飼い主さんはピアノに夢中で構ってもらえないと気づいてもらおうと鍵盤の上へ乗っかり、不協和音を演奏してくれます。

飼い主さんの手元でないところであれば良いのですが、手元にまで侵入してこられると演奏どころではなくなってしまいます。

7.新聞や本の上に乗ってくる

ペンをくわえている猫

猫は暖かいところ、そして飼い主さんの近くが大好き。その両方の条件を満たしているのが飼い主さんの読書タイムや新聞を読むときです。

椅子に座って落ち着く飼い主さんの側には転がりたくなるような新聞や本、チラシなどがあるとつい陣取って寝転んでしまうのです。しかし、読んでいる途中の飼い主さんとしてはたまったもんじゃありませんね。

まとめ

バイオリンの先と猫

猫は可愛いのですが、ときには飼い主さんが「なんでそこなの?」と言いたくなるような場所にやってくることがあります。

テレビの前やピアノ、パソコン、新聞の上などに乗られてしまうと本当に困ってしまうものですね。