耳が折れている猫種がいるのはなぜ?飼うときのポイントは?

耳が折れている猫種がいるのはなぜ?飼うときのポイントは?

耳が折れている猫や、足の短い猫など色んな猫種がいます。今回は、耳の折れている猫種についてお話してみようと思います。耳が折れている猫は、外見の可愛さとは裏腹にいくつもの問題を抱えていたようです。どうして耳が折れている猫種がいるのか?飼う前に特徴やポイントを知っておきましょう。

747view

耳が折れている猫がいる理由

スコティッシュフォールド

遺伝によるもの

猫の耳は、通常なら上に真っ直ぐに立っているのが一般的です。その中で耳が折れた猫がいるのは、遺伝によるものです。ある日突然変異で耳の折れた猫が生まれ「ユニークな外見」とされたのが始まり。研究され、遺伝的要因によるものと判明しました。

人間が繁殖させたから

このように、折れ耳の猫は遺伝により生まれると確認した人間が、折れ耳の猫同士交配させ繁殖させ始めたのです。つまり、1匹の猫の持つ「折れ耳」遺伝子を残すため、その遺伝子を持っている猫同士を交配させたということ。折れ耳の猫がこの世に広まり人気を集めているのは、人間が近親交配を幾度も繰り返して、無理やり作り上げたからなのです。

突然変異によるもの

猫の耳が折れる理由は、遺伝だけではないようです。遺伝性が全くない猫も、ある理由から突然耳が折れてしまう事があるそうです。

耳に疾患のある、耳を掻きむしる、耳を物に擦り付ける、アレルギーのある、手術をした猫など折れる原因や理由は、はっきり言ってわからないそうです。突然何かしらの理由で、耳が垂れたり、先が折れてしまう猫も中にはいるようです。

耳が折れているいる猫種

二匹のスコティッシュフォールド

スコティッシュフォールド

耳の折れている猫で有名なのは、スコティッシュフォールドでしょう。垂れ耳だけではなく、まん丸のお顔が愛くるしく、ぼてっとした体が愛おしいと人気のある猫種です。耳の垂れ具合で、値段の相場も変わると言うのに驚きが隠せません。性格もおっとりして穏やかなのが特徴です。

スコマンチ

スコティッシュとマンチカンをミックスさせたのがスコマンチです。マンチカンと言えば、足が短いのが特徴です。マンチカンもとても人気が高いですよね。この猫は、スコティッシュの垂れた耳と、マンチカンの短い足を受け継いだ猫種なのです。つまり、それぞれに人気のある部分を組み合わせて、可愛さを倍増させた猫種と言えるでしょう。好奇心旺盛で少し臆病な性格が特徴です。

可愛さ以上の問題

スコ座りのスコティッシュフォールド

遺伝による疾患

可愛らしい折れ耳の猫種は、遺伝子の突然変異によって骨が形成異常を起こしているものなのです。

折れ耳の猫種を発生させる為に、より遺伝の強い同じ猫種を交配させます。そのため、耳だけでなく骨や関節にも異常が起きやすくなるのです。スコティッシュフォールドやスコマンチの猫種は「遺伝性骨軟骨異形成」と言う遺伝性疾患にかかりやすいそうです。耳が折れた猫は、足や腰、しっぽなどの骨に変形や異常を引き起こす可能性が高いと言えるのでしょう。

猫が人間に伝えたいこと

スコティッシュフォールドのスコ座りをご存知でしょうか?後ろにもたれかかり、足を前に投げ出して座るポーズです。これは、人間の目には「おやじみたい」「疲れきってる」などと愛おしさが滲み出る様に映っています。

しかし実は、猫はこの格好ではないとしんどいと言う理由があるのです。足に体重をかけると痛いため、負担を削減させる為に対策として、このような座り方をしているのです。

骨の形成異常のため、足や関節は神経を圧迫されるなどで苦労していると言うのが本当のところなのでしょう。「大人しくて飼いやすい」本当の理由は、動くのが辛いというだけなのかも知れません。

飼う時のポイント

スコティッシュフォールド

耳のチェックと掃除

耳が折れていると、耳の病気にかかりやすくなります。ジメジメした梅雨の時期は、とくに通気性も悪くなり耳の問題が多くなるでしょう。外耳炎や耳ダニに注意が必要です。

ただし耳が折れている猫種に限った事ではなく、どの猫にも耳のトラブルはあります。週に一度は、耳の中をチェックする事と場合によっては、こまめに異常がないかを確認して下さい。綿棒やコットンで優しく拭き取り掃除してあげましょう。病院で処方してもらい、洗浄液を使用する場合もあります。

縦の運動よりも横に運動させる

無理な運動を控えるようにしましょう。高い場所に上がるのは、足や腰に負担がかかりやすくなります。キャットタワーなどは、下りる際に足の関節を痛めてしまいます。

縦に動くよりも横の運動に力を入れてあげましょう。

医療費が高くなる覚悟

先程挙げた耳の折れた猫種は、遺伝疾患が多く見られます。骨の形成異常だけでなく、内臓疾患も起こりやすいようです。心肥大や腎臓障害、関節疾患でヘルニアや脊髄の病気など、遺伝によって発症する病気が多くなります。

病気が発症して、薬や放射線で痛みを穏和したり、負担をかけながら臓器に鎮痛剤を打ち続ける、外科手術などの治療を強いられるでしょう。

完全な治療法がまだないと言うこともあり、高額な治療費が必要になる可能性もあります。医療費や介護の覚悟などをしておかないと後悔する事になるかも知れません。飼う前に、猫種についてちゃんと把握してから迎える必要があるのです。

まとめ

スコティッシュフォールドの子猫

耳が折れている猫種についてと、飼うときのポイントについてお話していきました。耳が折れている猫種は、遺伝によるもので、人間が無理に作り出した品種です。遺伝性疾患のリスクが高いため交配を禁止している国もあるほどで、今後どうなるかわからないとも言われているようです。

可愛いという理由だけで猫を飼うのではなく、特徴を知って理解し飼うようにしましょう。折れている耳の猫種がいなくならない為にも、医療の発展や今後の繁殖方針に期待したいところです。

スポンサーリンク