猫の不思議行動!猫がおしっこの後に後ろ足で砂を蹴る理由とは?

猫の不思議行動!猫がおしっこの後に後ろ足で砂を蹴る理由とは?

猫って飼い主さんが理解できないような不思議な行動をすることもありますよね。そんな中でも猫のおしっこの後に不思議な行動は多いもの。飼い主さんには理解し難い「砂を蹴る行動」の理由として考えられることについてご紹介させていただきます。

1820view

猫がおしっこの後に砂をかける理由

トイレに入っている子猫

猫の行動ってなかなか飼い主さんが理解できないような不思議なこともありますよね。そんな中でも猫の不思議が多いのが猫の「トイレ事情」。

皆さんの愛猫はおしっこをしたあとに「砂をかける」という行動をしますか?

おしっこをした後に器用に砂をかけておしっこやうんちを隠すという行動。飼い主さんからすると「どうしてわざわざ埋めているの?」「キレイにしているの?」と思ってしまいがちですが、この不思議な行動には深い意味があるようです。

そこでここでは、猫がおしっこの後に砂をかける理由についてご紹介させていただきます。

自分の存在を消すため

猫は本能的に「自分の存在を隠そう」「自分の存在を消そう」とする行動をします。というのも、現在の猫は家で飼われていることも多く比較的安全なのですが大昔の猫は山などで自分で狩猟をして暮らしていました。その時代はまさに「弱肉強食」の世界。

猫は狩猟動物としてネズミや鳥などの小動物を狩りして暮らしていたのですが、猫のおしっこは強烈なニオイがあります。そんなおしっこを自然に排泄してしまえば、外敵や獲物に「自分の居場所」をさらしてしまっているようなものです。それにより、外敵から身を守るためにも自分のおしっこに砂をかけて自分の安全を確保しているのですね。これは現在イエネコとなってからでも本能的に残っているのです。

自分の立場を考えて遠慮しているから

猫の世界にもボス猫などの「強い弱い」という猫それぞれの立場があります。この「劣位」によっておしっこの後に砂をかけるという説もあるようです。

猫の中でも自然で暮らす野良猫たちはガタイが大きく喧嘩に強く、去勢をしていないオス猫などが「ボス猫」となりやすいです。そんなボス猫は自分が強いのでおしっこに砂をかけないとも言われています。

そんな中で他の猫がおしっこに砂をかけなければ「俺(ボス猫)よりも強いのか?」と縄張り争いなどの原因にもなってしまいます。そのようなことが起こってしまわないようにするためにも猫はそれぞれおしっこに砂をかけて遠慮をしているのです。

病気の繁殖を防ぐため

猫砂の隣に座っている猫

猫のおしっこやうんちの中には自分や他の猫が感染症などの病気になってしまう病原菌が潜んでいます。

特に猫のおしっこの中には「猫伝染性腹膜炎ウイルス」、うんちには条虫や回虫などの寄生虫も潜んでいるものです。これらが外に広まってしまわないようにするために「病気を防ぐため」におしっこなどに砂をかけるという説もあるようです。

おしっこの後に砂をかけない猫もいる?

砂をかいている猫

猫を見ているとほとんどの場合がおしっこの後に砂をかけて隠すような仕草をしますよね。しかし、猫によっては上手に砂がかけれず「おしっこの跡を埋めれない猫」や「全く砂をかけない猫」もいるようです。

その割合としてはなんも「3割」にも上り、おしっこの後に砂をかけない猫を飼っていることもあるでしょう。

これはもともと「おっとりとしており野性味が薄い穏やかな猫」に多く、警戒心も少ないような優しい性格の猫がこのような行動をすることがあるようです。

またその他には「ボス猫的存在の猫」も砂をかけません。
自宅で飼っていてもボス猫のように気の強い猫は自分の存在を消す必要もないと考えているためにおしっこの後に砂をかけないのです。

まとめ

赤いトイレに足を踏み入れた猫

猫はおしっこの後に砂をかけるという不思議な行動をしますよね。

これは7割の猫がこのような行動をするようで、砂をかける理由としては「自分の存在を消すため」「ボス猫への遠慮」「病気の蔓延防止のため」などという説が考えられるようです。

スポンサーリンク