猫に塩対応される瞬間6選

猫に塩対応される瞬間6選

猫は自由、気まぐれ、そして気分屋さんな生き物なので、飼い主さんが思いを募らせて猫に愛情を求めても冷たく「塩対応」であしらわれてしまうともありますよね。何だか寂しくなってしまうような、そんな猫の塩対応あるあるについてご紹介させていただきます。

1141view

猫の塩対応であるあるシチュエーション

寝転がる猫

猫には愛情をたっぷり注いであげたいものですが、気持ちを伝えようとすると無視されたり逃げられるなど飼い主さんが寂しくなってしまうような「塩対応」をされてしまうこともあると思います。

そんな塩対応の瞬間についてご紹介させていただきます。

1.触ると逃げられる

走る猫

猫は気まぐれな動物。いつもは尻尾をふわりと立てて寄ってきてくれるのに、突然触らせてくれなくなることもありますよね。

自分から寄ってきたのに、飼い主さんが触ろうと手を伸ばしたら慌てて立ち去ってしまったり、「今は触っていーらない」とプイッとどこかへ行ってしまうような寂しい行動をされてしまうそれは、まさに「塩対応」ですね。

2.おやつをあげるとすぐ立ち去る

チーズを狙う猫

飼い主さんは猫が喜んでくれるからと思ってご褒美などに「おやつ」をあげることがありますよね。

近年では飼い主さんの手で直接あげられるおやつなどもあるので、スキンシップも兼ねて猫に食べさせてあげる方もいらっしゃると思いますが、そんなおやつをあげた途端「くわえてとこかへ逃げる」という塩対応をされてしまうのもあるある。

猫はもともと他の動物に獲物を盗られないようにコッソリ自分の縄張りで食べるので、その本能からこのような行動をしてしまっているのかもしれません。しかし、飼い主さんとしては寂しいですね。

3.呼んでも無視

そっぽ向く猫

猫には毎日名前を呼んで声掛けをしていると思います。

ご機嫌だと「ニャーン」と返事をして寄ってきてくれるのですが、軽く塩対応だと「呼んでも声だけの返事がくる」ということもあるでしょう。

最も辛いのは「呼んでも耳だけの反応をされるとき」「呼んでもスルーされるとき」です。気分によって本当に反応が変わるので飼い主としては寂しくなってしまいますね。

4.撫でると立ち去る

撫でようとする人と猫

猫って人間の足元で爆睡していたり、ゴロにゃんこをして気持ちよさそうにリラックスしていることもありますよね。

そんなときに飼い主さんも「触ってさらにリラックスさせてあげよう」とブラッシングしてみたり、優しくスキンシップをとることもあると思います。

しかし猫がそんな気分じゃないと、飼い主さんが触った瞬間に「どこかへ立ち去る」という悲しい塩対応をされることも。

5.おもちゃに無反応

猫とおもちゃ

猫はおもちゃで体を動かして遊ぶことが大好きです。

それなのに飼い主さんが「遊ぼう!」といくらおもちゃを揺らしたり目の前で誘っても「いまそんな気分じゃない」と、無反応という塩対応をされることもあるでしょう。猫は気分の差が激しすぎますよね!(そんなところも魅力なのですが)

6.イライラされる

猫の尻尾

飼い主さんが「嫌われているのかな?」と思ってしまう猫の塩対応もあります。それは「声をかけるとイラッとされる」「撫でるとイラッとされる」というもの。

猫はイライラと不機嫌になると尻尾を左右に振ります。飼い主さんの声掛けやスキンシップですぐに尻尾を振ったときはまさに不機嫌でもあり、やめてほしいからこその塩対応なのでしょう。

まとめ

目を細める猫

毎日一緒にいるからこそ、日々遊んだり声掛けをしたりスキンシップをとったりと、飼い主さんはたくさん愛情を注いであげたいものですが、猫はそういう気分ではないときには塩対応をしてしまいます。

猫は気まぐれな生き物なので、あきらめずに、猫の上機嫌なときに再チャレンジしてみてくださいね。