【救世主はにゃんこ】猫が人間の命を救った7つのエピソード

【救世主はにゃんこ】猫が人間の命を救った7つのエピソード

動物が人間の命を助けるエピソードは数多くありますが、猫だって、大活躍です!人が大変な目に遭っていても、シラっと無関心を装いそうな猫ですが、やっぱりいざという時は、救ってくれるのかも…?感動のエピソード、読んで行ってください!

1910view

世界各地にいる、ヒーロー猫たち

猫が人を救ったエピソード、数限りなくあります!

1.薬の影響で倒れた飼い主を助けた猫スリンキー

薬

スリンキーは飼い猫ではありましたが、あまり飼い主さんには懐かず、気にかける様子もなかったと言います。ある日、飼い主さんが服用した痛み止めで、危機が起こります。

痛み止めの副作用で意識を失い、そのまま何と5日も、倒れたままになってしまったのです。さすがのスリンキーも異変を感じたのか、隣家の窓を叩き、その家の犬をけしかけ、何とか気がついてもらおうとします。

スリンキーのただならぬ様子に隣人も異変を感じ取り、飼い主さんの家を訪ね、そこで倒れているのを見つけます。無事に救出された飼い主さん。

それ以降、飼い主さんに無関心だったスリンキーは、度々飼い主さんの様子を確認するようになり、スリンキーの方を見ない時間が長くなると、心配げに飼い主さんの手や足を叩いて、反応を伺うようになったのだとか。

大切なものは失ってから気がつく、と言いますが、スリンキーはその一歩手前で、気がつけたのかもしれませんね。

2.犬から男の子を守った猫タラ

犬

犬に襲われた小さな男の子を身を呈して救ったタラは、有名です。無邪気に遊ぶ男の子を、背後から襲った近所の犬。男の子の足を咥えたまま引きずろうとする犬に、強烈な体当たりを食らわせます。

タラの猛攻に戦意を失った犬は逃げ去り、その様子を確認したタラは、男の子の方へ駆け寄ります。タラはこの男の子の家で飼われている猫で、自分よりも大きな犬に勇敢に立ち向かった姿は、有名となりました。

3.病気持ちの飼い主の異変を知らせる猫ペルラ

病気

心臓に持病のある飼い主さんと共に暮らすペルラは、飼い主さんが発作を起こすとすぐに母親に知らせて、飼い主さんの命を守ります。

それは1回だけのことではなく、今までに数回、あったのだとか。発作が起きた飼い主さんは激痛の為、話すことも身動きも出来なくなるので、ペルラの存在は正に救世主と言っても過言ではないでしょう。

4.ガス漏れから一家を救った猫たち

ガス漏れ

夜中にお風呂場のガスパイプが壊れ、音もなくガスが家中に蔓延する中、子猫のシュナウトジーが異変に気づき、飼い主さんの胸の上に座りました。

飼い主さんが目を覚ますと、しきりに飼い主さんの鼻を叩くような仕草をします。その様子に何かを感じ取った飼い主さんは、部屋の外に出ますが、そこはガス臭く…すぐに消防に連絡し、ことなきを得ます。

ガス漏れから一家を救った猫は、もう1匹います。真夜中に地下にあるウォーターポンプの故障でガス漏れが発生し、一酸化炭素が家中に蔓延しました。

異変を感じたウィニーがすぐさま飼い主さんを起こしたので、飼い主さんは意識を失う前に消防に連絡できました。あと一歩遅かったら、一家共々窒息の危険があった出来事でした。

5.壁に引っかかった赤ちゃんを救おうと奮闘する猫

赤ちゃん

赤ちゃん用の洋服が壁に引っ掛けられているのは、子育て中のご家庭なら、珍しくはない光景でしょう。このお家でも、赤ちゃん用ジャンプスーツが壁に掛けられていました。

それを猫が、どうやら赤ちゃんが壁に引っかかっている、と勘違いしたよう。結構高い場所にあるのに、ジャンプして何とか助けようとしています。

って、本当に赤ちゃん引っかかってて、猫がパンチで落としたら、その方が大惨事になるような気がしなくもないですが…

とにかく、「ヤバイ!赤ちゃん引っかかってる!!」と慌てた猫は、どうにかこうにかして、助けようとしたのでしょう。

この出来事に衝撃を受けた猫は、後日やはり壁から下げられた赤ちゃん用コートを見つけ、中に赤ちゃんがいないか、しっかりと確認をしています。赤ちゃん思いの優しい猫でした。

6.締め出された飼い主を見事救った猫ボコ

締め出される

家族に誤って家の鍵を掛けられ、締め出されてしまった飼い主さん。家の裏から入ろうと窓をチェックしに行きますが、不運にもそこには、防犯用ロックの棒が…

困り果てていたその時、ボコが駆けつけ、防犯用の棒を外してくれたではありませんか!その賢さは、見事です。猫は人の気持ちに敏感と言いますから、困った飼い主さんの気持ちを、察知したのかもしれません。

普通の猫だったら、家に入れず困り果てた飼い主さんの姿を、高みの見物でじっと見つめているだけな気がしますが、ボコは違います。偶然にも締め出されてしまった飼い主さんを、救ってくれたのですから。

7.お風呂から必死で飼い主を助ける猫

お風呂

ある日、飼い主さんが気持ち良くお風呂に入っていると、そこに飼い猫がやってきました。「ああ!飼い主さんが、お風呂に、お風呂に…」ボー然とする、猫。

「大変、飼い主さんを、助けなくっちゃ!!」必死で飼い主さんの手を咥えたり、前足を伸ばしたりして、お風呂から引き上げようと頑張ります。

自分もお風呂に落ちてしまうリスクも顧みず、バスタブのフチに登って、手を咥える猫…。必死の形相が可愛すぎる猫ですが、こんな頼りになる猫が家にいてくれれば、安心して入浴できますね。

まとめ

ヒーロー

一見人なんかどうでも良さそうな猫、それは、偏見と言うものです。猫だって、猫だって、心には熱いものを、抱えているのです。人の命が危機にさらされている時は、時には身を呈して守ってくれることも。

そんな猫のご恩に報いるべく、私たちも猫の命を救えるよう、頑張っていきたいですね!