油断大敵!猫に多い事件事故7選

油断大敵!猫に多い事件事故7選

「うちの猫は完全室内飼いだから安全」だと思いこんでしまっていませんか?実は自宅で過ごす猫ちゃんにも身の回りに命を脅かされるような危険がたくさんあります。そこで今回は起こりがちな事件事故についてご紹介させていただきます。

3772view

猫に多い事件事故!

飼い主の肩に抱かれて心配されている猫

猫を飼っていると「うちの猫は完全室内飼いだから安全」だとつい思いこんでしまいますよね。しかし、自宅で過ごす猫ちゃんにも身の回りには飼い主さんが気が付かないだけで危険がたくさんあるものです。

そこでここでは、気をつけておきたい事件事故についてご紹介させていただきます。

1.壁に衝突

壁で爪とぎする猫

猫が調子にのって遊んでいるときに起こりがちな事故が壁にぶつかってしまうというもの。猫は大変勢い良く走ることが昼夜問わずあります。

そのように遊んでいて興奮状態にあるとき、そして何らかの出来事で恐怖心からパニックになってしまったときなどに目の前の壁にぶつかって顔を怪我してしまったり骨折、打撲などをしてしまうことがあります。

2.家具の角

家具の角をかじる猫

猫が遊んでいるときについ夢中になって怪我をしてしまうことがあるのが「角のある家具」です。赤ちゃんがいる家庭も気をつけることかと思いますが、机の角などが尖ったものであると猫はぶつかってしまうと顔などを切って怪我をしてしまうことも。

自宅に現在ガラスのテーブルなどがあり、走ってぶつかってしまうと怪我をしてしまうような家具はコーナー防止を取り付けるなどして安全対策をしておきましょう。

3.キャットタワーなどの高い場所から転落

キャットタワーと猫

猫は高い場所が大好きで食器棚や衣類棚など高い場所によく登りますよね。しかし、高い場所へは登れるのですが転落をしてしまって怪我をしてしまうこともあります。

キャットタワーなどの高さのあるものを準備する場合には「年齢に合わせて購入する」などして怪我をしないように気をつけなくてはいけません。

4.窓からの転落

窓辺で外を眺めている猫

猫の骨折などの大怪我にも繋がってしまうことがあるのが「窓からの転落」です。マンションなどの高層階に住んでいる場合には猫の命にも関わります。

窓からの転落事故が起こらないようにするためにも基本的には窓のロックをし、ゲートで入れないように対策するなどしなくてはいけません。猫は網戸でも器用に開けてしまうことがありますので注意が必要です。

5.コンセントの感電

コンセントと猫

猫は紐状のものをおもちゃに替えていつでも遊んでしまいますよね。そんなときに火災の原因となったり猫の感電などの原因にもなってしまうのが「コンセント」です。

コンセントは遊んでいるうちに火災を引き起こすこともありますので使わないときには束ねてしまう、コンセントカバーを取り付けるなどと工夫をしなくてはいけません。

6.沸騰しているナベに飛び込む

鍋を覗き込んでいる猫

猫のヤケドの原因にもなるのがキッチンでの事故です。猫は飼い主さんがキッチンで用事をしていると「なんだろう?」と興味津々にシンクへ登ろうとしたりジャンプをしてくることもあります。

そんなときに危険なのがガス周り。シンクなどに登ってしまい、鍋などに手足を入れたり飛び込んでしまうなどあれば大やけどにも繋がってしまうので飼い主さんが猫の様子を見ながらキッチンで用事をしなくてはいけません。

7.水の張った浴槽で溺れる

浴槽と猫

猫はお風呂場での事故にもよく遭ってしまいます。特に危険なのが浴槽に「水を張りっぱなしのとき」です。

猫は浴槽の中が見えないことで「なにがあるんだろう?」と覗き込んでしまったときに誤って転落して溺れてしまうこともあります。

また浴槽だけでなく、洗濯機でも同様の事故がありますので気をつけなくてはいけません。

まとめ

安全第一のネコ

猫の事件事故は自宅であっても起きてしまいます。飼い主さんが猫の安全対策を日頃から考え、愛猫が安全にそして快適に過ごせるような環境作りをしてあげましょう。