イケメンが多い猫の種類8選

イケメンが多い猫の種類8選

皆さんは「イケメンな猫」と言えばどのような猫を想像されますか?性格がイケメンであったり、見た目がカッコよかったり、品種からワイルドでイケメンな猫もいるものですがそのような飼い主さんが惚れぼれするような猫種についてご紹介させていただきます。

1851view

どんな猫がイケメン?

サーバルキャット

皆さんは「イケメンな猫」といわれるとどのような猫を想像されますか?性格や表情などの見た目がイケメンに見えることもありますが、品種によって行動や仕草その全体像が野性味があふれて「ワイルドでイケメンな猫」もいるものです。そんなイケメンな猫ちゃんシリーズについてご紹介させていただきます。

1.ベンガル

ベンガルの子猫

見た目もワイルドでまさに見た目がなんともイケメンなのが「ベンガル」です。最初見たときは猫?と分からないくらいトラ寄りにも見えるベンガルですがこの猫は「イエネコとベンガルヤマネコ」を交配させた品種です。

ベンガルは猫の白血病の研究のために1963年にジーンサグデン=ミルズ氏がイエネコと交配させたことがきっかけで誕生をしました。はっきりとした斑点の模様はまさにトラのようでF4以降の猫がイエネコとして最適だと言われてはいますが、その見た目は本当に野性味があふれイケメンですよ。

2.サバンナ

サバンナ

サバンナもイエネコとアフリカのサーバルキャットを交配させた品種の猫です。最初に交配させた品種はF1と呼ばれて野性味があふれすぎイエネコというよりもまさに野生の猫。そしてその野生の血が薄くなったものをF2やF3...と呼ぶのですが、F3でもまだサーバルの血が濃く野性味が強すぎるイケメン猫です。

サバンナはガタイも大きく、頭も賢い、そして好奇心旺盛で猫というよりも「犬」をイメージする方が多いよう。サバンナは地域でも飼育ができないことが多く、なかなかペットショップなどでもお目にかかれませんが実際に見ると本当に惚れぼれしてしまうイケメンです。

3.トイガー

トイガー

ロサンゼルスのキャットブリーダーであるジュディサグデン氏が「トラに似たようなイエネコ」を育てることに尽力してきた結果に誕生したのがこの「トイガー」と呼ばれる猫。トイガーは一見ベンガルにも見え、世界中で人気のあるイケメンな猫。しかし、見た目とは裏腹に優しい性格の持ち主でもあるようです。

4.オシキャット

オシキャット

筋肉質な見た目がなんともワイルドで明るく、飼い主さんも一緒に暮らしていて楽しいこと間違い無しの「オシキャット」オシキャットの撫で心地は非常によく、サテンのように滑らかと言われています。
アイボリーの毛にヒョウ柄の見た目はなんともワイルドでイケメンです。

5.チャウシー

チャウシー

ジャングルキャットの交配種で「大型猫」でもあるチャウシー。体重も8kgあり、野性味があふれた猫です。見た目も性格もワイルドでイケメンです。

6.ピクシーボブ

ピクシーボブ

自然繁殖によって1985年頃に誕生をした猫。ボブキャットのような尻尾の猫とイエネコが交配したところ、このような体高が高く後ろ足が前足よりもわずかに長いという特徴の猫が生まれました。忠実で従順、イケメンな猫になついてもらいたいならばピクシーボブもおすすめです。

7.チートー

チートー

野性的で「チーター」をイメージされる方もいるかもしれない「チートー」しかし、チートーはイエネコのように穏やかな飼いやすい猫を目的として開発された品種でもあります。

ベンガルとオシキャットの交配種であり、オス猫の場合体重がおおよそ10kgにもなる大型猫です。
そのずっしりとした佇まいはなんともイケメンです。しかし、人懐っこく子供にも親しい性格なので家族で飼うにはぴったしです。

8.セレンゲティ

セレンゲティ

ベンガルとオリエンタルショートヘアをかけ合わせて誕生した「セレンゲティ」あまり聞いたことがない品種ですが、サーバルをイメージして開発された猫です。俊敏で活発、運動をするのが大好きな猫なので飼い主さんと遊ぶのも大好きです。そんな見た目はたまりません。

まとめ

Otto

猫にはワイルドで野性的のあふれた見た目を持つ品種がたくさんいます。しかし、そんな見た目とは裏腹に優しい性格の猫ちゃんもたくさんいるので是非これからイケメンな猫ちゃんを考えている方は検討してみてくださいね。